Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,037
ポイント : 6pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[垣内 俊哉]のバリアバリュー―障害を価値に変える―
Kindle App Ad

バリアバリュー―障害を価値に変える― Kindle版

5つ星のうち 4.8 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,037

商品の説明

内容紹介

障害は人ではなく、環境にある――この小さな気づきが、車イスに乗った青年に4000万人市場をもたらした。偏差値33から一念発起、大学進学、起業時代の極貧生活を経て、ユニバーサルデザインを牽引するベンチャー経営者へ。その劇的な半生と、斬新なビジネスモデルを生んだ独自の「反転戦略」を明かす。

著者について

株式会社ミライロ 代表取締役社長。日本ユニバーサルマナー協会代表理事。
1989年生まれ、岐阜県中津川市出身。立命館大学経営学部在学中の2010年、(株)ミライロを設立。
障害を価値に変える「バリアバリュー」の視点から、企業や自治体、教育機関における
ユニバーサルデザインのコンサルティングを手がける。
2014年には日本を変える100人として、日経ビジネス「THE100」に選出される。
2015年より、日本財団パラリンピックサポートセンターの顧問に就任。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 3965 KB
  • 紙の本の長さ: 105 ページ
  • 出版社: 新潮社 (2016/3/18)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01L1DYU0A
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 97,846位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
本書で一番伝えたいこととは、「あらゆる障害(バリア)は、価値(バリュー)に変えられる」ということです。

著者は、先天性の骨形成不全症という病気のため、今日まで骨折は20回くらい、手術も10数回と、人生の5分の1は病院で過ごしてきた人物で、子どもの頃から車椅子に頼らざるを得ない生活を送っています。

今、車椅子に乗っている著者の目線の高さは106センチです。

高さ106センチの世界で生きているからこそ、他の人とは違う視点で物事を見られるのではないか。ずっと車椅子に乗ってきたからこそ、社会に隠れている不便さや不自由さに気付けるのではないか。まさに、この視点こそが、「発想の転換」そのものであり、本書を読むうえにおける醍醐味そのものです。

バリアとは、狭義では「障害」のことですが、広義にとらえれば、「弱点」「短所」「苦手なこと」ととらえて頂ければと、著者はおっしゃっております。

そして、「バリアフリー」(障害を取り除く)ではなく、「バリアバリュー」(障害を価値に変える)というところが、本書の一番のポイントです。

もちろん、障害を取り除く(克服する)ことが出来るのであれば、それに越したことはありません。しかし誰もが、障害、もっと広い意味にとらえれば、弱点や短所、苦
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
今起業したばかりの私です。何かに向かう時、必ず味わう終わりかと思ってしまう挫折感。日々の暮らしの中でもある。こころに凄く響きました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
一見、タイトルや表紙の印象に引っ張られたこともあって
「障がい者の方が書いた本」として読んでしまうところがありますが、
読み進んでいくと、そこに先入観があり、大きな誤りがあると気づきました。
本書は一級のビジネス書として読んだ方がいいと感じています。
これまでにはない新鮮な視点から、ビジネスの新しいヒントを与えてくれるビジネス書です。
また、著者のビジネスに取り組む姿勢から生まれた考え方・行動は多くの示唆に富んでいて、
成功のための実用書でもあるという印象も受けました。
さらには一人の青年の人間ドラマとしても読みごたえがあるものでした。
少しネタバレしてしまいますが、途中、著者が「あること」について、
梁山泊、ドラクエ、そしてワンピースのようだと評している部分があります。
読者としても、まさにそのようなワクワク感がありました。
ドラマ的には、当然そのワクワク感に至る前段には、数多の危機・困難があるわけですが、
そうした様々な「障がい」をドラマの主人公、ヒーローのように乗り越えていく様はまさに爽快・痛快で、
非常に勇気づけられるものでした。
そうした危機・困難は軽々と乗り越えたわけではなく、ワンピースで例えれば、
クロコダイル戦のように
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
現在「ミライロ」代表を務める垣内俊哉氏の自伝的な内容が基になっていますが、
誕生からの生活を振り返りつつ「バリアバリュー」の考えを提示するものになっています。

氏は先天性骨形成不全という障害を持っています。
この病気は骨の中のコラーゲン不足等が原因で骨の強度が不足し、ガラスの骨と形容されることもあるものです。
彼自身、20回に及ぶ骨折を経験しているとのことです。

小学校入学時、氏の母親は教育委員会と議論して、彼を養護学校ではなく普通の学校に進ませます。
この選択が氏の人生には大きな影響を与えていると思います。
本を読む限り、周囲に悪意で接する人は少なかったようですが、
成長過程の多感な時期に、障害者に対する特別な扱いに自尊心が傷ついたり、
再び自分の足で歩く夢を断たれて絶望したりしつつ、
高等学校卒業程度認定試験で大学受験資格を得、大学進学を実現します。

氏はその後の出会いの中で、自分が障害者でなければ持つことが出来ない視点を広く知らせることも、
ビジネスとなりうるという思いに至り、学生時代から仲間と起業し苦難を乗り越える内に、その思いが確信に至ります。

その過程が淡々とした筆致で書かれており、私は好感を持ちました。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover