中古品:
¥ 1
+ ¥ 391 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ONE LIFE
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※レンタルアップ商品です。邦画。収録時間:114分。色褪せ、日焼け、映像・音に歪みやノイズがある場合がご座います。※VHS本体及びケースは発送前に可能な範囲でクリーニングしております。※紙箱等のケース等に入っている場合は現状での発送となります。(ジャケットをカットしている場合があります) ※発送はメール便になります。※土・日・祝日は休業日の為、翌営業日の対応となりますが、ご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

バトル・ロワイアル [VHS]

5つ星のうち 3.3 121件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。



登録情報

  • 出演: 藤原竜也, 前田亜季, 山本太郎, 栗山千明, 塚本高史
  • 監督: 深作欣二
  • 形式: Color
  • 画面サイズ: 1.66:1
  • テープ数:: 1
  • 販売元: 東映ビデオ
  • VHS発売日: 2001/09/21
  • 時間: 114 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 121件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005NDGR
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   大人の自信を取り戻すため可決された新世紀教育改革法「BR法」それは、全国の中学3年生から選ばれた1クラスの生徒たちを無人島に集め、最後のひとりになるまで殺し合いをさせる残酷なサバイバルゲームだった。

   ある日突然、42人の生徒に強制される殺し合い。歯向かえば容赦なく消され、おびえ怒りながらも与えられた武器を手に、自分たちの命をかけた殺戮(さつりく)ゲームの幕を切る。初めて味わう死と隣り合わせの極限状態で、夢、希望、願い、友情…さまざまな自分の思いと向き合いながら武器を抱えて走る彼らの姿に、凝縮された青春像が垣間見れる。

   また、ビートたけし演じる中年教師をとおして居場所のなくなった大人の憤りと寂しさも十分に伝わってくる。情けない嫌われ者教師からヒトラーさながらの冷徹殺人司令官、そしてラストに本当の心情を見せる中年男への変化をビートたけしが圧倒的な存在感で演じているのも必見。(中山恵子)

内容(「Oricon」データベースより)

“BR法”が制定された近未来の日本を舞台に、無人島に閉じ込められた中学生42人による殺し合いを描いた、深作欣二監督が贈る衝撃のバイオレンス・ムービー。出演は藤原竜也、前田亜季ほか。R-15作品。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
世紀末のベストセラー・デスゲーム小説を映像化。もう15年も昔の映画なのですね。深作欣二監督、最後のバイオレンス映画であります。
公開当時に見たきりだったのですが……あれ? こんなに面白かったっけ?
分厚い原作を110分少々にまとめたシナリオは、あちらこちらが雑だったり、気恥ずかしかったりするんですが、最初から最後まで緊迫感を維持したまま、テンポよく、だれることなく、中学3年1クラスの容赦ない死にざまを描きます。当時二十代の役者さんたちも混じっていて、ぜんぜん中学生に見えないという話もあるんですが、恐ろしいことに原作のキャラクターに比べると立派に普通の中学生に見えます。ついでに七原&典子の二人も、原作よりはちゃんと主人公らしかったりします。
公開当時はいろいろ物議を醸した映画でしたが、戦時下日本を知る最後の世代の爺さん監督が、デスゲームの形を借りて戦争青春映画を撮っちゃったという感じでして、若いうちに見るより、こちらも年齢を重ねて、少年の頃が懐かしくなる時分になってから見返した方が楽しめる映画なのかもしれませんね。日本よりも海外でカルト人気を集めているというのもいまなら納得。
時々、リメイクの話が持ち上がっては消えているようですが、日本やハリウッドより、東欧や東南アジアでリメイクしてもらう方が面白くなるのでは。
まだ十代の藤原竜也や柴崎コウ、栗山千明、前田亜季の熱演が堪能できるという点でも、充分に貴重な一作。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 太郎 投稿日 2012/8/22
形式: DVD
今観ても全然古くない。
僕がちょっと古いなと感じたのは最初の始まりのところだけで、他は古いどころか今見直してみても衝撃的。監督の凄さが伺える。
まぁ映画自体古いって程昔のでもないけど最近の映画よりずっと面白い。
僕はこの作品をただ「問題作」や「気持ち悪い」で済ます人は全然映画のメッセージを読み取れてないと思う。
僕も前にこの映画をみる以前は、世間でやたらグロテスクだ怖い等色々言われていたから観るのに抵抗があった。
でも実際にみてみたら「なんだ、いい映画じゃないか」と思ったのを覚えている。
たけしが出て来た時は笑っちゃったけど、最後のシーンでの台詞や、人を嫌うことの意味。色々詰まってるのにどうしてマイナス要素しか伝えないのか。
まぁ世間で「これは良い映画ですよ!」と伝えちゃうのはそれはそれで問題があるだろうけれど、
抱えている孤独感、大人を馬鹿にした子供、学級崩壊。これが今の子供だ!と言うのは全く違うけれど、起きる所では起きている事実。
逃げないで真剣に問題と向き合い、かつとても暖かみのある映画だったと僕は思う。

それになんと言っても監督の力量が凄い。画面から伝わる緊迫感。ガメラなどの特撮と言い、昔の映画は凄いね。
周りの評価「あぁ、こういう映画なんだぁ」と決めないで自分で観て決めて欲しい。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/11/26
形式: DVD
最初観たときは、原作の方がおもしろいとか、やっぱ2時間であの小説を収めるのは無理があったんだと思っていたんですが、なんか観れば観るほどこの映画がおもしろく感じてきました。映画にもいいシーンはたくさんあり、生徒が一人死ぬ度に悲しくもなりました。それは、きっと観る人に一番感じ取ってほしいことが、ちゃんと伝わったからだと思います。
だから、一回だけしか観てなくてつまんないと思ってる人は何回か観ていく内にこの映画のおもしろさが分かると思います。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
この映画はもう十二年以上も前の映画ですが、今観ても、凄い。
この映画が公開?された2000年当時は自分はまだ小学四年生ぐらい。当時、高校、中学生だった兄姉がビデオで観ていたのを覚えているが、当時はさすがに観れなかった。
初めて観たのは自分が高校に入る前だったかと思います。

初めて観たときも、とにかく衝撃の連続でしたが、
今、七年ぶりぐらいに観ても衝撃の連続でした。
そしてエンディングの歌にもやはり感動。

中学生が殺し合うという衝撃で残酷な描写が多く、今現在にある残酷な描写の映画と比べても全く遜色のない映画だと思いますので、
中学生、または高校生にも悪影響を及ぼす可能性が充分高そうなので、確かにR-15、またはR-18でもおかしくないと思います。
しかし、ただ残酷なだけの映画ではありません。
学園映画の感じもとても出ていると思いますし、何か心に伝わるものがあると思います。
初めて高校生のときに観たときも何か感じましたが、成長した今ではあの頃よりもっと感じるものが多かったように思いました。
初めて観たときには、なにか勇気づけられ、これから始まる高校生活に胸躍らさせていたのをとても覚えています。

そして久しぶりに観た今も、勇気づけられ
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック