中古品:
¥ 1,600
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯あり。 店舗併売在庫のため万が一品切れの場合は速やかにキャンセルさせて頂きます。 月曜・火曜以外は毎日発送!※複数同時購入の場合、2点目以降の送料は全額返金致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ

5つ星のうち 4.8 24件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 5,296より 中古品の出品:2¥ 1,600より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の シゲティ(ヨーゼフ) ストア


キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • 演奏: シゲティ(ヨーゼフ)
  • 作曲: バッハ
  • CD (2004/5/19)
  • ディスク枚数: 2
  • レーベル: 日本コロムビア
  • 収録時間: 149 分
  • ASIN: B0001Z2X4A
  • JAN: 4988001944546
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 59,938位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第1番ト短調BWV1001
  2. 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第1番ロ短調BWV1002
  3. 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第2番イ短調BWV1003
  4. 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番ニ短調BWV1004
  5. 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第3番ハ長調BWV1005
  6. 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番ホ長調BWV1006

商品の説明

メディア掲載レビューほか

巨匠シゲティの歴史的録音。当時彼は60代後半で、技術的な衰えは明らかだが、日本では長い間、演奏の「精神性」を語る上でひとつの規範されてきたもの。
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
 この曲は星の数程CDがあり、普段はロマン派しか弾かないような人までこぞって弾いていますが、歯を食いしばり、眉間に青筋立てて弾いているような演奏が多くて困り果てています。演奏家にも聴き手にも苦痛を強いる事をバッハは望まなかったはずですし、音楽が芸術として神聖視される以前の音楽です。かと言って曲芸師のように軽々と弾き倒されても有り難くありません。シゲティの演奏はドイツ音楽に求められる重厚さと深遠さ、胃もたれしないで聴ける適度な軽快さのバランスが一番よく取れていて、驚くべき事にノン・ヴィブラートでイン・テンポ、感情を込めすぎないと言う、後にバッハ演奏の基本となる事柄を守って演奏しています。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
40年ほど前、ヴァンガードレーベルのLP3枚組を買って、その熱い演奏に引き込まれて良く聴いた。CDの時代になっても、これを聴くことがある。最初から最後まで一本の筋金が入っている演奏である。

リズムやテンポが崩れていないことが、バッハ演奏の基本だと思う。いくら美しい演奏でも、テンポやリズムが崩れている演奏は、聴くに堪えない。シゲッティの演奏は、演奏時間が、ズスケ(153分)に次いで長いのに(149分)、フレージングが絶妙であるのため、テンポが緩んでいるとか、リズムが崩れているとかという感じを受けない。

演奏は聴衆の為のものでなく、勿論演奏家の為でもない。作曲家の魂の再現といえば一番近いであろうか。

シゲッティの演奏は、深いところでバッハの魂と触れ合っている演奏であると思う。何度聴いても飽きることがなく、新しい発見がある。響きが間近にある感じだが、マスターテープを忠実に再現しているからであろう。いいものは良いとしか言いようがない。

バッハは、この曲と、「無伴奏チェロ組曲」によって、従来の作曲技法の枠を超えたのではないかと、演奏を聴きながらいつも思う。頻繁に多用される重音は、通奏低音の名残りかと思ったりもする。

私が愛聴しているのは、シゲッティと、端正なリズムで真正面からバッハと
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 「精神性」があるないなどという怪しげな話は、別にして、もう一度聴きたいという不思議な引力をもった演奏。キーボードを叩く手が止まり、聴きこんでしまう。もう一度聴きたい!それで十分。怪しげな言葉は不要。名盤とされているミルシュテインや、シェリングでは、こうは感じなかった。これからは、シゲティを聴くと思う。
 技術的に衰えがある・・と、これまた、パターン化された評があるが、普段からアマチュアオケの下手なヴァイオリンを聴きなれた耳には、十分上手。
 音は、モノラルだが、ノイズリダクションを掛けないで、一切いじらずに、丁寧に復刻してあり、データも充実。パルティータ1番が、55年7月で、一番古くて、ちょっとハイ落ちになるが、3ヵ月後録音のソナタで、ぐっと音が良くなる。マスターテープそのままを生かしている、証拠だ。最新デジタル録音のヴァイオリンの音との比較を超越してる。音楽的に良い音。
 愛聴することになると思う。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
シゲティのバッハはただの拙演ではないです。

ホロショフスキーとのモーツァルトのヴァイオリンソナタを聴けば、

この録音以上にシゲティの良さが実感できると思います。

そこにはバッハとは明らかに違う、雅やかな音色のシゲティを聴くことができます。

つまりシゲティは単に下手なのではなく、個々の作品の本質にあわせしっかりと演奏しているのです。(とはいっても技巧とは無縁ですが)

これは虚飾を排した演奏ですので、シェリングやミルシテインといった趣の

流麗な演奏ではありません。

それに違和感や不満を抱かれるのはわかります。

しかし、絵画でも美しいものだけが人々から好かれているわけではないでしょう。

西洋絵画でいえばアングルの様な画家もいれば、ゴッホの様な画家もいます。

美しいだけではない音楽にも価値を認めた方が、いろいろと人生に楽しみが増えるのではないでしょうか。

虚心坦懐に耳を傾けて自分で価値を判断して欲しい一枚です。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー