通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
バーナムピアノテクニック(2) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★年中無休・局留対応・返品保証★埼玉県よりゆうメールにて毎日発送させて頂きます。配送は平日のみ、追跡番号はございません。局留めご希望の場合は、お届け先ご住所を郵便局の住所にして頂き、○○郵便局留めとご記入下さい。特に記述の無い場合、帯や初回特典等は付属しません。商品状態の詳細なお問合せはお受けできませんので、ご注文後納得いただけなければ返品お受けいたします。恐れ入りますが、併売商品もございますので在庫切れの際は速やかに返金をさせていただきます[book]
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

バーナムピアノテクニック(2) 楽譜 – 2013/1/12

5つ星のうち 4.4 19件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
楽譜, 2013/1/12
"もう一度試してください。"
¥ 1,188
¥ 1,188 ¥ 816

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • バーナムピアノテクニック(2)
  • +
  • バーナムピアノテクニック(1)
  • +
  • バーナムピアノテクニック(導入書)
総額: ¥3,348
ポイントの合計: 102pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

監修:大島正泰/訳・解説:中村菊子
著者名:エドナ・メイ・バーナム


登録情報

  • 楽譜: 44ページ
  • 出版社: 全音楽譜出版社; 菊倍版 (2013/1/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4111770126
  • ISBN-13: 978-4111770120
  • 発売日: 2013/1/12
  • 商品パッケージの寸法: 29.6 x 22.2 x 0.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 6,627位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 楽譜 Amazonで購入
大譜表(ト音記号とヘ音記号)、音楽性重視、各12曲の5グループ構成、というバーナム ピアノ テクニック(原題 "A Dozen A Day")シリーズの一貫したスタイルに基づく、「高度なレベルに達する4巻」の第2巻。本書では、ト長調・ニ長調・イ長調・ヘ長調を含み、また減7和音も登場するなど、調性の概念に触れる。前巻に引き続き各種音型やアーティキュレーションの練習の他、「懸垂」と題する曲群では指の独立練習に重点。そして各グループを、左右の役割分担やその交代など、楽曲らしさの高い曲で締めくくる。総合的にいいバランスで、理論・技術・音楽性の習得が進んでゆく。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 楽譜 Amazonで購入
娘の通っているピアノ教室でこちらを指定されたので購入しました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 楽譜 Amazonで購入
素早いお手配に大変感謝しております。娘のピアノレッスンに間にあい、感謝しております。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 楽譜 Amazonで購入
小4の時から息子に与えて、2年経ちました。とにかく子供は正直です。楽しいから続きます。毎日やっても飽きません。
導入書、ミニブックを見たとき、簡単すぎる?と思いましたが、まずは基本を、じっくりと楽しみながらいつのまにか身につけられるようになっています。
テクニック2はC調以外のキーも出て来て難易度が上がりますが、過去のテクニックの延長なので無理はありません。
今ではタッチがしっかりしてきて、フォルテとピアノの差がはっきり出せるようになってきました。メトロノームを使い、ゆっくりでも一定テンポで弾くとかなり鍛えられます。
子供用なのに鍵盤のはじからはじまでまんべんなく使って、「ボクは今ピアノを弾いてるんだ!」という達成感や征服感?のようなものも味わえるようです。
聞いている家族がつらくなるような、とても音楽とは呼べないようなトレーニングブックが多い中で、これは誰が聞いても楽しい曲が並んでいます。
コード(和音)をバンバン鳴らすトレーニングが多いのもこの本の特徴ではないかと思います。コード弾きの指使いって、きちんと教わらない事も多いのでは?。
クラッシック指向ではなく、これからポピュラー系に進もうと思う方、大人が初めてピアノを習う時にも役に立つ、いい教材だと思います。
ぜひ導入書、ミニブックから使ってみてください。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 楽譜 Amazonで購入
バーナムのテクニック集を弾き続けていると、ほんとにどの生徒さんも上手になっていきます。
へこんでいた第2関節が出てきたり、腕に力を入れすぎてた子が徐々に脱力できたり、
しっかり和音をつかめたり、指が早く動くようになったり、などなど。

「2」を終了するくらいまでは、ゆっくりでも是非取り組ませてあげたいです。
「3」ではオクターヴは当たり前、になってきて(9度のもあります。)
1曲1曲が長くなってきます。小学生にはだんだん負担になってくるかも。
「全調の練習」にいくもよし、他のテクニックに移るもよし、
ハノンからスケールを抜粋してやるもよし。
このまま「3」に進んで、上手になる魔法をかけ続けるもよし。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 楽譜 Amazonで購入
あまり練習してこない生徒でも、このバーナムのシリーズだけはよく練習します。
一曲一曲が短いこと、前回のグループ(または本)でやったことが、ちょっとだけ
難しくなって出てくるところなど、子供のやる気を引き出しやすい本ですね。

私は生徒がピアノを習い始めた年齢や手の大きさ・理解力によってスタートする巻を
ミニブック、導入書、1巻と変えていますが、2巻のグループ5になると急に難しくなり、
あまりどんどん進みすぎると行き詰ることがあります。2巻の後半からはピッシュナを使用して
3巻からは使ったことがありませんが、手が大きくてどんどん進む子供なら4巻までやって
も力がつく教材だと思います。
また2巻は他の教室から移ってきて、フォームの矯正が必要な小学校高学年等にも使える教材です。

バーナムにはいわゆるバイエルのような教本もありますが、アメリカの子供向けのもの
なので私は好きではなくそちらは使っていませんが、子供のテクニックの教材としては
このシリーズは今のところベストです。
2巻後半になって初めてハ長調以外の曲が出てくるところが残念なところ。
(バーナムには全調の練習という本もありますが、曲が少なすぎますから)
いつも同じポジションが多いので、実は読譜していないってこともあるので注意が必要です。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー