バッド・エデュケーション [DVD] がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 KJ store
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 正規品★DISK、ケースのセット。ケースにわずかなスレ等があります。その他おおむねキレイです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

バッド・エデュケーション [DVD]

5つ星のうち 4.6 30件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,543
価格: ¥ 1,199 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 344 (22%)
残り3点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、@ワールドが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 1,199より 中古品の出品:3¥ 650より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でバッド・エデュケーション (字幕版)を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • バッド・エデュケーション [DVD]
  • +
  • 私が、生きる肌 [DVD]
総額: ¥3,179
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ガエル・ガルシア・ベルナル, フェレ・マルチネス
  • 監督: ペドロ・アルモドバル
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: スペイン語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日 2009/01/28
  • 時間: 105 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 30件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001MC02RG
  • EAN: 4527427642751
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 43,695位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

ペドロ・アルモドバル監督の半自伝的物語にして、究極の愛を表現した最高傑作!愛情、裏切り、悪意など人間らしい感情を斬新な映像美で描く。1980年、マドリード。新進気鋭の映画監督エンリケのもとに、イグナシオと名乗る美貌の青年が映画の脚本を手に突然あらわれた。彼はエンリケの少年時代の神学校寄宿舎での親友。あまりに変わった友に疑いを感じながらも、脚本の内容に惹き付けられていく…。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
「オール・アバウト・マイ・マザー」
では女性の愛の深さと強さを
「トーク・トゥ・ハー」
では男性の視点からの愛の儚さと希望を、
それぞれ描いてきたペドロ・アルモドバル監督ですが、

この作品ではまた違ってほとんどが「男性」だけで構成されています。
ただ、いつも通りゲイであることが根底にはありますが。

これまで見てきた監督作の中で、一番サスペンス要素が強い作品。
解説には「監督の半自伝的作品」とあるので、実際にこんな経験を10歳でしてきたの?

と思わずにはいられませんが、
まぁ、そこは大いに脚色がなされていることでしょう。

それをさておいても、
男同士の愛と裏切り、別にこれが男女であってもいい。
だけど男同士であることが、倫理的にも、特に神学校で行われていた、ということが、
物語の業の深さを物語っていると思います。

そして俳優の演技力。
ガエル・ガルシア・ベルナルの、いわば一人三役の演技には脱帽です。
特にゲイ役はハマりすぎ。
確かに、「イグナシオ」として登場するときは、すこしふっくらとした体型。
でも、ゲイとしての「イグナシオ」はほっそり
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yukkie_cerveza #1殿堂トップ500レビュアー 投稿日 2005/10/5
形式: DVD
 1980年、映画監督のエンリケを俳優のアンヘルが訪ねてくる。アンヘルとは芸名で、実は彼はキリスト教系の寄宿学校時代の友人イグナシオだと言う。アンヘルが映画化してくれと置いていったシナリオ「訪れ」には、彼ら二人と寄宿学校の校長・マノロ神父との秘密が綴られていて…。
 ミステリー仕立てで特異な愛情について描いた物語です。アルモドーバル監督らしくこの上ないほど淫らで切ない、だからこそ、賛否両論を呼ぶこと間違いない映画です。
 アルモドーバルはゲイであることが今や公然と語られている人物です。オープニングタイトルは実にスペイン的な原色鮮やかなアニメーションが続くので、その色合いにばかり目が向きがちでしょうが、実は屹立した男性器や口淫性交の落書きがタイトル・バックに既に描かれています。ことほど左様にこの映画の男色描写は一般映画としてはかなり苛烈です。そのことにかなりの抵抗を感じる人がいるかもしれません。
 しかし、この映画が社会通念上の倫理観に真っ向勝負をかけているように見えるのには理由があります。そのことを読み解くために、この映画の時代設定を考慮する必要があります。
 イグナシオとエンリケが少年時代を過ごしたのは1960年代。スペインはまだフランコ独裁政権下にあります。そして当時の教会の権威は絶対的なものでした。そうした旧体制下の価値観のもとで虐待を
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
今や世界的な映画監督、巨匠であり、且つゲイであることを公にしているアルモドバル監督の自伝的映画。彼が少年で神学校の生徒だった頃、スペインはフランコ政権による独裁政治でのため、空気は抑圧に満ちていたのだという。これはこの映画を知る上で重要な前知識になる。

1980年スペイン。主人公、新進気鋭の映画監督エンリケ(監督自信)の前に突如現われた神学校時代の旧友イグナシオは、脚本を持参した。恋しあいながらも二人を引き裂いた暗いできごと、それは神学校でのタブーを暴く、ストーリ−でもあった。
彼の突然の出現と自分のキャスティングへの要求にに戸惑うエンリケだったが、やがてイグナシオの隠された過去に足を踏み入れていくと、そこから男同士の
愛情と憎しみ、そして悲しみが入り混じった人間関係の始まりだった。。

サスペンス色も強いのだが、劇中劇の形で明るみになる、 マノロ神父が引き起こすタブー。
ここに焦点をあてたい。
この映画は、マノロ神父が象徴する旧体制・抑圧者の弾劾から始まるように思える。
忌まわしい事件が起こった時には少年だった二人は、お互いに成長し、
金を要求するということで復讐を果たし、力関係の変化を見せつける。

明らかにかつて自分を抑圧したものへの復讐は成功したかに思え
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
映画監督エンリケの所に脚本を持ち込んできた元親友イグナシオを名乗る青年。
二人の過去をベースにした内容で、俳優志望のイグナシオはサハラという役を得るために
エンリケに取り入ろうとします。
彼は本当にイグナシオなのか、そして彼が持ち込んだ脚本「訪れ」に書かれていることは
真実なのか、、、?

ガエル・ガルシア・ベルナルの演技が抜群にうまい!
美しい顔立ちで、アイドル路線をひた走りそうなイメージがあるのに、
一癖も二癖もあるアルモドバル監督の映画に主演し、しかも相当な度胸を要する役柄。
彼は今後、ジョニー・デップのような俳優になっていくのではないか、と多いに期待させられます。
非常に凝った作りで、現在と過去、嘘と真実が幾重にも折り重なり、最後まで飽きさせない展開です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック