中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 HYPER NET MARKET
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆気になる汚れや書き込みがなく比較的きれいな状態です。◆万が一商品に問題がある場合は返金致します。◆ビニール製の封筒に入れてゆうメールで発送しますのでポスト投函されます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

バトル・ロワイアル II 鎮魂歌 新書 – 2003/6

5つ星のうち 2.8 32件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

主要メディアがジャックされ、声明が流れる。「…賽は投げられた。オレ達はかつてオレ達を殺し合わせてきたすべての大人を許さない」 一方、政府によりバスごと拉致された中学生は…。オフィシャル・ノベライゼーション。


登録情報

  • 新書: 438ページ
  • 出版社: 太田出版 (2003/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4872337751
  • ISBN-13: 978-4872337754
  • 発売日: 2003/06
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 300,005位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
貪るように読んだ第一作ほどのインパクトはありませんでした。

中学校のクラスメート同士が無人島の中で殺し合うという設定、死亡すると爆発する首輪、時間の経過と共に立入禁止エリアが増え強制的に戦わされるという苛烈なルール−。前作はその全てが衝撃的でした。

3年B組(またか)同士で殺し合うのではなく一致団結して七原秋也のアジトを攻撃する、という点が二番煎じを免れてはいます。男女二人のペアを組まされパートナーが死んだらもう一人の首輪も爆発するという設定も面白い。

しかし肝心のキャラが前作の川田、桐山、教師の北野などと比べると印象が薄く、私などが覚え切る前に次々死んでしまいました。

3年B組の殺し合いに加えて秋也のテロ組織結成に至るまでにも頁が割かれているため、少々散漫になってしまった感があるのが残念です。

七原秋也と中川典子の「その後」を知りたい方には一読の価値があります。というか、この世の全てのパート'Uは登場人物の「その後」を知りたくて読むもんですよね。そして大半は前作を超えられない。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
個別の話だと思うと駄作。バトルロワイヤルの長いエピローグくらいのノリでさらっと読むのが正しい読み方。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
バトル・ロワイアルであってバトル・ロワイアルでない。

バトル・ロワイアルの肝は、昨日まで机を並べていた

クラスメート同士が殺し合いをする事にある。

それが見も知らぬテロリストとの戦いでは、仲間同士で

殺し合いをしなければならないという葛藤は生まれない。

ただバトル・ロワイアルらしい戦闘シーンを書きたかっただけと

思われても仕方がない。

主人公の中学生たちの思いは、理不尽に戦場につれてこられた

事のみで、各キャラクターの書き込みも不足し、感情移入出来ない。

最後の政府軍との戦いもリアリティーが無い。

所詮映画のノベライゼーションでしかない。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 映画の続編ですね。バトルロワイヤルほどは面白くはありませんが、それなりに楽しめました。序盤は数を減らすためだけに殺されている感があったし、中学生の描き方に全然感情移入が出来ませんでした。でもワイルドセブン登場からは、結構面白かった。七原のその後は興味深く読めました。前作ほどのインパクトを望むなら読まない方がいいと思いますが、単純に七原のその後に興味があるならお勧めです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
前作の主人公、七原秋也の視点で書かれていないことが残念。

それに終わり方もハッピー・エンドではなくバッド・エンドのように思われる。

次回作があるのなら、何らかの形でBR法が廃止され秋也がやってきたことや

ワイルド・セブンの死も無駄ではなかった。

というような内容にしてほしい。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 liit 投稿日 2003/10/27
形式: 新書
正直最低です。映画を作るために書いた本だと思います。まず作者が1と違うのが致命的でしょう。この話の偉大さは、このアイデアを考えた事であって、2を作ること自体難しいと思いますが、心理描写や設定にも技術を感じません。1が出た当時はやった、素人が書いたオリジナルバトルロワイアルの方がよっぽどできがいいです。本で2を書くなら高見さんに小説版の続編を書いてほしかった。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
私も前作の続編だと思って買いました。
・・が!読み始めてすぐに”あ、な~んだ、映画の続編やん。”とガッカリ。
よく見れば作者も違うし、一緒なのは装丁のみ。
ただの映画のノベライゼーションだったのね・・。
それなりな感じで読みましたが、やはり、前作とは全く別物。
一応、前作も読み返してみましたが、引き込まれ方が全くチガイマス。
人物設定など全ての設定が映画に合わせてあるので(当たり前だけど)、かなりの違和感でした。
映画版を批判するわけでは決してありません。
ただ、書籍の内容はそれはそれに沿って続けて欲しかったなぁと・・。
これでは1作目は何だったの??って感じです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック