通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
バンパイヤ (1) (秋田文庫―The best ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品になりますので、多少のヤケ、傷み、スレ、キズ等はございます。掲載されている表紙と異なる場合がございます。また、店舗でも販売しておりますので、売切れの際は返金いたします。ご了承ください。 268391
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

バンパイヤ (1) (秋田文庫―The best story by Osamu Tezuka) 文庫 – 1995/1

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 606
¥ 606 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • バンパイヤ (1) (秋田文庫―The best story by Osamu Tezuka)
  • +
  • バンパイヤ (2) (秋田文庫―The best story by Osamu Tezuka)
  • +
  • バンパイヤ (3) (秋田文庫―The best story by Osamu Tezuka)
総額: ¥1,818
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



売れ筋ランキング (コミック)
Amazon.co.jpで今一番売れている作品が分かる。ランキングは1時間ごとに更新。 >詳しく見る

商品の説明

バンパイヤ (1) (秋田文庫―The best story by


登録情報

  • 文庫: 310ページ
  • 出版社: 秋田書店 (1995/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4253170935
  • ISBN-13: 978-4253170932
  • 発売日: 1995/01
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 298,714位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
本作は、著者が最も充実していたと思われる昭和40年代はじめの作品である。
少年サンデー誌に連載されており、のちに水谷豊主演のドラマ化もされた。
ドラマのほうは、妙な具合に実写とアニメが合成された珍妙なものだったが、原作である本作は傑作だ。
ただし、少年ブック掲載の第二部は未完でもあり、評価には値しない。

当時流行していた妖怪ものを、著者はかなり意識していたようだ。
だから開巻当初は当時の著者にはめずらしくかなり怪奇ムードが漂っている場面がある。
その後、若干のゆるみののち、ロックが登場してから、ストーリーはがぜん面白くなる。
主人公のトッペイそっちのけで、ロック中心で話が進む。
そう、本作はバンパイヤの物語というよりは、ロックの物語なのだ。
だからロックを主人公にした第二部の開始は、必然だったのだろう。
掲載誌が月刊誌であったこと、掲載誌が休刊したこと、さらには手塚の情熱が別のものに移ってしまったことは、この第二部にとって実に残念なことだ。

バンパイヤ革命を経てのカタルシスという、キチンときれいに集束するところは、著者の気力の充実ぶりをよく表している。
これは前作「W3」でも同様であった。
次作の「どろろ」になると、もうラストはぐ
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 最近の読者は、『ブラックジャック』や『鉄腕アトム』止まりで、この本にたどり着く人は少ないと聞く。
 が、この本を、私は最も好きである。
 というのも、皆さんは『バンパイヤ』と聞くと何を思うだろうか?
 私は読む前は「バンパイヤ=吸血鬼」しか思い浮かばなかった。
 しかし、この本では、人間が悪魔のような行動をする人に変わることをも、バンパイヤと呼ぶのだ。
 では、悪魔のような行動とは何なのか? それは中を読んでほしい。
 
 おなじみのヒゲオヤジやマクベ・ロクローも登場するので、手塚作品を読んでいる人には親しみ深いと感じられるだろう。
 
 おすすめである。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ロックがとにかくはっちゃけてます。悪人です。
欲を言えばもっともっと、黒いロックの話が見たかったですが。
後半はほとんどロック中心の話です。トッペイはほとんど出てこない・・・
バンパイヤから悪の部分を取り除いたのがブッキラのロックでしょうか。
どっちもロックがかっこいいです。

文庫版は3巻が2部+短編集みたいになっています。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
横溝正史的なおどろおどろしいプロローグから一転、手塚氏本人も登場し、暫くはほんわかムードで話が進みます。
2巻に比べるとまだ探り探りな感はありますが、ロックが登場しアレコレ悪巧みを始める辺りからグッと話が引き締まります。
トッペイとロックが出会い、トッペイの生い立ちや生まれ故郷の話を聞くくだりは、ロックも自分の幼少時代にソレを重ねているかのように神妙な面持ちで聞いていて、何とも言えない気持ちになります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック