通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
バレると後ろに手が回る脱税のススメ がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 多少のスレ、ヨレ等ありますが、全体的に概ね良好な状態です。中古品であることをご理解いただいてご購入ください。 原則ご注文後24時間以内に東京都よりゆうメールで発送いたしますので、早ければ注文から2日~3日で到着します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

バレると後ろに手が回る脱税のススメ 文庫 – 2011/1/25

5つ星のうち 3.5 12件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 669
¥ 669 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • バレると後ろに手が回る脱税のススメ
  • +
  • あらゆる領収書は経費で落とせる (中公新書ラクレ)
  • +
  • 税務署員だけのヒミツの節税術 - あらゆる領収書は経費で落とせる【確定申告編】 (中公新書ラクレ)
総額: ¥2,267
ポイントの合計: 70pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

大ヒットを収めた『脱税のススメ』の刊行から6年。 その間、ビジネスの手法は絶え間なく発展し、現在では当時見られなかったような新しいビジネスモデルも登場している。 それは脱税の手口においてもしかり、である。 かつて脱税と言えば、簡単に見破ることのできる稚拙で単純なものがほとんどだった。 しかし、近年の脱税はタチが悪い。隠す方も性根をすえて脱税に取り組んでいるので、複雑かつ巧妙化しているのである。 今回の文庫版では、元祖『脱税のススメ』の頃には見られなかった最新の脱税手口を解説。それに併せて、合法的な脱税ともいえる節税テクニックや最新の事 件解説も収録した。納税者必見の1冊である。

内容(「BOOK」データベースより)

レジを使う、領収書を使う、アルバイトを使う、交通費を使う、バックリベートを使う、伝票を使う―税務署はココを見る。必死で溜めた金をむざむざ奪い取られるな!税務調査に従うばかりが能じゃない。税金を払わないことは、人の道に外れたことではなく、人の道に沿ったものなのだ。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 254ページ
  • 出版社: 彩図社 (2011/1/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4883927784
  • ISBN-13: 978-4883927784
  • 発売日: 2011/1/25
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 265,700位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
著者は、国税庁に10年勤めた、元国税調査官である。
調査官という、いわば、とりたてるプロの立場の人間が、その内幕とその対処方法を語る。
税金を払った方がいいのか? 悪いのか? 
著者は「払わない方がいい」と言い切る。
何故なら、税金は「他人の金」である。
人間は「他人の金」を大事に使うほど、高尚な生物ではない。昨今、社会保険庁の年金の無駄遣い、高級官僚の天下りがマスコミで叩かれているが、構図はまさに同じではないか。「他人の金」だから、湯水のごとく使う。そして、サラリーマンを中心として、「取りやすいところ」から搾れるだけ搾取する。
著者はそんな風潮に、警告を鳴らす。
要は、納税者の「無知」からの決別だ。
「無知」だから、「節税」を「脱税」と勘違いしたり、企業が税金の取り立て屋の役割を演じたりする。挙句の果ては、追徴課税を恐れて、自殺までしてしまう経営者があらわれる。(税務署に定年まで勤めると、納税者を1人くらい殺してしまうのだそう……)
 そこで、どうしたら、我々、納税者が税務署と戦えるか、賢く脱税できるかを、本書では事例をあげて説明している。その語り口はきわめて簡潔かつ具体的だ。
ポイントは「怒る時には怒らないと駄目!」ということ。「おとなしい」、「やさしい」と思われると、どこまでも
...続きを読む ›
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
タイトルそのままの内容を期待して購入したが、
それはいい意味で裏切られた。
著者は直接的に脱税をすすめているわけではなく、
むしろ「ムダな税金を払うな」ということを声を大にして言っている。
通常、知ることのない税務署への対抗策や、
税金に対しての姿勢などを、赤裸々に公開することで、
読者が賢い納税者になるためのノウハウを紹介してくれている。
非常に勉強になった。
経営者や個人商店主などには、ぜひ一読を勧めたい1冊である。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 この著者の本をはじめて読みましたが、面白おかしく読みました。
 脱税は、収入を減らすか、支出を増やすか、というように見せるしかありません。その手法について、難易度やばれなさ度から、細かく書かれていました。ただ、どれも、本に書いてあるからでしょうが、感心するような手法ではありません。やはり、脱税手法は出尽くしているのでしょうか?
 ただ、税務署や国税局の考えや、何をしているか、何をもとで動いているかということは、この本を通して、勉強になりました。
 何事も、「疑わしきは罰せず」でいきましょう。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
節税のため、税務署の事や、経費の事を勉強したかったので色々と役立ちました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
割と普通の内容です。

節税に関する情報です。

経理業務をしたことがあるヒトなら、特に驚きもしない内容の気が。。。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
133ページ
「くりっく365」以外は投資家が自分で税金を申告することになっている
     ↑
FXで20万円以上の稼ぎがあれば、個人は雑所得として
申告が必要です。くりっくも当然です。

昔はくりっくは申告分離課税が適用された(現在は店頭取引でもOK)
のと何か勘違いしているのでしょうか?

お金が絡む話で、この間違いはいただけません
他の項目にもミスがあるのでは、
と疑心暗鬼にかられます

ああ、ここもヘンだ

酒税の脱税
「日露戦争時はその戦費を酒税だけで賄えるぐらいだったし」

日露戦争、資金調達の戦い: 高橋是清と欧米バンカーたち
でアマゾン内で検索してみるといい
酒税だけで戦費が賄えるなら外債発行なんて不要では

もひとつ細かいところ

消費税の免税業者(売上高1000万円以下)のところの記述

会社をいくつにも分割して〜それぞれの会社の売り上げが
3000万円に届かないようにし、消費税を逃れていた

これは「1000万円に届かないように〜」でしょう
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック