数量:1
バッハ/ブランデンブルク協奏曲<全曲> がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 Ten屋
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ケースに多少スレがあります。ブックレットと帯は薄いヤケを感じますが、その他の目立つ汚れや傷みはありません。盤面には2枚ともスレが多少あります。クリスタルパックで包装しています。クリスタルパックで包装しています。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

バッハ/ブランデンブルク協奏曲<全曲>

5つ星のうち 4.6 17件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,356
価格: ¥ 3,326 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 30 (1%)
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の ブリュッヘン(フランス) ストア


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • バッハ/ブランデンブルク協奏曲<全曲>
  • +
  • バッハ:管弦楽組曲
  • +
  • バッハ:チェンバロ協奏曲集
総額: ¥7,179
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 演奏: ブリュッヘン(フランス), レオンハルト(グスタフ), ダール(ルシー・バン), ビルスマ(アンナー), ドンブレヒト(ハウル)
  • 指揮: レオンハルト(グスタフ)
  • 作曲: バッハ
  • CD (1997/11/21)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ソニー・ミュージックレコーズ
  • 収録時間: 99 分
  • ASIN: B00005G7Z2
  • EAN: 4988009210735
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 48,133位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. 協奏曲第1番ヘ長調 BWV1046 I.[-]
  2. 協奏曲第1番ヘ長調 BWV1046 II.Adagio
  3. 協奏曲第1番ヘ長調 BWV1046 III.Allegro
  4. 協奏曲第1番ヘ長調 BWV1046 IV.Menuetto-Trio-Polonaise-Menuetto-Trio
  5. 協奏曲第2番ヘ長調 BWV1047 I.[-]
  6. 協奏曲第2番ヘ長調 BWV1047 II.Andante
  7. 協奏曲第2番ヘ長調 BWV1047 III.Allegro assai
  8. 協奏曲第3番ト長調 BWV1048 I.[-]
  9. 協奏曲第3番ト長調 BWV1048 II.Adagio
  10. 協奏曲第3番ト長調 BWV1048 III.Allegro

ディスク:2

  1. 協奏曲第4番ト長調 BWV1049 I.Allegro
  2. 協奏曲第4番ト長調 BWV1049 II.Andante
  3. 協奏曲第4番ト長調 BWV1049 III.Presto
  4. 協奏曲第5番ニ長調 BWV1050 I.Allegro
  5. 協奏曲第5番ニ長調 BWV1050 II.Affettuoso
  6. 協奏曲第5番ニ長調 BWV1050 III.Allegro
  7. 協奏曲第6番変ロ長調 BWV1051 I.[-]
  8. 協奏曲第6番変ロ長調 BWV1051 II.Adagio,ma non tanto
  9. 協奏曲第6番変ロ長調 BWV1051 III.Allegro

商品の説明

内容(「CDジャーナル」データベースより)

オリジナル楽器を用い,小人数での演奏によるブランデンブルク協奏曲全集。指揮兼チェンバロのレオンハルトをはじめ,クイケン,ビルスマ,ブリュッヘンらの名手が揃い,各々のソロやデュオにも魅力豊かな場面が散見され,優雅で洗練された演奏が続く。


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 tupichan-wilbury VINE メンバー 投稿日 2003/6/19
形式: CD
 ブリュッヘン、クイケン兄弟、ビルスマそしてレオンハルトら、現在はそれぞれが独立し大家と化している奏者らが一堂に集まっていた頃の録音。ほとんどの楽器が奏者1名づつに配しているために、全曲においてソロやデュオを聴いているようです。スケールの大きな曲ですが、実は奏者も聴き手も楽しみながら耳を傾ける身近な曲だという事を改めて確認できるアルバムです。
 特に好きな曲は第6番の第2楽章。これは最近コンタクトレンズのコマーシャルに使われました。しかもその演奏がこのアルバムの演奏を彷彿とさせるような小編成によるものです。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
瑞々しい、明晰な、幸福なブランデンブルグ。
超メジャーな第3番は、わきあがる弦の官能的な響きが、どきどきするほど美しい。
第5番のレオンハルトのチェンバロの精緻さと気高さたるや、ほとんど神の御手。チェンバロがすべてを統べ調和させている。
この中欧的なぬくもりは、フェルメールの画みたいだなぁと感じます。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
この曲の演奏では永久欠番として君臨しているこの録音は、
もう古楽とか関係なしに、音楽的に素晴らしい。
とにかく若々しく切なくて、ノッてます。楽しいの一言。

ブリュッヘンも光ってますが、総帥レオンハルトも三番ではすっかり
弦楽にのせられてしまい、ほとんどむきになって弾いてる感じw
音楽って素晴らしいなぁ、と常に感じさせてくれる最高の演奏です。

なお、この演奏は以前からずっと定番ですが、ソニーから97年に再発売
されたこのCDでは、ところどころ音が新しくなってます。
特に一番の金管なんか驚くほど変わってて、新たな発見がありました。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
録音からかなりの時期が経っていますが、この演奏をしのぐものは今だ現れていません。それと言うのも、オランダにおける古楽復興の中心人物達がメンバーの大部分となっているからで、そこにレオンハルトの指揮が入れば名演奏が出来ないはずがありません。近年はイギリスを中心に新たなブランデンブルクの録音が続出してはいますが、いずれもこの録音と比べるとどうしても引け目を感じてしまいます。それぞれの演奏者の腕前も素晴らしいのですが、作品に対する解釈がずば抜けて秀でています。それはやはりバッハの世界一の専門化と言っていいレオンハルトならではのものでしょう。とにかく、それまでの現代楽器の室内楽による堅苦しい演奏とは一線を隔しています。少人数の編成は軽快で、リズム感に満ちて楽しめます。細かい作品の部分にまで細心の注意を払っての演奏は、もっと評価されていいものと思います。とにかく、ブランデンブルクをこれから聴きたいという方にも、是非ともお勧めできます。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sasabon #1殿堂トップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/11/25
形式: CD
レオンハルトの指揮なのですが、チェンバロ奏者としては第3番から第6番まで参加しており、第1番と第2番はボブ・ファン・アスペレンなので少し聞き劣りします。
2枚目に入ると、ブリュッヘンのブロック・フレーテが実に存在感のある演奏を繰り広げています。クイケンも負けずと旋律を華麗に歌いあげ、協奏曲の醍醐味を存分に味わえました。

一番の聞きどころは、有名な第5番でしょう。躍動感と輝かしさに満ち溢れ、血が存分に通っているバッハが繰り広げられています。レオンハルトってやはり名手ですね。フラウト・トラヴェルソのブリッヘンとの掛け合いのパートなどは、丁々発止の雰囲気が如実に伝わってきました。名盤の誉れが高く、1976年の録音時点から30数年経ちましたが、ピリオド楽器演奏の最高峰として今も君臨しているアルバムなのは、第5番を聴けばすぐに理解できることでしょう。
6分40秒から始まるチェンバロの長く華麗なカデンツァ演奏はたまりません。バロック音楽って、バッハの音楽って、という先入観を吹き飛ばすような達者でかつ血が騒ぐような演奏です。3分間続くレオンハルトのカデンツァの後、冒頭のテーマに戻る快感は何物にも代えがたいものがありました。

第2楽章の抒情性が伝わってくる演奏は名人たちの個性を消さずに、音楽の構造をくっきりと浮かび上がらせた演奏です。
...続きを読む ›
2 コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
私には難しい理屈はわかりませんが、オリジナル楽器による演奏は年々
テンポが速くなっている気がしました。

ラインハルトゲーベル指揮のブランデンブルク協奏曲は確か90分程度。
これに対しこのセオン盤は99分。ちなみに私が初めて買ったモダン楽器
のミュンヒンガー盤は106分ぐらいあった気がします。

これだけ総演奏時間が違うと、曲の印象が全然違ってきます。
セオン盤は、第1番、第2番のテンポがスローに感じられ、どことなくホッ
とします。牧歌的と言う言葉がぴったりときます。

第4番のリコーダー、澄んだ音色が印象的です。
第5番のチェンバロ独奏部分、レオンハルトの独壇場です。思わず聴き
入ってしまいます。

今まで9種類ほどのブランデンブルクを聞きましたが、テンポ、音色、
演奏家の存在感といった点で私の中ではベスト盤です。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック