¥ 1,512
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
バーバパパのコミックえほん5 バーバパパのおもちゃ... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

バーバパパのコミックえほん5 バーバパパのおもちゃ工場 (バーバパパえほん) 単行本 – 2016/3/18

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2016/3/18
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1,436
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • バーバパパのコミックえほん5 バーバパパのおもちゃ工場 (バーバパパえほん)
  • +
  • バーバパパのコミックえほん6 バーバパパと恐竜 (バーバパパえほん)
  • +
  • バーバパパのコミックえほん4 バーバブラボーは名探偵 (バーバパパえほん)
総額: ¥4,536
ポイントの合計: 120pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「マンガ大賞2017」大賞は柳本光晴 『響~小説家になる方法~』に決定!
2位『金の国 水の国』、3位『ダンジョン飯』、4位『アオアシ』ほか >> 特集ページはこちら

商品の説明

内容紹介

バーバパパ絵本にあたらしいシリーズ誕生! コミックのような絵本で、バーバパパたちがこれまで以上に大活躍します。1冊2話入り。
【バーバパパのおもちゃ工場】
バーバ一家と子どもたちが町のおもちゃ屋さんにいくと、楽しいおもちゃがいっぱい。でも、高くてなにも買えません。そこで、パパはおもちゃ工場を作ることにしました。
【バーバパパと動物コンクール】
いちばん立派に動物を育てたら、金のトロフィーが! みんな張り切って動物を世話します。ブラボーはブタはダチョウ、モジャは羊、リブはロバ……さあ、だれが1位になるでしょう!?

内容(「BOOK」データベースより)

1冊に2つのお話が入った、楽しいコミック形式の絵本です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 36ページ
  • 出版社: 講談社 (2016/3/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062999005
  • ISBN-13: 978-4062999007
  • 発売日: 2016/3/18
  • 商品パッケージの寸法: 25.8 x 18 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 675,803位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

この一冊は、「大人にとっての学び」になるようなお話ばかりです。

「・・・おもちゃ工場」は、「こうやって仕事は発生するのだ」、「幸せを分け分けするには」
というお話です。

おもちゃ屋さんで、お金が足りなくて購入不可、で落ち込む子供に、
パパが久しぶりに、
「おいで、パパが何とかしてあげる!」
なんて頼もしい言葉で、パパっぷり発揮してます♪

大量に作られたバーバのぬいぐるみをみて、
やはりソニプラのビーズクッションと一緒で、モジャバージョンが無いので
モジャファンの私としては、作ってほしい、とつぶやきました(笑)

「バーバパパの動物コンクール」は
「子育て」中の人々には、痛くそして楽しい一作となるでしょう。

バーバパパは「偏ってOK、愛情があればよし!」、と最後には言ってくれます。
タラスとアネットが、経験を描いているのでしょうね。

注目は、私の大好きなバーバ達、モジャとズー。

モジャが、「芸術は教えられない」とばかりに、
毛を伸ばす方向で偏るのが、最高(笑)

&ズーは、お得意の自然科学方向を教育するのではなく、
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告