通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
バーバパパのコミックえほん1 バーバママ火山へいく... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【状態良好】 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 目立ったイタミ・キズ等なく、良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
6点すべてのイメージを見る

バーバパパのコミックえほん1 バーバママ火山へいく (バーバパパえほん) 単行本 – 2015/11/26

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2015/11/26
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1,142
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • バーバパパのコミックえほん1 バーバママ火山へいく (バーバパパえほん)
  • +
  • バーバパパのコミックえほん2 バーバピカリと小さくなる薬 (バーバパパえほん)
  • +
  • バーバパパのコミックえほん3 バーバパパとまぼろしのピラミッド (バーバパパえほん)
総額: ¥4,536
ポイントの合計: 138pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

バーバパパ絵本にあたらしいシリーズ誕生! コミックのような絵本で、バーバパパたちがこれまで以上に大活躍します。1冊2話入り。
【バーバママ火山へいく】
火山の島で、山から煙が出ているのをみて、ママと女の子たちはさっそく調査に乗り出します。溶岩が浜辺に流れていかないように、ママは大工事をはじめます!
【バーバパパが行方不明!?】
一家で海辺のバカンスを楽しむバーバパパたち。きがつくと、パパがいなくなっていて、沖に流されたのかもしないと、みんなでパパを探しにいくのですが……。

内容(「BOOK」データベースより)

『バーバママ火山へいく』火山の島で、ママと女の子たちはさっそく調査に乗り出します。溶岩が浜辺に流れていかないように、ママは大工事をはじめます!『バーバパパが行方不明!?』一家で海辺のバカンスを楽しむバーバパパたち。気がつくと、パパがいなくなっていて、残った家族みんなでパパを探しにいくのですが…。2つのお話が入った、あたらしいバーバパパの絵本シリーズ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 36ページ
  • 出版社: 講談社 (2015/11/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061287745
  • ISBN-13: 978-4061287747
  • 発売日: 2015/11/26
  • 商品パッケージの寸法: 26.8 x 18.8 x 0.9 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 516,281位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

コミックえほんが出版されてからしばらく経ちましたが、
この「火山へいく」は、とても深いお話なのだなあ(大人目線で読むと)、とよく思い出します。

「火山へいく」は女、女性性、というものを、描いているのだと思います。

絵本を読んでいても思いますが、
バーバパパの作者たちのコンセプトは、深いなあ、と思います。

生命の基礎・基本的な変化しない情報、について誰でも解るように描いているから、
絵本というのは永遠に売れ続けるんだろうと思いますが、

この「火山へいく」は、子供には「ふーーん、ママすごーい」で終わってしまう話と思うのですが、
私は大人なので、そういうふうには思いませんでした。

天変地異、というのは、人々の感情が溜まって出る、という話を聞いたことがあります。

火山噴火、というものは、まさしく怒りが、古代から溜まっていたものが噴き出す、そうですが、
女性というのは昔から、何かそういった感情を「受け止めて」いる役割があるような気がします。
例えば、今もなお、世界の何処かで、犠牲になっている女性はいるのだと思います。

それがいいこと、だとは思いません。
アネットさんも、そ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
可愛く 、分かりやすく、絵がきれい、大人も子供も楽しめる本だと思います
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック