中古品の出品:6¥ 1,300より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

バード・オン・ア・ワイヤー(紙ジャケット仕様) Limited Edition, Original recording remastered

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:6¥ 1,300より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ティム・ハーディン ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック



登録情報

  • CD (2005/2/2)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Limited Edition, Original recording remastered
  • レーベル: Sony Music Direct
  • 収録時間: 36 分
  • ASIN: B0006GAZMG
  • JAN: 4571191050397
  • 他のエディション: CD
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 570,541位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. 電線の鳥
  2. 密造酒造り
  3. サザン・バタフライ
  4. 満たされた心
  5. 夏のそよ風
  6. 放浪
  7. わが心のジョージア
  8. アンドレ・ジョーレイ
  9. もし知っていたら
  10. ラブ・ヒム

商品の説明

内容紹介

60年代に登場したアーティストの中でもきわめて進歩的な音楽性がボブ・ディランと並び称された個性派、ティム・ハーディンのアルバム(71年作品)。ジャズ的アプローチによる音作りとティムの切なく渋いヴォーカルが落ち着いた趣をかもし出す。 完全生産限定: 紙ジャケット仕様、デジタルリマスター('04年)。

メディア掲載レビューほか

早くからフォーク・スタイルでブルースを歌うなど、進歩的な音楽性を持ち、個性派として人気を呼んだシンガー・ソングライターの1971年作。ジョー・ザヴィヌル、マイク・マイニエリら、豪華ゲストたちによるジャズ的アプローチとティムの切なく渋いヴォーカルがこの作品の大きな魅力。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
 ティム・ハーディンの7作目にして、最高傑作とも言われる作品です。
 ハーディンは"Reason To Believe"などの初期作品群のためフォーク・シンガーと見なされていますが、レイ・チャールズに「ライトニン・ホプキンス、俺に続く3人目のブルース・シンガー」と絶賛されたようにブルース色が強く、またディランより早くエレクトリックを取り込み、またジャズに傾倒し自分の音楽との融合を図り自らをジャズ・シンガーと呼んだ、先進的なアーティストです。
 Hardinは実人生では破滅型の人生を歩みました。必ずしも商業的な成功を得られず、麻薬に漬かり妻子に逃げられ、80年年末にoverdoseで亡くなっています。
 このアルバムは、ジャズとの融合といった側面で語られることが多い作品です。確かに素晴らしいミュージシャンを迎えそれまでにない音楽を聴かせています。またL.コーエンの「電線の鳥」やR.チャールズの「我が心のジョージア」などの名曲を全く異なるアレンジでオリジナルに遜色なく聴かせているのも素晴らしいと思います。
 しかし、このアルバムを忘れがたいものにしているのは、アルバム全体に満ちた悲哀と思います。一曲目から、その声の深いトーンに圧倒されます。絶望的な独り言のように歌が続き、最後の「愛の賛歌」と題された曲で初めてハーディンが妻子に逃げられたことが明ら
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
すばらしいシンガーソングライターでありながら、過小評価のまま亡くなったTim Hardinだが、一般的にはフォークシンガーに分類される彼も生前、自身のことをジャズシンガーだと言っていた。
Dylanに先んじてフォークにエレキを持ち込み、フォークとロック、ブルースとの融合、さらにはジャズの導入とそのアプローチは70'のロックが多様化していく原動力になったと思う。
71'発表のこの「Bird On A Wire」では、Joe Zawinul、Mike Mainieri、Robert Popwellなどジャズ系ミュージシャンをバックに初期の頃と比べれば表現力も増した,味わい深いヴォーカルをきかせている。
これだけの人が知る人ぞ知る存在であることに、さびしさを感じるのは私だけではないと思う。他のアルバムも、リマスター再発を期待したい。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
本アルバムは、主として60年代から70年代に活動した、アメリカン・フォーク・シンガー/ミュージシャンでソングライターでもあったティム・ハーディンの1971年にリリースされたスタジオ・アルバムである(発表されているデータでは8作品目)。39歳(1980年)と言う若さでの物故もあって日本では殆ど知名度はないが、60年代後半には「If I Were a Carpenter」、「Reason to Believe」などのヒット・ナンバーもあり、前者は後にフォートップス、ジョーン・バエズ他に、後者はロッド・スチュワート、カーペンターズ等にカバー・フィーチャーされている。本アルバムでのフィーチャー・ナンバーを観ると、フォーク・ポップと言うより、バラード・テイストの印象が強い。“Leonard Cohen”のオリジナルでタイトル・ナンバーの「Bird on the Wire」、トラディショナルフォーク・ソングの「The Moonshiner」、“ Joe Hayes and Jack Rhodes”の手に依る「A Satisfied Mind」(ジョーン・バエズほじゃ多数がカバー・フィーチャー)、自身のオリジナル「If I Knew」、「Love Hymn」等、ほぼバラード・ベースである。ただこれらに対し、ファンキー・ポップ・テイストの「Soft Summer Breeze」、ファンキー・ソウル...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 YO2 投稿日 2012/10/30
形式: CD
このアルバムは当時(72年位)ミュ-ジックライフに通常のレビューとは別に紹介されていて(中川五郎さんだった?)そのジャケットの雰囲気に強く惹かれたのを覚えています。しかし当時中3の私は購入には至りませんでした。リッキ-リ-ジョ-ンズの新譜にその名前を見つけ、今回購入、まさかコレほど素晴らしいものとは!感動です!40年もかかってしまいましたが、間に合って良かったです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告