この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

バビロンの大富豪―「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか 単行本 – 2000/2

5つ星のうち 4.6 131件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 1,290
単行本, 2000/2
¥ 247
CD
"もう一度試してください。"
¥ 21,000
CD-ROM
"もう一度試してください。"
¥ 3,024 ¥ 2,350

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

不滅の名著!

人生の指針と勇気を与えてくれる「黄金の知恵」と感動のストーリー! 読了後のあなたは、すでに資産家への第一歩を踏み出し、幸福を共有するための知恵を確実に身につけていることだろう。

現代における「富の支配法則」とは、バビロンの市街に裕福な人がひしめいていた数千年前の法則と、少しも変わるものではない

本書は、現代ビジネスの極意を分かりやすく説き明かした名著であり、あらゆる人にとって重要な一冊である。 ──パーシー・H・ホワイティング (「デール・カーネギー研究所」副所長)

本書に記されている「バビロンの知恵」は、現代においても、そして誰にとっても役立つものだ。人生で成功をなしとげようという志を持つ、すべての人におすすめする。 ──ヴァン・アレン・ブラッドリー (「シカゴ・デイリー・ニューズ」)

--このテキストは、単行本版に関連付けられています。

出版社からのコメント

『バビロンの大富豪』(原題「THE RICHEST MAN IN BABYLON」)は、刊行以来80年以上経過している作品ですが、いまだにその人気は衰えることを知らず、欧米の多くの人に愛読され続けている名著です。

本書の書かれた1920年代と現代とでは、社会背景や経済情勢など表面的には大きな変化をとげていますが、しかし、本書の核心をなす「繁栄と富と幸福の原則」は全く不変であり、むしろ現在の日本においてこそ、学ぶべき内容といえましょう。

老若男女を問わず、ぜひ多くの方々に本書に綴られている「黄金の知恵」を知っていただき、日々の暮らしの中に活かしていただけたら、と願っています。

なお本書は、『金持ち父さん貧乏父さん』(筑摩書房刊)、『自分を超える法 』(ダイヤモンド社刊)、『史上最高のセミナー』(きこ書房刊)などの書籍で紹介されています。
--このテキストは、単行本版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 252ページ
  • 出版社: キングベアー出版 (2000/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4906638090
  • ISBN-13: 978-4906638093
  • 発売日: 2000/02
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 131件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 255,750位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 バビロンを舞台にした財産・幸福に関する昔話集。
 こんなに古い時代の逸話が今でも十分に通じるということに驚きます。
 我々は老人の知恵を「古い」といって退けますが、本文中の例え「老人の知恵は動かぬ星のようなもの」の言葉通り、老人の知恵は不滅のものであるということを思い知らされます。本書に出てくる紀元前の老人の知恵がまだ十分に通用するのです。
 本書には奴隷がよく登場します。バビロンの時代は「自分」を担保に借金ができ、返済できないと奴隷にされたそうです。「現代は奴隷制度がないから。。」というのは簡単ですが、よく考えると今でも「自分」を担保にある程度の借金が可能で、返済できないと奴隷のように働くことがありえます。この本で「奴隷」を資本家に対する「労働者・サラリーマン」と考えると現代と重なる部分が多いと思うのです。
 今は「給料天引き」のような制度もありますから、早く「自由人」になれそうなのですが、お金を使う誘惑も多く「奴隷」のままでいる人が多いのではないでしょうか?
コメント 95人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
仕事柄これまで何百もの破産者・破産企業とお付き合いして参りましたが、彼らを見る限り
この本に書かれていることは完全に真実です

破産する人はとにかく無駄遣いが多いのです。タバコ・酒・パチンコなどのギャンブル・不要な保険
高い家賃・高額なブランド品・自動車・教育費・水道光熱費・携帯電話代・飲み代・異性へ貢ぐなどなど
貯金をすることをそもそもあきらめ、何かと理由を付けて色々なことにお金を使い、足りなくなったら
借金をする、そして首が回らなくなったら破産、というような流れです

また、勤労意欲がありません。親に勤労意欲がないので子どもも勤労意欲がありません。
年金や生活保護にすぐ頼ります。お金がないのが働いて稼ぐこともないので、借金で子どもを学校に行かせます。
しかし、そもそも一家に勤労意欲がないので、借金までして大学を出しても子どもは働いてそれを返すという
ことをしません。結果さらに借金が増えて首が回らなくなります。

さらに、よくうまい儲け話に騙され、貸してはならない人にお金を貸し、保証人に平気でなります。
定期的な高収入を約束する(そしてすぐに破綻する)投資、手数料をぼろ儲けされるだけの投資、マルチ商法、
ネズミ講まがい、宝くじ。担保
...続きを読む ›
コメント 286人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本は、普通の人が「大富豪」になれる聖書である。

バブルの時代、お金に困る日本人はほとんどいなかった。
私も同じ。

親は「日本人の90%は」といわれた中産階級だが、それでも
金に困った経験がない。
しかし、バブルは90年代初めに崩壊し、日本は困難な時代
に突入していく。

それでも、バブルの余韻に浸りながら、90年代後半まで来
ることができた。
90年代末、一文無しになり、生まれて初めてお金のない苦
しみを知った。

そして、「いったい金持ちと貧乏人をわける違いはなんなの
か?」と真剣に探究しはじめた。

行きついたのがこの本。

人生のコツというのは、すべからくシンプルなものだ。

世の中には「ダイエット本」が何十万冊も出回っている。

しかし、ダイエットの本質は単純。

一日にとるカロリー − 消費するカロリー = マイナス
(例 1500カロリー − 1600カロリー = −100カロリー)

これなら必ず痩せられる。
いわれてみれば単純なことだが、いわれなければ気がつ
...続きを読む ›
2 コメント 147人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 てとり VINE メンバー 投稿日 2006/11/5
形式: 単行本
収入の1割を貯蓄し、その金を投資に回す。また、2割を借金返済に充て、残り7割で生活する。決断は慎重に、しかし素早く行う事。また投資は、適切な人をきちんと選んでその人の助言を基に行う。後は、働くことの喜びなど人生訓が書かれています。
コメント 99人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
古代に繁栄したバビロンの人々が残した
お金にまつわる言葉や知恵を教えてくれる書です。

同時代に栄えた他の都市よりも、
・なぜバビロンは富を蓄えられたか。
・なぜ豊富な資源が無くとも富を増やし続けれたか
・なぜそれらの富を守れたのか

などの問いに対する答えが分かる、
現代社会に置き換えても、十分に示唆のある言葉が並んでいます。

また、厳格な法律によって「奴隷」制度が発達していたバビロンにおいて、
奴隷という身分から這い上がり富を築くためには
何から始めるべきかの具体的な行動が分かります。

特に富を増やす5つの原則は、どちらかといえば、
「今お金を持っていて、どう守るか」
よりは「今はお金が無いけど、どう貯めて増やして行くか」
を知りたい人向けでしょう。

その意味では、蓄財だけではなくビジネスの原則ともなり得る内容です。

お金に対してどう向き合えば良いか、
お金の性質とはどのようなものか、
お金とはそもそも何か、
これらを知るために一度は読んでおくべき超良書です。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック