この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ディグダグ

プラットフォーム : FAMILY COMPUTER
5つ星のうち 4.8 9件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
オリジナル版
  • FAMILY COMPUTER
  • ファミリーコンピュータ用カセット
  • ナムコ NAMCO
  • アクション ACTION
  • DIGDUG
新品の出品:1¥ 17,800より 中古品の出品:11¥ 950より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

エディション: オリジナル版
  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


製品情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

エディション: オリジナル版
  • ASIN: B000068H2F
  • 発売日: 1985/6/4
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 12,010位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

版: オリジナル版
ルールは単純な面クリアクション。
当時は駄菓子屋とかにありました。
コミカルな画面と音楽に皆、楽しくプレーしたゲームです。
ファミコン移植版もアーケードと比較して違いがほとんど無く、
ファミコンの凄さみたいなものを当時感じました。
自宅ではアーケードでは出来ないような、
わざと岩の下になって死んでみたり、色々なプレイをして楽しみました。
個人的に、こういう単純なゲームが今はあまりに少なく、
子供逹が人生で最初にやるゲームが複雑になってしまっていると思います。
子供にしてみたら途中でつまんなくなりクリア出来なかったり
理解出来ないゲームが多くなっているような気がしますので、
(ディグダグ自体はエンドレスで面クリタイプのゲームです)
このディグダグのような単純明快に「楽しい」ゲームから入って
ゲーム本来の楽しさを知って欲しいと思っています。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 著利 投稿日 2003/1/20
版: オリジナル版
連射と少しの戦略がクリアにつながるようなゲーム。クリアする度に地上には花が咲いていくのが面白い。
ゲームは単純だが、連射力が問われる。それがまた面白いところなのだが。最近ではあまりみかけなくなってしまった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
版: オリジナル版
この時代のナムコは、非常に勢いがありました。そしてギャラクシアン、ギャラガ、マッピー、ゼビウス、ドルアーガー、ワルキューレ、パックマン、、、枚挙の暇が無いほど、名作を量産しましたね。
中でも、私はゼビウスに首っ丈でした。シンプルですが、穴を掘って、岩で潰す。敵をポンプで膨らますという発想は、とても斬新だったと思います。敵は、突然変異?みたいになり、土壌を無視して飛んで来たり、竜は炎を吐いたり(ナムコは竜の炎が好きでしたね)、ハラハラ要素も満載。

私は、敵に距離を詰めながらポンプを絞りまくるという我流戦法でよく、しとめていました。
FCではなく、MSXでやっていたので、方向キーと、スペースキーでポンプを動かすという、ややこしい操作で頑張っていた記憶があります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 tuskan2 VINE メンバー 投稿日 2010/3/22
版: オリジナル版
かなり遊びこみました。

最後の一匹になった敵を、膨らませて潰すのは簡単だけど
破裂する寸前で止めて、また破裂寸前まで・・・と言うエンドレス遊びを
やった人も多いはず。(ファミコン版で)

マップの土かな? その色が段々とステージをクリアしていくごとにカラフルになる所が
またわくわく感を増幅させてくれるから、楽しかったです。

また自分にくっ付いて来る敵を、岩めがけて掘り進めてから岩落としをした時の爽快感。

同時期に色々なゲームがあったけど、ナムコの中ではこれが一番好きでした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazonのお客様 VINE メンバー 投稿日 2003/5/31
版: オリジナル版
「パンクさせるより、つぶしちゃえ」というキャッチフレーズが
あったゲーム。穴を掘りながら敵を退治します。
敵を倒すだけならパンクさせてしまえばいいのですが、
1回の岩落としでいかに多くの敵を倒せるかを
考える戦略性もあって楽しめるゲームです
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告