バトル・ロワイアル [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,198
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
カートに入れる
¥ 4,232
通常配送無料 詳細
発売元: Media Hunting
カートに入れる
¥ 4,232
通常配送無料 詳細
発売元: happyzita
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

バトル・ロワイアル [DVD]

5つ星のうち 3.3 123件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,616
価格: ¥ 4,199 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,417 (25%)
ポイント: 1pt  (0%)  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、リズムファクトリーが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:15¥ 4,000より 中古品の出品:15¥ 950より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でバトル・ロワイアル 特別篇を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • バトル・ロワイアル [DVD]
  • +
  • バトル・ロワイアル II 鎮魂歌(レクイエム) 通常版 [DVD]
  • +
  • バトル・ロワイアル 特別篇 [DVD]
総額: ¥9,459
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 藤原竜也, 前田亜季, 山本太郎, 栗山千明, 塚本高史
  • 監督: 深作欣二
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東映ビデオ
  • 発売日 2001/09/21
  • 時間: 114 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 123件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005LPFK
  • JAN: 4988101091041
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 22,962位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

    大人の自信を取り戻すため可決された新世紀教育改革法「BR法」それは、全国の中学3年生から選ばれた1クラスの生徒たちを無人島に集め、最後のひとりになるまで殺し合いをさせる残酷なサバイバルゲームだった。

   ある日突然、42人の生徒に強制される殺し合い。歯向かえば容赦なく消され、おびえ怒りながらも与えられた武器を手に、自分たちの命をかけた殺戮(さつりく)ゲームの幕を切る。初めて味わう死と隣り合わせの極限状態で、夢、希望、願い、友情…さまざまな自分の思いと向き合いながら武器を抱えて走る彼らの姿に、凝縮された青春像が垣間見れる。

   また、ビートたけし演じる中年教師をとおして居場所のなくなった大人の憤りと寂しさも十分に伝わってくる。情けない嫌われ者教師からヒトラーさながらの冷徹殺人司令官、そしてラストに本当の心情を見せる中年男への変化をビートたけしが圧倒的な存在感で演じているのも必見。(中山恵子)

内容(「Oricon」データベースより)

“BR法”が制定された近未来の日本を舞台に、無人島に閉じ込められた中学生42人による殺し合いを描いた、深作欣二監督が贈る衝撃のバイオレンス・ムービー。出演は藤原竜也、前田亜季ほか。R-15作品。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
1作目は、2作目より面白かったです。
2作目は、まったく、面白くないのは、どんな作品でも、同じかも、知れないですね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
世紀末のベストセラー・デスゲーム小説を映像化。もう15年も昔の映画なのですね。深作欣二監督、最後のバイオレンス映画であります。
公開当時に見たきりだったのですが……あれ? こんなに面白かったっけ?
分厚い原作を110分少々にまとめたシナリオは、あちらこちらが雑だったり、気恥ずかしかったりするんですが、最初から最後まで緊迫感を維持したまま、テンポよく、だれることなく、中学3年1クラスの容赦ない死にざまを描きます。当時二十代の役者さんたちも混じっていて、ぜんぜん中学生に見えないという話もあるんですが、恐ろしいことに原作のキャラクターに比べると立派に普通の中学生に見えます。ついでに七原&典子の二人も、原作よりはちゃんと主人公らしかったりします。
公開当時はいろいろ物議を醸した映画でしたが、戦時下日本を知る最後の世代の爺さん監督が、デスゲームの形を借りて戦争青春映画を撮っちゃったという感じでして、若いうちに見るより、こちらも年齢を重ねて、少年の頃が懐かしくなる時分になってから見返した方が楽しめる映画なのかもしれませんね。日本よりも海外でカルト人気を集めているというのもいまなら納得。
時々、リメイクの話が持ち上がっては消えているようですが、日本やハリウッドより、東欧や東南アジアでリメイクしてもらう方が面白くなるのでは。
まだ十代の藤原竜也や柴崎コウ、栗山千明、前田亜季の熱演が堪能できるという点でも、充分に貴重な一作。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 そら 投稿日 2012/8/31
形式: DVD Amazonで購入
内容に関しては他の方が詳しく書かれているので、
詳しくは書きませんが・・・

私は大好きな映画です。
主演・ヒロインの二人より、柴崎コウさんと栗山千明さんの美しさに痺れました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 村上 将太 トップ1000レビュアー 投稿日 2016/2/12
形式: DVD
当時衝撃的すぎて10回以上見ました。

この作品はその残虐性からメディアでも相当とりだたされていたのを思い出します。
しかし、失敗から成功を思い起こさせるように、
命を奪うことを通じて命のはかなさ、大切さを訴えているだけで単にアプローチが逆なだけ
のような気がします。
その証拠に、人の殺し方や残虐な言葉を口にするキャラクターはいません。
一部いるとしてもすべてその「行動」で描写されており視聴者に殺しを教えるということはないです。
R15指定で物議を醸しだしましたが、大人が問題視するのが当時高校くらいの私にはアホらしく感じていました。

私が印象的だったのは、深い部分で殺し合いの中に敵味方がないこと。
悪女役の柴咲コウの最期は「わたし・・・奪う側に回ろうと思っただけよ」です。
彼女はいたずらに殺しをしたのではなく、奪われる側と奪う側の立場があるということに気づき
自分はどちらを選ぶかと問われた場合に「奪う側」を選んだだけ。
自ら選んだんです。
この時点で彼女が先天的な悪な人ではなく、極限状態の中でただ自分の選択肢を選んだだけに過ぎない
ということがわかりました。
誰もが自分はかわいいと思い、人には少し冷酷になれる。<
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
ストーリーは中々よかった。

ただ、原作と違う点がありすぎて残念。

キャストも微妙。

しかもR15と書くほどのグロさではなかったと思う。

人それぞれだとは思うがそうでもなかったという感想。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
「なあ秋也、好きな子いるか?」
「神様、もう一つだけいいですか?」
「いいか。人を嫌いになるってのは、それなりの覚悟をしろってことだからな」
「最後に、ええ友達が出来てよかった」
「どこまででもいい、精一杯でいいから走れ」

この映画は暴力的なシーンで有名ですがメッセージ色豊かで、ぜひ一度は見てほしいです。黒幕に白い文字で書かれる言葉は今でも心に残っています。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/8/14
形式: DVD
原作『バトルロワイヤル』を大胆に映画化。
原作では生徒一人一人のストーリーがあったが、映画では時間の都合上、
大部分が省略されている。時間の都合とは言え、残念だった。
しかし、ビートたけし演じる教官の最期のシーンは良かったと思う。
原作にはない、映画オリジナルの設定で、感動しました。
この映画は「中学生が殺し合う」と銘打たれているが、自分は、この映画
をただの「中学生が殺し合う」映画ではないと思っている。
自分はこの映画を見て、色々と考えさせられた。
また、エンディングテーマ曲「静かな日々の階段を」は、歌詞の内容は
さておいて、映画を見終わった後のあの雰囲気にとてもあっていて、
いい選曲だと思いました。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す