バーチウッド スーパーブルー ガンブルー液 90m... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,950 (¥ 369 / oz)
+ 関東への配送料無料
発売元: テラフォーマー
カートに入れる
¥ 1,950 (¥ 369 / oz)
+ 関東への配送料無料
発売元: ホビー&キャラクター雑貨 スターゲート【土日祝日はお休みです】
カートに入れる
¥ 1,950 (¥ 369 / oz)
+ 関東への配送料無料
発売元: TOYARTs オンラインショップ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

バーチウッド スーパーブルー ガンブルー液 90ml

5つ星のうち 4.5 31件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,100
価格: ¥ 2,000 (¥ 379 / oz) 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 100 (5%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、AAA(茨城)が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
新品の出品:34¥ 1,600より
  • 対応パーツ:鉄(スチール)
  • 容量:90ml

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now
お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら) マーケットプレイスからの新品/中古品購入は簡単&安全!

出品者のコメント: ※Amazon.co.jp 配送センター様より発送されます。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • バーチウッド スーパーブルー ガンブルー液 90ml
  • +
  • バーチウッド アルミニウムブラック メタルフィニッシュ アルミ用ガンブルー液 90ml
  • +
  • バーチウッド ブラスブラック メタルフィニッシュ 真鍮用ガンブルー液 90ml
総額: ¥6,730
選択された商品をまとめて購入

商品の情報

詳細情報
型番13425
電池使用いいえ
電池付属いいえ
  
登録情報
ASINB0000C515I
おすすめ度 5つ星のうち 4.5 31件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング おもちゃ - 3,594位 (ベストセラーを見る)
発送重量9 g
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2011/11/5
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

スチール・鉄製のパーツなどを黒染めするためのブルーイング液です。 金属の表面を酸化被膜処理することで着色したりサビ防止処理をすることができます。 処理を行う前に対象の表面の油膜や汚れを落としブルー液を塗布します。 処理対象金属によって使用時間が多少異なりますのでご注意ください。(約30?60秒) 処理後はプルー液をよく取り除き、最後に防錆のため油など塗布してください。 ※ステンレスは除く ※取扱い説明は英語表記となっております。 ※強アルカリ性ですのでお取り扱いには十分注意して下さい。 ■内容量:90ml



カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
さびやすい鋼包丁の黒染めに使用しています。

和包丁であれば、裏スキのキズを耐水ペーパーで細かくし、峰の面取りなどしてから使うと良いでしょう。
驚くほど短時間で黒くなります。原液で漬けすぎると黒錆の膜が厚くなって、すべりが悪くなります。クレンザーなどで磨くと良いようです。
まったく切れなくなりますので、研ぎ直しが必要です。

さび防止目的であれば気軽に使えます。ステンレスのようには扱えませんが、赤錆出にくくなります。
キズも目立たなくなり、黒染めと研いだ切刃の輝きとのコントラストは落ち着いた雰囲気あります。
ムラなく美しく仕上げるのは難しいと感じました。気合入れて磨いて、漬け液の濃度,時間を均一にする必要あります。

さびどめの実用性と、ちょっとした高級感(?)が手軽に出せるのは良いですね。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
塗料ではなく、きちんと酸化膜を形成できる黒染め液は、量販店では入手困難で
これは貴重な一品でした。鉈のブレードを染めてみましたが、美しいガンブルー
色が出ました。 密閉性が甘いので、ビニール袋で包んで保存する必要があります。
金属を腐食するので、基本紙などにしみこませて残液は廃棄して下さい。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
使用していたウェッジの黒染めが剥がれてきたので使ってみました。
まずサビ取りをしっかりします。サビ取り液を使用すると簡単です。それから粒子の細かいサンドブラストをします。ブラスターがなければ粒子の細かいガラスビーズでこするかサンドペーパーでも大丈夫です。水洗いし除光液で油脂を除去してから綿棒でガンブルー液を直接塗ります。2〜3回塗ったら放置して乾燥させます。乾いたら歯ブラシに石鹸をつけて水洗いしティッシュで拭いてから乾燥させて出来上がりです。多少ムラになるのは最初のサビ取りやサンドブラスト不足が原因ですので下処理は丁寧にしましょう。新品のように仕上がりますが使用するとまた徐々に剥がれてしまいます。使用頻度にもよりますが年に2度も塗れば十分でしょうね。ただし軟鉄のウェッジに限ります。ステンレスや他の金属には、それぞれ専用のガンブルー液があるようです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
鉄製品の赤さびに長年悩まされて来ました。
特にアウトドア用品のナイフや鉈・斧・鉄ペグや
炭用トングなど結構錆び易い物が多く、防錆には
気を付けてもどうしても防げないで困っていました。

しかし初めから黒錆を着けて防ぐ発想は無かったです。
従来の黒ざびを着ける工程はかなりの高温で温度管理
をシビアにしないと着けられないと言う事は知っていました
し、素人にはかなり難易度が高い加工だと言うことは
知っていました。

しかしこの製品は素人でも簡単に、黒さびがつけられ
使い勝手の良い商品だとおもいます。
唯一の欠点は正規の高温処理した黑さびより皮膜が弱い
事ですが、繰り返し使用すればかなり頑丈な皮膜が形成
されるみたいですし、なにより簡単に皮膜が作れるのが
優れているとおもいます。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
プラモデルのモデラーさん何人かのブログを元に使用しました。原液では使わず、希釈して使いましたが、希釈の濃度とドブ浸けにするのですが時間によっても染まり方に違いが出やすいようです。浸けては洗い浸けては洗いを3回程度繰り返すと綺麗に染まりました。浸ける際に、下処理はきちんとした方が良いです。脱脂のために中性洗剤や重曹で洗うと良いでしょう。あまりしつこく染めを繰り返すと返って被膜が剥がれる感じになりましたので参考に。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
いろんなサイトを見てこの商品の購入を決定。
サンポールで表面の赤錆/黒錆を完全に落とし、その後マニュキアリムーバでしつこく脱脂。
本品を水でやや薄めてティッシュで表面に塗りつける。
水洗いして乾拭きし、最後はCRC556を塗ってまた拭き取る。
これでいい感じの黒染めができました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kenji 投稿日 2014/10/15
Amazonで購入
アルミ用を購入予定だったのですが、安いじゃんと思ってこちらを購入。
アルミにつけてみても全く反応しなかったのでよくよく調べてみたらスチール用でした。
なのでM4のダミーボルト部分につけてみたら綺麗なブルーへ!
少しコツがいるようで、綿棒でひたひたにつけちゃうと真っ黒くなります。ティシュ等に染み込ませて
軽くなでると青みがかった色にできますので、つけ過ぎ注意ですね。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー