バベットの晩餐会 HDニューマスター [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,668
通常配送無料 詳細
発売元: 大手家電メーカー提携店 上村電気本店
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

バベットの晩餐会 HDニューマスター [DVD]

5つ星のうち 4.6 86件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 2,668 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,436 (35%)
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 2,668より 中古品の出品:7¥ 2,679より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • バベットの晩餐会 HDニューマスター [DVD]
  • +
  • バベットの晩餐会 (ちくま文庫)
総額: ¥3,402
ポイントの合計: 23pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ステファーヌ・オードラン, ジャン=フィリップ・ラフォン, グドマール・ヴィーヴェソン, ヤール・キューレ, ハンネ・ステンスゴー
  • 監督: ガブリエル・アクセル
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: デンマーク語, フランス語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 紀伊國屋書店
  • 発売日 2011/11/26
  • 時間: 104 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 86件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B005LZ11BQ
  • JAN: 4523215060882
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 9,607位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

ただひたすらに牧師の父の教えを守り続け、慎ましく生活を送る姉妹。
そこに現れた一人の女性により、姉妹、そして周りの人間が幸せを感じ始める。
食べることの幸せ、そして心と体が温まる逸品!

19世紀後半、デンマークにある海辺の小さな村に、牧師と彼の美しい姉妹マーチーネとフィリパが暮していた。姉妹の美しさは有名で、あらゆる若者が求婚にくるが、父は娘二人に仕事を手伝ってもらいたいと願い、申し出をすべて断っていた。そんなある日のこと、たまたま村に滞在することになったスウェーデン軍人のローレンスが、姉のマーチーネを見初める。しかし現在の恋よりも自らの将来を選んだ彼は、身を引いてしまう。次いでフランスの有名な歌手パパンが休養の為にこの村を訪れ、フィリパに恋をする。パパンはフィリパに接近するが、彼女は戸惑い、パパンと会うのを止めてしまう。
そして月日が流れ、父親が亡き今も二人は夫を持たず、村人の世話をしたり信者たちの集いを催したりしながら慎ましく生活を送ってきた。そこにかつてフィリパに恋したパパンの書いた手紙を携え、フランス人女性バベットが現れる。 やがてこのバベットが姉妹を、そして村の人々の心と体を温かく包み込むことになる……

原作者は、デンマークの紙幣にもなるほど有名な女流作家カレン・ブリクセン(1885~1962)。アイザック・ディネーセンのペンネームで活躍したことでも知られる。 監督のガブリエル・アクセルは、デンマークとフランスを行き来しながら映画・テレビ演出を手がけ続け、とりわけフランスのテレビ局製作で数々の文芸作品をドラマ化して高い評価を受けた人物。
映画『バベットの晩餐会』は原作の精神を出来得る限り尊重しつつ、映画ならではの視覚描写を用いて、前半の禁欲的で寂れた寒村の描写と、後半の温かみある晩餐会の場面との間に極端な落差を設け、バベットの料理の力によって人々が次第に活き活きとしてくる様子をより効果的に強調している。
観終わった後、胸の奥に幸福な温かみがしっとりと広がり、不思議と食欲が湧いてくる逸品。
HDニューマスター
表紙画:高橋常政
【特典】
収録:予告編、フォトギャラリー
封入:解説リーフレット(飛田和緒、遠山純生 40頁)
(C) 1987, A-S Panorama Film International. All Rights Reserved.

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

19世紀後半のデンマークを舞台に描いた心温まるドラマ。ある海辺の村で暮らす牧師とその娘たち。美しい姉妹の下には何人もの若者が求婚に来たが、ふたりは父の死後も未婚のまま過ごしていた。ある日、そこへバベットという女性がやって来て…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
amazonで購入して観たんだけど、
レビューを読んで評価が高い作品だった事もあり楽しみでもありました。

こう、観ていて・・・いや、観終わった後、何か余韻が心地よい、そんな映画だと感じた。
男と女、その狭間に信仰心と家族の絆、人間として何が一番大切なのか、より、
どう感じながら、現実を受け入れ、向かい合って生きていく様は、
心打たれた。

かつてマチーネに求愛した後のローレンス将軍の料理の味わいも見どころ。
村人たちが食事の前と後の表情の違いも面白い、

また観るたびに、また違った発見もあるのだろうと思える奥の深い作品だろう。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
この映画は公開当初、内容も全く知らないのに無性に観に行きたくなり、映画館に入った記憶がある。観終わった後、映画の素晴らしさに動けなかった。心が洗われる素晴らしい映画である。
ストーリーの情報があまりないようなので、チョコットだけ紹介する。デンマークの漁村に敬虔なプロテスタントである二人の老姉妹が住んでおり、村の老人たちの食事の世話などして暮らしていた。この姉妹のところにパリ・コミューンで家族を失い、母国をすてたバベットという女性がやってきて、家政婦として住みつく。ある日、宝くじが当たったバベットは村人と姉妹に対してお礼の晩餐会を開きたいと提案する。二人の姉妹の少女時代の淡い恋なども絡めてラストの晩餐会へ...
質素で敬虔なプロテスタントの村人にとって見たことも、味わったこともないフランス料理やワイン。だからこそ、ラストの晩餐会の料理がより豪華に見え、料理を味わう人々の気持ちが徐々に変化する様が映画を観る者にも伝わってくる。特に、料理を味わうおばあちゃんの顔が徐々に至福の顔に変わっていくところは「ホッ!」した気持ちになった。料理に老姉妹の少女時代の恋のエッセンスも加わり、本当に観るものの心は洗われ、観終った後は何故かやさしい気持ちになれる。すさんだ現代では、必見の「優しく、美味しい」映画だろう。
バベットの作るフランス料理は本当に美味しそうで、この後フランス料理で「ウズラ」を食べてみたくなった。
コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
何年も何年も、再販を待ち続けた作品。本当にうれしい。
「午前十時の映画祭」での上映がやむを得ず中止になってからも、あきらめなかった1本。

デンマークの小さな村で、牧師の娘として貞淑かつ周囲への慈愛に満ちた人生を送っている姉妹と、
彼女たちのもとにやってきたバベットという名の女性との出来事を綴るストーリー。

ほんの短期間ではあれ姉妹に恋した男性たちが匂わせる思い以外は、
”言わずもがな”な感じで進む、思いの表出が少ないストーリー。
語られることの少なさに反して、このお話に出てくる人たちに好感を抱き惹きつけられてやまない。

笑いの源は、姉妹を含む、この村のひとたちの純朴な雰囲気。
例えば、バベットの用意する見たこともないフランス料理の食材に恐れをなして、
村人たちは晩餐会で「料理について話すのはやめよう」、と密約。
でも実際、晩餐会で料理を食べると素晴らしくて、「話したいのに話せない」のジレンマに・・・。
微笑ましくて、温かくて、観ているこちらがお腹いっぱいになれる。

得たり、失ったり、関わったり、擦れ違ったり・・・を繰り返す人生。
そこにいる誰か同士がともにいるのは、きっと、わずかな確率での出来事。
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sachi823 トップ1000レビュアー 投稿日 2016/9/3
形式: DVD Amazonで購入
19世紀後半の北欧の漁村を舞台に、プロテスタントの村人とフランスからやってきた
ひとりの女性との出会いから物語が始まります。
貧しく慎ましく生きる村人の生活が彼女の出現で少しずつ変わってゆく様を
じっくりと描く前半も味わい深いのですが、やはり終盤の晩餐会の場面は特筆すべきものです。
テーブルに着いた客たちは、成就されなかった恋や苦い栄光に苦しんだり、
小さな諍いに明け暮れたりしていたのですが、彼らは豪華なフランス料理を食べることで
次第に喜びの表情に変わっていきます。
フランスから来た女性がかつては、有名なレストランの女性シェフで
パリコミューンで家族を失ったことが語られ、運命の過酷さを感じると共に
それらを飲み込んで、食するという行為が人間をこれほど幸せにするということを認識させられます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す