中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 《24時間以内に発送致します》漫画喫茶、レンタル落ち商品ではございません。中古商品ですので、細かい傷や焼け、汚れ等がある場合がございますが、問題なく読んで頂けます。すべて、消毒清掃・小口研磨をして発送致します。また、領収書をご要望の方は商品注文後、お取引連絡にて、ご連絡お願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

バビロニア・ウェーブ 文庫 – 2007/2/21

5つ星のうち 3.9 15件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 236
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【出版社の方へ】e託販売サービスの紹介はこちら

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

太陽系から3光日の距離に発見された、銀河面を垂直に貫く直径1200キロ、全長5380光年に及ぶレーザー光束―バビロニア・ウェーブ。いつから、なぜ存在するのかはわからない。ただ、そこに反射鏡を45度角で差し入れれば人類は膨大なエネルギーを手中にできる。傍らに送電基地が建造されたが、そこでは極秘の計画が進行していた。日本ハードSFを代表する傑作。星雲賞受賞。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

堀/晃
1944年、兵庫県生まれ。大阪大学基礎工学部卒。1970年、短編「イカルスの翼」が『SFマガジン』に掲載されデビュー。1981年『太陽風交点』で第1回日本SF大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 432ページ
  • 出版社: 東京創元社 (2007/2/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4488722016
  • ISBN-13: 978-4488722012
  • 発売日: 2007/2/21
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 266,685位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
本作品はなんと言っても「銀河面を垂直に貫く直径1200万キロ、全長5380光年に及ぶレーザー光束」の謎解きの過程が一番の魅力だが、私は「宇宙」の表現方法にも感慨を覚えた。今まで少なからずSF作品を見てきたが、ここまでリアリティの溢れた「宇宙」が表現された作品は初めてだった。本当に「宇宙」をそこに感じた。

天文学的・物理学的知識に基づいた正確な数値の羅列が「宇宙」を正確なものにしていることは疑いない。しかし最も有効だったのが“光”の捉え方がうまかったことだと感じる。本作品は“反射”がバビロニア・ウェーブの謎を探る重要なキーワードとなっているので、“光”の屈折の仕方や宇宙空間における物体の見え方にとことんこだわっていた。

最終的にはバビロニア・ウェーブの謎を媒介することによって、太陽系だけでなく銀河系の謎をも解いてゆくという壮大なものになっている。一度読めば何度も読み返してしまうだろう。読後感はすごくよかった。一読をオススメする。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
何かのSF作品(文庫)の巻末の紹介で知った作品。
スケールはでかいしその正体は??と気になってましたが、満を持して入手。

”そして誰もいなくなりそうな展開”は予想もしてませんでしたが、エイリアンも出ないのになかなかスリリングです。
まぁもう少し展開早くしていい場面も多かったところですが、久しぶりに続きが気になって止め時が難しかった物語りでした。
ラス前、マキタがダムキナ基地へ向けてBWを突っ切る航路をとり、いったいこの後どうなる?
と思わせてからの、終章への流れがいいですね。

私が思うにBWというのは、進化を促すための創造主の配剤の様な気がします。
ある程度文明が進み、ここからエネルギーを取り出せるまでになったら、
恒星間航行までジャンプアップさせて上げようみたいな。
なので”エネルギー取り出す用途”以外の行動を行うと、手痛い”しっぺ返し”をくらってしまうのではないかな。
それが地球人類にとってはたまたま致命的なだけで。
(空想上のものに対する更なる妄想に過ぎませんが)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 TAKE 投稿日 2007/8/12
形式: 文庫
日本人の書く宇宙SFはあまり多くないが、堀晃さんの作品は本格的で面白い。
本作も宇宙SFとして立派な作品。もっと評価されて良いと思う。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
かつてハードSF作家と言えば、A.C.クラーク、ブライアン・オールディス、光瀬龍、J.P.ホーガンなど、圧倒的に「宇宙もの」の作家が多かったように思う。この状況が変わったのは多分、1980年代後半以降、遺伝子ものや量子論ものが書かれるようになってからだ。
 堀晃の『バビロニア・ウェーブ』は、古典的と言えるほどの「宇宙もの」ハードSF。深宇宙(ディープ・スペース)の光景や無重力状態での作業の緻密かつ正確な描写、スペースコロニーの人工重力で育ったスペース・マンの「地球の重力には慣れることができない」という感覚など、全てリアルそのもの。中でも圧巻はタイトルにもなっている謎のエネルギー波を利用した恒星間宇宙船の描写だ。
 太陽系に無尽蔵とも言えるエネルギーを供給している一方で、人類の宇宙進出を阻むようにも見えるバビロニア・ウェーブの謎とは? 謎解きのサスペンスもあくまでハード(非情)で、エイリアンなども出てこないが、古き良き宇宙ものハードSFが好きな人にはお薦め。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
パピロニアウェーブは銀河系、宇宙を構成する物質として網の目のように張り巡らされておりその間に星や銀河が存在していることがこのSFのメインテーマです。読んでいて最後の結末がどのようになるのか考えるような内容で、興味深いものでした。現代の暗黒物質、ダークエネルギーにつながるストリーでそれらがパピロニアウェーブに収斂するような構成に驚きました。堀晃さんには新しい宇宙天文学の理論を背景にしてさらに面白いSFを書いてほしいものです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ポチR トップ100レビュアー 投稿日 2009/9/26
形式: 文庫
堀さんの作品を読むのはこれが2作目。1作目は「遺跡の声」だった。

今回読んだこの作品もすごく面白い。導入部分から自分も物語の宇宙空間の中にいるような気分にさせてくれた。290時間の慣性飛行の間の描写は、普通であればつまらないものになりかねない。しかし、その間も作者は、主人公マキタの思考を書きつづる。「太陽系空域の境界はどこにあるか」。通信士、操縦士、宇宙観測基地の観測員のそれぞれが、境界を全く違うスケールで捉えているという描写はリアルで面白い。12ページ目で早くも「バビロニア・ウェーブ」という言葉が出てきて、それについての概略もほどなく語られるというスピード感は、自分にはぴったりだった。

操縦士である主人公マキタは何も知らないまま次第にとあるプロジェクトに巻き込まれていくのだが、知らないが故に色々と質問し、そのことで読者もまた謎を一つ一つ解決していくことができる。このマキタ、スペースコロニーの出身者で、地球の環境はほとんど知らない設定。その彼が地球人とはやや違った視点・感覚で重力や人の特徴を捉えている描写が興味深い。プロジェクトの遂行の中で次々に事故死する仲間達。残されたのはマキタと教授。そして・・・。ラストに向けてのスケールの広がりは見事。バビロニア・ウェーブの正体が明かされ、マキタはただ一人、重要な役割を果たすことになる・・・ところで物語は終わってしまう。ぜひ続きが読みたい終わり方だった。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック