数量:1
バツ彼 DVD-BOX がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: スリーブケース:多少の傷みありますが大きな傷はありません。盤面:微細なすり傷ありますが再生には問題ありません。ケース:多少のすり傷ありますが目立った傷みはありません。アマゾン配送センターから通常配送・送料無料で配送されます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

バツ彼 DVD-BOX

5つ星のうち 4.8 10件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 24,624
価格: ¥ 19,046 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 5,578 (23%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 19,046より 中古品の出品:11¥ 8,500より
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


登録情報

  • 出演: 高橋克典, 高嶋政伸, 真矢みき, 天野ひろゆき, 滝沢沙織
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 4
  • 販売元: TBS
  • 発売日 2004/12/17
  • 時間: 564 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 10件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00062J17K
  • EAN: 4900527009110
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 140,529位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

《放送日》 2004/07/01~(連続ドラマ)
《脚本》 小松江里子
《出演》 高橋克典 高嶋政伸 天野ひろゆき 真矢みき 稲森いずみ 阿部サダヲ 高林由紀子
《最高視聴率》 11.8%

Amazonレビュー

   バツがついた30代の男女が恋まみえるチャーミングな恋愛模様は、喉ごし抜群の大人のドラマ。軟派ぶりが過ぎて離婚にまで至ってしまった恭介(高橋克典)は、それでも懲りずに勤務先のアパレルメーカーではOLたちと三角関係に陥るお盛んぶり。そんな恭介に苦言を呈するのは妻に先立たれた後、息子のために再婚しなければとの使命感にかられてお見合いを繰り返すのだが、なかなかうまくいかない硬派な陽平(高嶋政伸)。大学のボート部時代から同じ役回りを演じ続けている2人は、陽平と同じマンションに引っ越してくる夏樹(真矢みき)とその手伝いに来ていた、夫との離婚調停中の章子(稲森いずみ)に出会う。
   タイトルからすると、バツがついた同士の恋のさやあてゲーム的な展開に終始するのかと思わせるが、実際はそのダメっぷりがいとおしくなるような三十路魂たちが集う友情物語の要素が色濃い(ちなみに、タイトルの「バツ」は「バツイチ」と「ダメな」のダブルミーニング)。陽平は章子のことが好き、なのに章子は恭介のことが好き。そんな3人は時に意地を張ってみたり、すべてを水に流してみたり。誰かが声を荒げるわけでもないし、何か特別なことが起きるわけでもない。そんな淡いパステル調が実に心地いい。
   お互いに主演級にしてあまりにも対照的な高橋克典と高嶋政伸を組み合わせて、そこにこれまた主演級の稲森いずみを間に挟んでくるキャスティングが絶妙。とりわけ、フラれても決してめげない恋愛ゾンビぶりがコンスタントに絶不調な陽平の堅物キャラが笑わせてくれる。(麻生結一)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

初めて、高橋克典氏の魅力を引き出すことができたドラマではないか。
例の「サラ○ーマン○太郎」のイメージに殺された感が
あった高橋氏であるが、そんなイメージをするりと抜け出している。
彼だけでなく脇役の人も含め上手くキャスティングされている。
失礼を許して欲しいが、このドラマには顔となる役者がない。
上に挙げた高橋氏でも、顔、となるには少し弱い。
真矢みきさんや稲森いずみさんでも然り。
でも、それが案外良かったのかも。
このドラマは、30代の方々の日常を切りとったものだし、
そういった人々に所謂「ドラマ」の様な出来事は起きない。
うんざりするような事に比べて、ほんの少しの嬉しい事。
そういった日常に、顔、となる人物はいない。駄目な自分だけ。
だから、もの凄くのめり込めたのかも。
ありふれた日常を素敵にしてくれるドラマ、と言えばありきたりだけど
それを皮膚感覚まで感じさせてくれたのは、
このドラマが初めてでした。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カナ 投稿日 2013/4/16
当時何で見てなかったんだろう??
高橋克典、高嶋政伸、稲森いずみ、真矢みき、それぞれのキャラがもうピッタリ!!
10年くらい前のドラマだけど、皆さん今でも活躍してるから古さも全然ない。再放送で今やってますが、このままゴールデンで放送しちゃえば?ってくらい面白いし笑えます。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
タイトルは聞いた事あったけど旦那の薦めで見ました。
レビューを見ても、もう7年以上前の作品なのに最近投稿されたレビューもあるし
意外とファンが多いのも納得!

このドラマに登場するキャラクター全員が無駄なくドラマに溶け込んでます☆
高橋克典さんは勿論、稲森いずみさん、真矢みきさん、高嶋政信さん...
皆さん良いキャラしてます。
ストーリーは割と平凡な感じで、友情・恋愛・家族の要素が楽しく生き生きと
描かれていて見てて疲れません。
タイトルからは恋愛要素が強いかも?と思われましたがどちらかと言えば私は
男同士の友情がとても印象に残りました☆3人の掛け合いがとっても楽しいです。
全くどろどろしたシーンが無いのでちょっと日常に疲れた時とかに観るのがお勧めです☆

余談ですが、このドラマで一番多く出てくる高嶋さんの自宅シーン。
いつも彼らが集まって食べる夕食のシーンが何気に好きです。美味しそう...笑
真矢さんと稲森さんが経営するショップもお洒落だしOP&エンディングの映像・音楽も
素敵です。
最高視聴率が11%代なんて信じられない...今リアルでやってるドラマよりも
何倍も面白いです!!
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Lucca 投稿日 2013/10/30
今日(2013.10.30.)まで再放送していましたね。
高橋克典が本当、いる!って感じのいい男を演じてます。
男から見たら女にだらしないいい加減な奴だけど
女から見たらツボを心得たやさしい男なんですね。
他の俳優さんじゃダメだろうなあ。

モテない男同士の自虐ネタ会話も笑えます。
高嶋政伸も天野ひろゆきもハマリ役でいい味出してます。
友情っていうとクサイんですけど、あんまり押し付けがましくなくて。

もちろんストーリーはありきたりと言えばありきたりなんだけど
(そんなに偶然に会うか?とかツッコミどころも満載だけど)
それが却ってほのぼの見られる理由かな。

この空気感は何でしょうね。
不景気とは言いつつ
今日は昨日の続きで、明日は今日の続きだということが
何の問題も無く信じられていた、震災前の作品だからですかね。

自分の30代を思い出しながら、お決まりのところで
ちょっとホロっとしつつ見てしまいました。
同年代の友達と一緒に見るともっといいかも!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 「バツ彼」である恭介(高橋克典)は、女性にモテモテ。振る舞いは大人だけど心はヤンチャ。いわゆる「少年の心をもった人」で、女性はこういう男性が好きなんだろうなと納得する魅力の持ち主。

 それに対比するかたちの親友が陽平(高嶋政伸)。性格は恭介と真逆でマジメなカタブツ、今時珍しい貞操観念の持ち主。こちらは典型的な「いい人」。シャツを必ずINしているのが、性格をあらわしてたね(笑)

 その陽平が住むマンションのご近所に引っ越してきたのが夏樹(真矢みき)。恋愛に対してサバサバしたところがあり、男性経験も豊富。雑貨店の経営者でもあり、カッコイイ大人の女性。

 夏樹の親友が章子(稲森いずみ)で、「3年も付き合ったから」という理由でマザコンの俊貴(阿部サダヲ)と結婚。しかし、俊貴の浮気が原因で離婚を進めることに。普通の恋愛をして、普通の結婚をしたが・・・。

 さらに恭介と陽平の後輩として場を盛り立てるのが、保険営業マンの正博(天野ひろゆき)。妻子もちで日々の生活に追われるが、恭介のせいで騒動に巻き込まれていくことになる。

 主にこの5人が主要メンバーとして、物語を展開していく。注目すべきは30代の恋愛ということで、恭介がバツ1・陽平が妻と死別して子持ち・夏樹がアラフォーの経営者・章子が
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック