お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【Amazon配送センターより配送・お急ぎ便対応】中古品のため使用感はありますが、非常に良い状態で、再生に問題がなく大切に扱われている商品です。※破れ・シミはなく良好です。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、不良があった場合はご返金(Amazon.co.jpが扱う新品商品と同等の手順に順じます)にて対応致します。領収書の発行には対応いたしておりませんので予めご了承ください。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,000
通常配送無料 詳細
発売元: エスケーオンラインショップ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

バンクーバーの朝日 DVD 通常版

5つ星のうち 3.6 9件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,854 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,250 (30%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:13¥ 2,799より 中古品の出品:20¥ 641より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • バンクーバーの朝日 DVD 通常版
  • +
  • KANO~1931 海の向こうの甲子園~ [DVD]
総額: ¥6,029
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 妻夫木聡, 亀梨和也, 勝地涼, 上地雄輔, 池松壮亮
  • 監督: 石井裕也
  • 形式: Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2015/07/15
  • 時間: 133 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 9件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00WIJ0VZK
  • JAN: 4988104097187
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 4,310位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

戦前カナダに実在した伝説の野球チーム“バンクーバー朝日”
その栄光と奇跡の記録を、最高のスタッフ&キャストが映画化!
劇場で大ヒットした“真実の物語”がいま、DVDで甦る。

●戦前カナダに実在した野球チーム“バンクーバー朝日”。その栄光と奇跡を描く感動大作!
●日本映画界を代表する豪華キャストがオールスターチームを結成!
●石井裕也監督最新作に、数々の傑作、話題作に携わった一流のスタッフが集結!

【映像特典】
(本編ディスク)
・特報、予告、TVCM

本編DVD
本編133分+特典/片面2層/16:9 スクイーズ/スコープサイズ
音声:1)ドルビーデジタル 5.1chサラウンド 2)ドルビーデジタル 2.0chサラウンド 3)音声ガイド版本編音声(ドルビーデジタル 2.0chステレオ)
字幕:1)日本語字幕

【ストーリー】
明日も見えない異国の地で、そのチームは希望になった。
1900年代初頭、多くの日本人が新天地を夢見て、遥か遠くカナダへと海を渡った。
しかし、そこで彼らを待ち受けていたのは差別、過酷な肉体労働、貧困といった厳しい現実だった―
そんな中、日本人街に一つの野球チームが生まれる。チームの名は「バンクーバー朝日」。
夢も希望も持てなかった激動の時代。やがてチームは人々にとって、一条の光となっていく。
彼らは何を信じ、何を求めて走り続けたのか。歴史の波間に埋もれていた“真実の物語”が今、ここに甦る―

【キャスト】
出演:妻夫木聡 亀梨和也 勝地涼 上地雄輔 池松壮亮
高畑充希 / 宮﨑あおい 貫地谷しほり / ユースケ・サンタマリア
本上まなみ 田口トモロヲ 徳井優 大鷹明良 岩松了 大杉漣
鶴見辰吾 光石研 石田えり / 佐藤浩市
【スタッフ】
監督:石井裕也 脚本:奥寺佐渡子

発売元:フジテレビジョン 販売元:東宝
©2014「バンクーバーの朝日」製作委員会

※商品仕様・デザインは予告なく変更になる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

戦前のカナダに実在した伝説の野球チーム・バンクーバー朝日の栄光と奇跡の物語を映画化。カナダの日本人街で生まれたバンクーバー朝日。貧困と差別、過酷な肉体労働の中で、やがて朝日は日本人街の人々の一条の光となっていく。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.6

トップカスタマーレビュー

カナダに移民した日系人を、野球を軸にして描いた映画。

映画のテーマや描いた内容そのものは良かったと思う。
米国移民やブラジルなどの南米移民に対して、あまり知られないカナダ移民の苦労、差別や第二次大戦の影響を受けながらも生き抜く姿、野球を通じて日系人社会を描いたのも良かった。

