¥ 1,620
通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
バンドマンが知るべき100の秘訣 PAエンジニアか... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
13点すべてのイメージを見る

バンドマンが知るべき100の秘訣 PAエンジニアから見たバンドの音作り 単行本(ソフトカバー) – 2016/1/20

5つ星のうち 4.0 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 2,410

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • バンドマンが知るべき100の秘訣 PAエンジニアから見たバンドの音作り
  • +
  • 現場で役立つPAが基礎からわかる本 (Stylenote Nowbooks)
  • +
  • PA入門 [改訂版] 基礎が身に付くPAの教科書
総額: ¥5,400
ポイントの合計: 161pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ミキサー卓からバンドを見続けたエンジニアが、音作りの秘密を伝授!!

できるだけ良い音を客席に届けたい。これは人前で演奏する機会のある人、すべてに共通する想いでしょう。しかし、多くの人は、現状でどんな音が出ているのか、具体的に何をすれば改善できるのか、わかっていないのではないでしょうか? 本書は、ツイッターをまとめた「ライブハウスPA の観点からのバンドの音作りについてのあれこれ」などでも注目を集めたPA エンジニア足立浩志が、演奏者に向けて書いたアドバイス集です。音作りの際の心構え、バンドの楽器間の相関関係、演奏に対する考え方、トラブルを防ぐためのちょっとした工夫、機材を使いこなすためのコツ、などなど、日々ライブハウスに立ち続けるエンジニアしか書けない、説得力のある言葉が綴られた一冊となっています。ライブハウスのPAの人って何となく怖い感じがして、何を話していいのかわからない……という方にもお薦め!

【CONTENTS】
バンドとライブハウスは信頼関係が大事/分からないことがあったら何でも聞こう/確信を持って、好きにやれ/「意図的なこと」はしっかり伝えよう/機材の有無は事前に確認すべし/予測できないものはしようとしないこと/パートを伝えるときは具体的に/音程の低い声を立たせる方法/「コーラス担当がだれか」をしっかりPAに伝える/リハーサルのやり方を工夫して時間を守ろう/リハーサルのコツ/リハーサルにおけるドラマーの心得/あいさつの大切さ/本番はさらに時間厳守/ハケ(片付け)や登場演出も、持ち時間内で/アンプのツマミについて/同じツマミの設定で同じ音が出るとは限らない/低音はエネルギーが大きいので音作りが難しい/ベースアンプの絞りすぎに注意/リバーブカットは慎重に/「良い演奏環境づくり」には柔らか頭が必要/欲を出していじりすぎるとよくない/「いつもの音を出す」ことにこだわりすぎるな/「音が太い=良い音」ではない/同じチューニングで数曲やるときのスネアの音作り/バンドのアンサンブルに耳を傾けよう/「かぶり」は「ダメなこと」ではない/ブースターでありがちなこと/自分以外のパートの音をよく聴こう/「練習通り」は「ツマミの設定を同じに」ではない/自分以外の人が出すリズムを受け取って演奏すべし/ボーカルを王として扱うべし/歌詞を間違えたときにいいバンドかどうかが分かる/互いの音が影響し合うのが分かるとバンドは面白い/リハと本番のバランスが違ってしまう理由/出音のバランスは中音でとるべし/こんなとき気持ちい音圧が出ます/初めて行くハコでアンプの音量に迷ったら/「ドラムをがんがんにモニターから返す」前提のアンプ設定は特殊/楽器同士の共鳴を正確に再現できている状態とは/適切な音量はドラムとの対比で/ギターがでかすぎるときに起こること/爆音バンドをやりたい人たちへ/ドラムチューニングは共鳴に気をつけろ/ドラムチューニング豆知識...and more!!
……続きは「目次を見る」をご覧ください。

内容(「BOOK」データベースより)

大阪・天王寺のライブハウス「Fireloop」の経営者兼PAエンジニアがツイッターに投稿した「ライブハウスPAの観点からのバンドの音作りについてのあれこれ」を1冊の本に集約。解説や補足も加わり、より分かりやすくなって登場!


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 160ページ
  • 出版社: リットーミュージック; 四六版 (2016/1/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4845627574
  • ISBN-13: 978-4845627578
  • 発売日: 2016/1/20
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 105,706位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
著者のTwitterアカウントの音楽関連のつぶやきがとても参考になり、
最新のものから過去のツイートまで全て読みつくしました。

本書はその勢いで購入したのですが、内容は基本的に
「Twitterのつぶやきをそのままコピペ+補足内容が少し」
というもので、ツイートをほぼ読み尽くした私には不要なものでした。

これから購入される方はぜひご検討下さい。
また、著者の足立さん。もっと新しいことを載せて下さい。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
俺の周りには、妙にPAさんに遠慮したりご機嫌伺いばかり気にする奴が多い。
経験の無いバンドが、初めてPAさんと接する場合はお互いに解らん事だらけでトラブルも増えるんだろう。
丁度今、ドラマーの立場からPAさんの音作りの犠牲になってるドラムチューニングに疑問を持っているのでとても参考になった。
もっと訊きたい、もっと話したい著者だと思った。
こういう予備知識的な事は、「肌で覚えろ!」じゃなくて機材保護の観点やオーディエンスに良い音を届けるという共同作業にとっても良い事だと思う。
本当なら、PA側とミュージシャン側との意見交換するイヴェントなんかもあって良いんじゃないかな。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Yohei 投稿日 2016/2/5
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
今まで意外となかったジャンルの本だと思う。
当たり前といえば当たり前で、そしてとても重要なことが沢山書いてある。
良書です!!

初心者バンドマン、初めてライブハウスでライブします!
という方から
ちょくちょくライブハウスでライブします!
というアマチュアバンドマン向けの本。

プロでバンドマンやってる人は当然知っていることばかりかもしれない、
あと、いわゆるライブハウス以外の活動が主なミュージシャンはちょっと何言ってるか分からないかもしれないけど、

技術もあっていい演奏できているはずなんだけど、と思っている人は基本的なことから見直してみてはどうでしょうか。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
エンジニア目線でたくさんのバンドの音を聞いてきたからこそ書けることが、たくさん書いてあります。パートごとに気をつけたいこと、バンド全体で気をつけたいこと、その他もろもろ生でいい音楽を聴かせるために必要なことが一通り書いてあり、勉強になります。

それぞれのパートが自分の演奏をしっかりできることが前提ですが、バンドメンバー全員がこの本の内容を理解して体現できれば、かなりいいバンドに変容すると思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
バンドやっていると練習のときはいい音がでているのに、ライブ会場だとまったくダメダメになることがあり、試行錯誤している。
そんなときたまたま見つけた本で、ある程度すっきりした。でももっと情報がほしい。
いろんなバンドのいろんな演奏を直に聞いているからわかることなのだと思う。
ただ、そうかなと思うところもあり、また、もっと情報がほしいという面もある。
続編がでても良いかもしれない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告