通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
バーボン・ストリート・ブルース (ちくま文庫) がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ダストカバーに小さな汚れ/摩耗. ダストカバーに小さな切り傷/ひっかき傷. ダストカバーに中程度の傷/折り曲げ. Amazonアウトレットは、Amazon.com グループの一部ですので、Amazon.co.jpが発送やカスタマーサービス業務を行います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

バーボン・ストリート・ブルース (ちくま文庫) 文庫 – 2008/4/9

5つ星のうち 4.7 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,480
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 778
¥ 778 ¥ 200

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • バーボン・ストリート・ブルース (ちくま文庫)
  • +
  • ごあいさつ
総額: ¥2,181
ポイントの合計: 25pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

60年代末「自衛隊に入ろう」で鮮烈なデビューを果たした高田渡。中津川フォークジャンボリーのステージや、武蔵野タンポポ団の当時の活躍は伝説にもなっている。時代に流されない彼の生き方に本物を見る人は多い。音楽と旅を中心に氏の人生つれづれを軽妙、洒脱なエッセイとしてまとめた。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

フォークソングが一世を風靡した頃、奇妙な曲「自衛隊に入ろう」が話題になった。「あたりさわりのないことを歌いながら、皮肉や揶揄などの香辛料をパラパラふりかけるやり方が好き」な高田らしいデビュー曲である。以後、世の流行に迎合せず、グラス片手に飄々と歌い続けて40年。いぶし銀のような輝きを放ちつつ逝った、フォークシンガー高田渡の酔いどれ人生記。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 271ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2008/4/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 448042430X
  • ISBN-13: 978-4480424303
  • 発売日: 2008/4/9
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.8 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 160,244位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ib_pata トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2008/6/24
形式: 文庫
 映画『タカダワタル的ゼロ』が公開されることを記念してか、高田渡さんの語りおろしの自伝が文庫化されました。高田さんの人生が自分の言葉で残されたというのは本当によかったな、と思います。

 高田さんの父親は大学出ながら共産党員の日雇い労働者。母親は子どもの頃になくし、東京で極貧生活を送りますが、その中での生活者の明るさみたいなものを感じながら育ちます。中学卒業後、日共の赤旗を印刷するあかつき印刷に就職し、文選工となります。その後、紆余曲折を経てフォークシンガーとして生きていくわけです。改めていいと思ったのは、高田さんの詩に対する考え方と写真。高田さんは『ごあいさつ』あたりから現代詩に曲をつけることが多くなったのですが、それは《現代詩をいろいろ読んでいたなかで、日常の風景を語りながらも静かに問題提起をしているという詩に多く出会ったからだ》《僕は、ほんとうの詩というものは、「最後に出さざるを得ない、厳選された一句」だと思う》ということで《普通の人々の日常を歌った現代詩に魅かれ、それに自分で曲をつけるというやり方をとってきた》というんですな(p.128-)。そして6*6からはじまりニコマートを愛用したモノクロ写真は素晴らしい。貸し暗室で現像までやっていたという腕前は確かです。201頁の玉子屋の写真の光なんかすごい。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「今はたぶん”目先の時代”なのだと思う。いつもみんなといっしょに目新しいものを追いかけていたい、みんなが持っている新しいものを自分も持っていたい、みんながいる新しい場所に自分もいたい―それをしないと自分ひとり取り残されていくような疎外感に襲われるのだろう。」(本文より)長い引用になりましたが、そんな時代にあって、正反対の生き方をしている高田渡の初めての本です。グラスを脇に、ギター弾き語りで飄々と歌うスタイルそのままに、生い立ちのこと、フォークソングのこと、映画の話、旅の話、そしてもちろん酒の話が語られていく。それらを彼の音楽を聴くように、じっくりと味わいながら読む喜びがある。もちろん傍らにウィスキーの入ったグラスを置いて。ちなみに高田渡で好きな歌はCD『石』に入っている「火吹き竹」です。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ガンコでいる事が自分なりに生きるために必要だ。
この本には高田渡のガンコな生き様が書かれている。

人と違う事にコンプレックスを感じなかった幼少期。
違う事には違うと言う図太いたくましい精神に憧れる。

高田渡が好きだ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
高田渡がブームになっているとは知らなかった。たまたま友人の持っていた、五つの赤い風船、高石ともや、遠藤賢治なんかをあさっていたら、たまたま高田渡の「生活の柄」にぶち当たってしまったのです。
 当時私は彼のことを掴み所の無い、酔いどれで、ちやほやする人間が多いので、勘違いしているんじゃないか?と敬遠気味でした。でも、30年経って基本的な彼のスタイルもそのままに「生活の柄」を
ぶつけられた時、私は彼のスタイルが本当のものだったことを理解し、この30年について詫びたい気分だった。
 この「バーボンストリートブルース」は彼の家庭環境、歌、仲間に関する話が淡々と語られる。高田渡は飄々としているが決して軟弱な男では無く、男らしい意気地を持った奴であることが判り、ますます好きになった。
 家庭環境や反骨精神に山之口獏と共通するものがあると感じるのは私だけで無いだろう。CDとセットで「こんな男の中の男も世の中にはいるんだよ。」って恋に悩む年代の女性に勧めたくなるような本かな。
 早く、「タカダワタル的」がDVDにならないかなあ。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
高田渡の生き方にあこがれる人は多いと思います。

少年時代の貧乏暮らしも、今のこの時代に逆にマッチしていて、共感できる人も多いのではないでしょうか。

生き方も音楽も、すべてが自然体なのですが、根底にある社会に対する見方であるとか、庶民や大衆とのかかわりの中から学んだこととか、そういった諸々のことは、やはり父親の影響が大きかったのかな、と思います。

人に寄り添い、変に気取らず、インテリぶることもなく、その一方でアパート暮らしを貫く徹底したポリシーをも併せ持ったすばらしい方です。

やっぱり、豪邸に住んでいたら「生活の柄」は歌えませんからね!

ファンなら一度は目を通しておいた方が良いと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告