しかしながら、描き方があまりにも平板で盛り上がりに欠ける。わざとらしさが無いのは良いが、全体的に淡々としすぎていないだろうか。
それから、キャスティングが豪華だが、これが仇になってしまった感じ。妻夫木聡、亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮と、(よく見ればそれぞれの役の違いはあるのだが)全体的に登場人物が同じカテゴリーに分類されるような感じもする。礼二(妻夫木)が冷静で礼儀正しい主人公なら、他は二枚目ではない個性的な俳優を使った方が、メリハリが効いたのではないかと思う。ここも映画の印象が平板になった原因の一つではないだろうか。

ただし、最初に書いたように、映画の中で描こうとしていることは評価できるし、かなり真面目に作っている。大掛かりなオープン・セットも見事。佐藤浩一などの脇のベテラン俳優も好演。淡々として盛り上がりに欠けるが、内容そのものはちゃんとある映画だと思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
数年前、この朝日軍がカナダの野球殿堂入りしたことが日本でもニュースになり、テレビ番組でも再現ドラマを作られたりしたので野球好きには結構知られたエピソードです。
当然内容も分かってますが、分かっちゃいるけどっていうやつですね。
弱小の中高野球部や草野球チームには是非とも観ていただきたい。
単なる野球映画ならラストの試合終了がエンディングでいいですが、彼らの本当の戦いはその後です。最後の「また野球やろうな」という台詞は、その後の彼らの運命を想うとこみ上げるものがあります。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
好き勝手やらなかったのは好印象だが、それにしては出ている顔ぶれが強すぎる。

誇張しすぎないのは大切だけど、あまりあっさりやりすぎると面子の厚さに締め出される。

出来事を広く捉えて描いているが、できれば『誰か』に絞った方がわかりやすかったと思う。

浅く広くな印象が拭えず、みんなチョイ役に見えるし、小綺麗で美しくも汚ならしくもない。

べつに悪くないけれど、揺さぶられない静かな映画。

そういうのがちょうどいい時に見るにはオススメです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 dolphintanz 投稿日 2015/8/9
野球の映画というより、野球を通しての移民達の苦労や戦争に翻弄される運命、民族を超えた友情みたいなものを描いた佳作だと思います。大感動はしないけど、考えさせらるものはある、そして感じるものは確かにある。野球が好きで、楽しくてやってる、カナダ人を見返すとか、そんなつもりじゃないっていうのがいい。でもいつの間にか、みんなの期待の星になっちゃって、それによって葛藤も生まれる。そういう部分を丁寧に描いていて、そして街のセットもスゴイし、俳優陣も上手いし。
ただ、ロイの、あの眉毛はないだろっ、て突っ込みたくなる。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 『川の底からこんにちは』、『あぜ道のダンディ』、『ハラがコレなんで』など、アイディア勝負の低予算映画を撮らせれば、一時期、右に出る者がいなかった、石井裕也監督作品。
 松竹配給『舟を編む』が話題になったからか、本業で低迷し続けるフジテレビ等が製作、監督に石井を起用し、東宝配給で2014年12月に公開された正月大作映画。

 日系カナダ移民たちが低賃金、過酷な労働、人種差別に耐えながら、バンクーバー朝日という野球チームで健闘するという実話を基にした映画で、TBS『JNN報道特集』で放送された内容にインスパイアされた漫画が原作。
 戦前の日系カナダ移民は九州と滋賀県在住だった方々が多かったが、ここに出てくるキャラクターが話す方言は、かなり下手な広島弁クサくない?
 ハワイの日系移民は、確かに元広島県人が異様に多いが、まっさか、勘違いしてないよね、まあ、映画だから、どうでもいいツッコミなのだけれど。

 セットが、とにかく、ゴージャス、美術は『舟を編む』で石井とコンビを組んでいた、超売れっ子原田満生。
 旬の若手男女俳優陣をメインに、達者なベテランを幅広くキャスティングして脇をしっかり固め、それなりには楽しめます。
 撮影、照明も悪くはないが、特に照明はちょっと凝り過ぎか。
 やや遠めか
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す