中古品:
¥ 392
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: レンタル落ち!
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

バットマン フォーエヴァー 【字幕版】 [VHS]

5つ星のうち 3.7 37件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【ワーナー・ストアはこちら】 - 『ブルーレイ2枚で3,000円セール』 や 『海外TVドラマ 1,980円』 など最新のセール情報はワーナー・ストアへ

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。


登録情報

  • 出演: バル・キルマー
  • 監督: ジョエル・シュマッカー
  • 形式: Color, Subtitled
  • テープ数:: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • VHS発売日: 1996/08/08
  • 時間: 122 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 37件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005HD0I
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   新たな悪の勢力が、ゴッサム・シテイに出現した。「虚飾」と「邪悪」の2つの顔をもつ男、トゥーフェイス。そしてコンピュータスペシャリストのリドラーである。われらがバットマンには助手ロビンがつき、ペアで悪と戦っていく。
   スーパーヒットシリーズ『バットマン』の第3弾である。本作では、バットマンにヴァル・キルマー、トゥーフェイスにトミー・リー・ジョーンズ、リドラーにジム・キャリー、そして監督にジョエル・シューマカーと、主要スタッフとキャストを一新した。また、ロビンには『三銃士』の若手クリス・オドネルが、バットマンに恋する美しき心理学者をニコール・キッドマンが演じる。加えてバットスーツもメタリックになり、ゴッサム・シティの造形やバットモービルまでフルモデルチェンジ。テンションもスピードもさらにグレードアップした。(アルジオン北村)

レビュー

スタッフ、キャスト、デザインが一新された、シリーズ第3弾。敵役、トゥー・フェイスに『逃亡者』のT・L・ジョーンズ、リドラーに『マスク』のJ・キャリー。
-- 内容(「VIDEO INSIDER JAPAN」データベースより)

製作: ティム・バートン/ベンジャミン・マクレガー・スコット
監督: ジョエル・シューマッカー
音楽: エリオット・ゴールデンサル
出演: ヴァル・キルマー/クリス・オドネル/ニコール・キッドマン/ジム・キャリー/トミー・リー・ジョーンズ/ドリュー・バリモア
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray
前作のバットマンリターンズが評価は良かったもののあまりにTバートン監督のダーク趣味に走り過ぎた感があり、制作側がこのまま続けるとヤバいと感じたのか、Tバートンは制作総指揮に回り(実質名前だけで何もしてないと思われる)、キャストを一新、監督もマニア臭のない職人監督のジョエルシュマッカーが担当している。
バートンのダークディズニー的なゴシック趣味は一層され、原色を強調したまさにアメコミらしい派手な世界観が押し出されている。60年代のTVシリーズのバットマンをこちらは正当に引き継いだ感じがする。
バットマン役はこの人がやっていたことなどもう誰も覚えていない・・というか彼自体もう誰も覚えていない感のあるバルキルマー。現在タダのデブになっているがこの頃は筋肉質で、初代バットマンの神経質そうなマイケルキートンとは正反対のまさにアメコミって感じでけっこう様にはなっている。
適役は当時飛ぶ鳥を落とす勢いだったジムキャリーのナゾラーとダークナイトで登場した時とは全く別人キャラのトミリージョーンズのトゥーフェイス。今から見るとやはり本作はジムキャリーの漫画そのままも派手な動きが一番の見所かなという気がする。
本作の完全娯楽路線がそこそこ成功したので次作で更にこの路線推し進めたら大失敗して暫くバットマンが制作打ち止めとなってしまうが、単独作品として見ればそこそこ楽しめる娯楽大作にはなっている。見て損はない作品だ。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 SS 投稿日 2003/5/24
形式: DVD
このDVDは出演者、特に脇役の演技に興味があり購入しました。そういった意味ではまったく期待を裏切らない出来でした。
ジム・キャリー、トミー・リー・ジョーンズの演技は最高です。(ジム・キャリーは相変わらずの脅威的な演技!!彼がリドラーに変化していくときの演技は本当に印象的です。)トミー・リー・ジョーンズのトゥーフェイスも普段の無口な役柄とはがらっと異なり、大変魅力的。また心理学者役でバットマンの恋人を演ずる二コール・キッドマン、ちょっと端役かもしれませんが、ドリュー・バリモアもとっても素敵です。こういった出演者の演技がこの作品に大きくプラスしていることは間違いありません。
でももしあなたが、これらのスターのファンでないなら、一人につき星0.5個ずつ割り引いて上の評価を見てください。それほど、ストーリーや特撮には見るべきものがありません。出演者のファンのための作品と考えてもらえればわかりやすいかと思います。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
ヴァル・キルマー、クリス・オドネル、トミー・リー・ジョーンズ、ジム・キャリー、ニコール・キッドマン、ドリュー・バリモア等今では実現出来ないくらい豪華な俳優達が集結しています!

前二作とは雰囲気をガラッと変え、かなり明るい映像、音楽、演出になっていますが。それに伴いアクションも派手になっています。
バッドモービルや小道具は中々カッコイイと思います。しかし、やっぱり乳◯の付いてるバットスーツは頂けません!!
あと声優に竹中直人は止めた方が良いですね。下手とかではなく、ヴァル・キルマーに合わなさすぎです。

ティム・バートン版が、好きな方はフォーエバー、&ロビンを嫌う傾向があるみたいですね。私も&ロビンはあまり好きではありません。しかし、この作品はリターンズより好きです!

ファミリーで楽しむにはもってこいの作品ではないでしようか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
バットマンの映画は新旧7作あるが、旧シリーズの後半J.シュマッカー監督の2作品は、T.バートン監督の2作品が有名なために注目度が低い。3作目「フォーエバー」の主役が薄めのV.キルマー、4作目が濃い目のJ.クルーニーと役柄のイメージが180度転換したのも災いしている。かような訳でなおさら影の薄い3作目だが、よく見直してみるとこれが意外に悪くないのである。バートン版バットマンのダークさはあくまでバートンワールド、ノーラン版バットマンのリアルさはフィルムノワール。本来のコミックワールドのバットマンとは、ある意味別世界の映画版といえる。その中の立ち位置で言うと、7本の映画のうち一番うまくコミック調を生かした映画化が「フォーエバー」ではないかという気がする。サイケな蛍光カラーを強調した闇夜の街のデザイン。相棒ロビンの登場、リドラーとトゥーフェイスのW悪役のキャラと登場人物も豊富で、それぞれがいい味を出している。最新作「ダークナイト・ライジング」のあまり面白みのないベインなどと比べたら、J.キャリーとT.L.ジョーンズの悪役演技は圧倒的に面白い。このオーバーアクトもこの映画のイメージにピッタリ。女優陣もバラエティ豊富で、チェイス博士のN.キッドマンはオーソドックスな美人ヒロインだし、トゥーフェイスの助手役でD.バリモアも出ている。というわけで、結構オールスターキャスト。すべてのバットマン映画の...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック