通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
バベットの晩餐会 (ちくま文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※ご注文の際は再度送り先のご住所(マンション・アパート名・部屋番号等)ご確認お願い致します。Amazonの商品コンディションガイドラインに基づき出品していますのでAmazon商品ガイドラインを必ず御確認宜しくお願い致します。中古品の為、折れ目、シミ、まれに書き込み等ある場合がございます。(万一の見落としはご容赦下さい)出荷は御注文日の当日or翌日出荷を目指しています。出荷日から1日~4日以内にポスト投函されます。運送会社の遅延にて若干遅れる事もございますのでご了承お願い致します。万が一届かない場合は追跡番号にて検索致しますのでお気軽にメール下さい。経年劣化商品は全体的にヤケがある場合がございますが本編には問題ありません。ISBNナンバーで管理している為ごくまれに出版社が一緒でも表紙画像と異なる場合がございます。※ご了承の上ご注文宜しくお願い申し上げます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

バベットの晩餐会 (ちくま文庫) 文庫 – 1992/2

5つ星のうち 4.2 15件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 980
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 734
¥ 734 ¥ 30

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • バベットの晩餐会 (ちくま文庫)
  • +
  • バベットの晩餐会 HDニューマスター [DVD]
総額: ¥3,909
ポイントの合計: 23pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

女中バベットは富くじで当てた1万フランをはたいて、祝宴に海亀のスープやブリニのデミドフ風など本格的なフランス料理を準備する。その料理はまさに芸術だった…。寓話的な語り口で、“美”こそ最高とする芸術観・人生観を表現し、不思議な雰囲気の「バベットの晩餐会」(1987年度アカデミー賞外国語映画賞受賞の原作)。中年の画家が美しい娘を指一本ふれないで誘惑する、遺作の「エーレンガート」を併録。


登録情報

  • 文庫: 250ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (1992/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480026010
  • ISBN-13: 978-4480026019
  • 発売日: 1992/02
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 101,680位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 uno 投稿日 2002/7/29
形式: 文庫
個人的には、20世紀最大の物語作家と呼ばれるディーネセンのベスト。ほとんど短篇・中篇しか書いていない著者がこのように呼ばれるのも、その物語の不思議な広がりと深さを考えれば当然と納得できる。貴族や枢機卿、オペラの歌姫や神を畏れる人々が登場する彼女の物語世界は、それだけ見るとまるでロマンティックなゴシック小説のようだが、実はまったく違う。エレガントで強靭きわまる知性が紡ぎ出す物語はどんな既成のフォーマットにも則っておらず、その背後には深く逆説的な形而上学が感じられる。この作品は円熟期のもので、その筆致にも穏やかな余裕が感じられ、独特のストーリー展開から簡潔で香り高い文章まで、本当にどこをとっても見事な芸術品だ。モーツアルトのドン・ジョバンニや聖書からの引用が運命的な物語と響き合い、まか不思議な芸術と愛の物語がシンフォニーのように展開する。敬虔で質素な老姉妹の食卓に奇跡のように最高のフランス料理が現れるシーンは、美食文学というものがあるとすれば文句なくその最高峰ではないだろうか。空虚な心を持て余した将軍が、やがて「この美しい世界には不可能なことなど何一つない」と悟る結末の心に染み入るような素晴らしさ。私はこの短い物語を何度読み返したか分からないが、読み返す度に感動が深くなっていく。映画も良いので、是非観て下さい。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ringmoo トップ1000レビュアー 投稿日 2010/2/6
形式: 文庫
映画「バベットの晩餐会」に触発されて読んだ作品です。
ところが、驚いたことに、この作品が短編であり、非常に簡潔に書かれていることです。
しかし、その短い文章に奥深い情景がものの見事に描き出されます。
まさに、作家の「力」でしょう。
この本は、デンマーク語版(カレン・ブリクセン名義)からの翻訳だそうで、英語版(イサク・ディーネセン名義)とは、後半の文章の量が相当違うと言うことです。
確かに、前半の淡々とした短い文章に比べ、後半一気に描写が詳細となり、クライマックスの話の盛り上がりは相当なものです。
その意味では、デンマーク語版こそが作品の完成形であり、バベットの「芸術としての」晩餐会が、食卓についた人々を幸せの極致に至らしめた最高の表現なのでしょう。

一緒に収められている「エーレンガート」は、国家の存亡の危機にあって、「女傑」とも言える侍女エーレンガートが、最高の機知を発揮する物語です。
こちらも映像が目に浮かぶような素晴らしい文章なのですが、残念ながら私の北方神話やギリシア・ローマ神話などに対する知識が覚束なく、作者の意図を十分に汲み止められなかった恨みがあります。

この本を読んで、更にこの作者の作品が読みたくて堪らなくなりました。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「バベットの晩餐会」は、ここ数年で読んだ中ででいちばん心に残っている小説だ。良い作品は読み終わって、何ヶ月経っても何年経っても、感動が色あせないばかりか、折りに触れてよみがえり、また新しい発見や考えの端緒を与えてくれる。この作品もそうで、読み終わったときは、なんともいえず後味の良い印象が残ったのを覚えている。たぶん童話のように平易な文章のために、美しい物語だと、その時はそれで終わったが、読み終わって何年も経った今、何かのきっかけで思い出し、この作品のテーマの奥深さに思い至ったのだった。

それは、芸術の意味、ということ。

バベットは富くじで手にした大金で、そのお金があれば一生安泰に暮らせるほどの大金で、彼女の愛する姉妹と姉妹の親しい人たちのための一度きりの晩餐会を開くことに決める。

かつて、王侯貴族の料理人だったバベットの芸術的な料理の才能の全てが注がれた料理は、彼らを幸せにした。一晩の夢のように幸せな時。この作品は教えてくれる。芸術とはこのようにして人々に奉仕するものなのだ、と。そして、本当に幸せなことは、バベットの料理、その芸術が、初めてそれにふさわしい主人に出会えたこと。このように幸せな出会いがいかに稀有なものであるか。それがこの作品の世界をこんなにも幸せに喜びに満ちたものにしている。芸術にふさわしい主人は、この
...続きを読む ›
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
まあ読んでごらんなさいな、と薦める私も、ずいぶん前に映画を観て、ちょっと前に本を読みたくなって買っておいて、しばらく放っておいた本ですが、さてと手にとって読んでみると、何と素敵な大人の童話になっていて翻訳も素晴らしいです。浮き世の戯れ言をしばし忘れさせてくれる気持ちの良い読後感でした。また映画を観たくなりました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー