この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

バトルランナー [DVD]

5つ星のうち 4.0 27件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 59,800より 中古品の出品:1¥ 90,000より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: アーノルド・シュワルツェネッガー, マリア・コンチータ・アロンソ
  • 監督: ポール・マイケル・グレイザー
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: カルチュア・パブリッシャーズ
  • 発売日 1998/02/25
  • 時間: 101 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 27件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005G0J6
  • JAN: 4949478080021
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 100,285位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

殺人ゲームショーが高視聴率を占める近未来を舞台にした、アーノルド・シュワルツェネッガー主演によるハードアクション。

レビュー

監督: ポール・マイケル・グレイザー
原作: リチャード・バックマン
撮影: トーマス・デル・ルース
出演: アーノルド・シュワルツネッガー/マリア・コンチータ・アロンゾ
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

 荒廃した近未来アメリカではランニングマンといわれる殺人ショーが大流行していた。。。

 初期シュワルツネッガーの隠れた代表作の一つ。スティーブンキングの原作とは多少違うようだが、テレビショーの残酷さや主人公がタフに生き残ることで逆に視聴者の支持を得ていく様など見どころはたくさん。
 ラストのスッキリさせる展開もいい。テレビは視聴者が望むからという理由で何でも流していいわけではないのである。

 B級近未来ディストピア・アクション映画の教科書。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
好きだなあ、こういういかにもなB級アクション。

実のところ、男はみんなこういうのが好きなんじゃないかな。

派手なドンパチ、いかにも悪そうな敵キャラ、たいして頭を使わないでゲラゲラ笑いながら見れる単純明快なストーリー。

最高だよ。80年代のB級アクションは特に素晴らしい。

この映画はシュワルツェネッガーとアホっぽい敵キャラのバトルが良かったね。相変わらずシュワルツェネッガーは超人的に強かった。もう笑うしかないくらいのバキバキ筋肉の怪力マッチョマンだったよ。この時代のシュワルツェネッガー映画の定番だね。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
オリジナル名は"THE RUNNING MAN"です。
舞台は近未来、テレビ番組で凶悪犯罪者にでっちあげられた者の犯した(捏造された事件)数々の罪を見せ、国民感情をあおる。
国民は囚人との殺人ゲームを賭け事として若者からお年寄りまで楽しむといったまるで、マッドマックスのようなとんでもない世界。
「これは有りえないでしょ!」の連続ですが、アクションは見ごたえ有り。
視聴率のためには人の罪をもいとわない番組のメインキャストに生きて戻った主人公(シュワちゃん)とヒロインは報復に向かうところは痛快です。
有りえないから面白い映画といえます。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ランナーと名付けた犯罪者を裁くという名目で
逃げる犯罪者を狩る番組。
無実の罪を着せられたシュワちゃんがランナーに選出されてしまう。

犯罪者に人権が無ければこうなるかも・・・という設定だけど
いろいろと話がぶっ飛んでいる。
アングラな放送局ならまだしも地上波で殺人映像を流して
ワーキャー言っていざグロテスクなシーンが流れたら
目をそむけてシーン・・・と静まり返る観客。
いやそういうの期待して見てたんじゃないのかお前ら・・・
とか明らかにハンターが悪役衣装だったりといった
つっこみだしたらキリがありませんがそんな細かいところはどうでもいいのです。
全体の話の流れは漫画的で面白いですし
全て思い通りにしてきた司会の顔色が変わっていくのも爽快です。
スラム街?のようなところで賭けをしている感じもなんかありそうで良かった。

冒頭にあった説明では世界情勢がいまいちわからないですが
作中で描かれなかった軍のお偉いさんも虐殺を指示した罪で問われるのかな?
じゃないとシュワちゃんは日陰暮らしになってしまいますね・・・

一つ後味が悪かったのはなんで司会者が殺されて
観衆喜んでんの?と思い
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
事実を捏造され、誤認逮捕されたシュワちゃんが刑務所を集団脱走するけど、結局取っ捕まってしまい『ランニングマン』というデス・ ゲーム番組に出演させられるのだが、その番組もまた放送内容を捏造してて…。登場するハンター達もオモロいです。レザーフェイスみたいな奴とか。電飾ピカピカのダイナモって奴、バカ過ぎて大好き。『デスレース2000』、『バトルロワイアル』、『死のロングウォーク』などが好きな人は是非。面白い作品ですよ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
世界大戦時  考古学 冒険  といえば インディージョーンズ

未来 ロボット 人間との争い  といえば ターミネーターや ブレードランナー

のごとく 未来 情報化社会 マスメディアの扇動 といえば この映画です!

当時はインターネットの概念もなかったためか

設定は、ひたすらテレビメディアが大きな力を持ち、体制維持のための処刑番組を放送している世界です。

その番組の餌食となったシュワルツネッガーの活躍劇といってしまえば簡単な内容なのですが、

当時描かれた未来と 現実とは乖離している部分 

根本的な部分は的を得ていたと思う部分

大衆とメディアの関係 など

当時想像された未来と 実際の現在のさまざまな相違を楽しむのもまた一興だと思います
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す