Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 432

¥ 237の割引 (35%)

ポイント : 90pt (20%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[施川 ユウキ]のバーナード嬢曰く。: 2 (REXコミックス)
Kindle App Ad

バーナード嬢曰く。: 2 (REXコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.5 26件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] バーナード嬢曰く。(REXコミックス)の3の第2巻
その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 432
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 669 ¥ 274

紙の本の長さ: 128ページ

【Kindle Unlimited】
月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ



商品の説明

内容紹介

グータラな読書家“バーナード嬢”と、その友人たちが図書館で過ごすブンガクな日々―。『白鯨』『走れメロス』『怪人二十面相』『屍者の帝国』『雨ニモマケズ』『火花』……、古今東西あらゆる本への愛に満ちた“名著礼賛”ギャグ、堂々の続刊!!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 70435 KB
  • 出版社: 一迅社 (2015/7/27)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B012FIY8T8
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
Kindle版は巻末に裏表紙・本体(カバー下)表・本体裏・表紙の折り返しがすべて収録されています。

(追記)背表紙も収録されています。
コメント 91人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
本がテーマだが、ありきたりな紹介うんちくではない。読書漫画というより読者漫画というべきか。
町田さわ子(自称バーナード嬢)は、読書家ぶりたいけれど読むのが面倒なので、クールな知ったかぶりを日夜研究している。
SFファンでガチ読書家の神林しおりは、「そんなことやっとらんと読まんかい!」とクローや絞め技で突っ込みを入れる。
真面目な秀才タイプの遠藤はさわ子の追っかけ?で、ホームズおたくの長谷川スミカは、遠藤のストーカーだ。
図書室の片隅で四人が会話するのが主要ストーリーだ。というか会話するだけだ。

どう考えても面白くなりそうにないが、これが不思議と面白い。
会話のテンポが良く、ギャグセンスが抜群だ。
が、なんといっても本作の魅力は、読書家なら誰しも思い当たることをピンポイントで指摘する作者の観察眼だろう。
「ジャンルを問わず薄い本を選んでやがる」には笑った。
「究極のSFを一冊選ぶなら?」という質問に対する「殴りたくなる答え」には感心した。たしかに。
神林は少女の姿だが、実態は黄金期を知る50代以上のSFファンだ。
作中に登場する本の半分以上は読んでいる。作者と読書傾向が似ているのか。
最近の「ビブリオ古書堂」より面白い。
漫画では本作を、小説では山本弘の「ビブリオバトル」を押さえておけば、読書トリビアものは完璧である。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この漫画を読む際の注意点は以下の3つです。

① 本作は読了後に、無性に小説が読みたくなる魔力を秘めています。
② さわ子と神林さんがずっとイチャイチャし続けています。
③ さわ子と神林さんがずっとイチャイチャし続けていてとても良いです。
④ さわ子と神林さんがずっとイチャイチャし続けていて非常に素晴らしいです。
コメント 77人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 金吾庄左ェ門 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2015/7/27
形式: コミック Amazonで購入
 バーナード嬢こと町田さわ子の本あるいは読書に対する見解が相変わらず面白いですが、ツイッターやLINEまでやっているのも良いですね。本を読みたい場所というのも(彼女にとっては)ある意味で理想的です。
 それ以上に良かったのが、神林しおり。町田さわ子の言動に、怒ってお仕置きしたり、呆れたり、照れたり、感動して泣いてしまったり、ピケティ本を見つけて悩んだりしますが、その姿には年甲斐もなく萌えを感じてしまいました。あと本当に名シーンと言えるのが、新幹線でのやりとり。町田さわ子からLINEで「笑顔のみかん」という画像とメッセージが送られてきて、それを見た彼女が、ふっと笑顔になるのが良かったです。二人の友情が永遠のものである事を願わずにはいられません。二人で「KAGEROU」を真面目に議論してフォローしたりもします。
 「異邦人」を読んだ遠藤の感想や、長谷川スミカが遠藤に「六枚のとんかつ」を読ませたくない理由も面白くで良かったです。
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
真面目な読書好きと“読まずに読んだ気になるの好き”な高校生たちのほのぼのストーリー。
いやほんとにストーリーも絵もほのぼのしているのですが、
著者の個々の書物への読み込みはとても深く斬新で、意表を突く逆説の嵐。
タイトルになっているバーナード・ショーやチェスタトンを思わせるひねりのおもしろさ。
ある意味、ものすごく達者なアマゾンレビューを読んでいる気にさせるところも。
濃厚にしてフレンドリー。KAGEROUをめぐる話など笑いながらも唸らされました。

思いつきだけでなく、全篇すごい説得力。
あるあるあるあるあるある…と「ある」を200回くらい連発したいくらいです。
日々、本当にじっくり本と向き合い続けているからこそ描けるんでしょうね。

お勧めします。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2015/8/31
形式: コミック Amazonで購入
「本を読む人たち」を描いた漫画
だいたい読書家になるパターンは決まっていて、家庭の影響か、学校に友達がいないか、格好をつけているかだ
本書はどれにも触れていて、どのキャラクターも立っている
『恋空』や『KAGEROU』など批判されがちな大衆小説も、一方向だけでない視点から紹介し、正直に価値を見出している
このバランスのとり方が非常に上手い
本オタクとして姫カットの子が登場するのだが、知識のひけらかし的な言動でも不思議と嫌味がなく、可愛らしい
著者はSF好きで宮沢賢治の詩を暗唱出来るそうだが、『告別』以外の詩は特に読まず、それ程の読書家でもないそうで
これが絶妙なヤジロベー的バランスを取っているのではと感じる
本書の影響で『KAGEROU』を読んでみようと思う、文庫化したなら
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover