この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

バットマン ビギンズ [UMD]

5つ星のうち 4.1 267件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:6¥ 149より

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でバットマン ビギンズ (字幕版)を今すぐ観る ¥ 300 より

Amazon.co.jp限定特典はオリジナル杖ペンとメモ帳セット
『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 商品をチェック

キャンペーンおよび追加情報

  • この商品は“UMD Video”対応ソフトです。“UMD Video”ソフトは、携帯型ゲーム機「PSP(プレイステーション・ポータブル)」で楽しむことができます。DVDではありませんのでご注意ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: クリスチャン・ベール, マイケル・ケイン, リーアム・ニーソン, ケイティ・ホームズ, ゲイリー・オールドマン
  • 監督: クリストファー・ノーラン
  • 形式: Color
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2005/11/25
  • 時間: 140 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 267件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000BKJLPO
  • JAN: 4988135565617
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 260,256位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   1989年から97年にかけてティム・バートン、ジョエル・シュマッチャー監督が手がけた「バットマン」シリーズが、新しいスタッフ、キャストの手で復活。しかもこれまで描かれなかった、バットマン誕生の秘密が物語の中心だ。これは新鋭クリストファー・ノラン監督が、バットマンというキャラクターの原点を丁寧に描ききった作品である。
   昨今のハリウッド映画らしく、CGやVFXを駆使した迫力のある映像もふんだんに見られるが、ドラマとしての見どころは、バットマンとなるブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)とウェイン家の執事であるアルフレッド(マイケル・ケイン)との、主従関係を超えた絆で、そのやりとりは感動的でさえある。影の同盟のリーダーに扮する渡辺謙は出番こそ少ないものの、その圧倒的な存在感は際だっている。映画は宿敵ジョーカーとの対決を示唆して終わるが、ティム・バートン監督の89年版とはストレートにつながらない、パラレルな世界観。(斉藤守彦)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

アメリカの人気コミックを元に実写映画化したヒーローアクションシリーズ「バットマン」の最新作がUMD版でリリース。両親を殺されたトラウマを抱えるブルース・ウェイン。その後の彼が“バットマン”になるまでの知られざる過去を明らかにする。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray Amazonで購入
内容はあえて書きませんが、ジャケットに「五つ星の面白さ」などとつまらないことを入れないでほしかった。やたら日本語が入ったり宣伝文句が入るとダサくなってしまう。がっかりしたぞ。
コメント 196人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
あんまり期待していなかったですが、

かなりよかったです。

ティム・バートンのバットマンと比べて、リアリティが

ありますね。それに、バートンのは、いかにも、バートン流

の世界を再現していましたが、このビギンズは、現実味をできるだけ

残しつつ、アメコミの世界を再現するという、結構、至難の業に

挑戦しているように見えます。

とにかく、バットマン役のクリスチャン・ベールのドスの利いた

声が、映画全体を引き締めています。

一方、プロットは、かなりおかしな点もたくさんあるのですが、

バットマン誕生物語としては、大変よくできていると思います。

クリストファー・ノーランらしさ、がちょっと少ないのが残念。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
クリストファー・ノーランの”ダークナイト3部作”の第1作目はバットマン誕生譚を描く。旧シリーズの持つどこか能天気な明るさはここではすっかり影を潜め、暗く沈鬱な物語が繰り広げられる。

テーマはその後の第2作、第3作にも引き継がれて行く人間が持つであろう根源的な二極性の対立で、究極の善と悪の対立と選択が重苦しく展開する。その中で、怒りと許し、復讐と自制、恐怖と勇気、そして自警と治安が激しくぶつかり、矛盾をし、爆発する。これはアメコミとアクションの衣を借りた哲学ではないか。

哲学は”影の同盟 (the League of Shadows)”のリーアム・ニーソン演じるヘンリー・デュカード(として最初は登場する)とブルース・ウェインとの激しい修行の中での対話に特に現れる。デュカードが言う。”もし自身を人間以上の存在にできたら.... そして、理想に身をを捧げることができたら... そして、彼らはもうお前を止めることができないとしたら... その時、お前は永遠に何か別のものになる”。ブルースが問う、”それは、つまり?” ”そう、伝説だ、ウェイン”。ヒマラヤの奥地で繰り広げられる会話はまるで禅問答のように、明確な答えが見つからないまま重い緊張感を持って続いて行く。

ぎりぎりのところで悪に堕ちず、善を選択したブルースは、影の同盟の悪
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
本作の特筆すべき点はバットマン誕生に至るまでの丁寧に語られるストーリーです
ゴッサムシティの中心企業の御曹司であるブルースウェインがなぜ後のダークヒーロー「バットマン」へと変貌を遂げたのか、
彼はどこで戦いの術を学んだのか、彼が抱える心の闇・・・胸の中に秘めた「恐怖」とは何なのか
その全貌がとにかく丁寧に描かれている作品です
その為バットマンとしてようやく姿を見せるのは中盤ぐらいからなので人によっては少々退屈気味な作品でしょうが、「バットマンってどんなキャラクターなの?」という初心者にはうってつけの作品と言えるでしょう
ただしここで描かれているストーリー・設定全てが、全てのバットマン関連作品と共通しているとは限らないので、そこは注意するべきところです

飽く迄もこれは個人的な意見ですが、自分にとってクリスチャンベールのバットマンは未だに違和感を感じざるを得ないのです
やたら爽やか過ぎていて「ダークナイト」からのバットマンはその戦いぶりを含めても貫禄も何も感じられないし、バットマンの持っているはずの「狂気」が全く伝わらない
確かに従来のバットマンは人を殺しません
でも殺さない程度に何でもやるずる賢さ、冷酷さ、その姿勢が今現在の従来のバットマンだと自分は考えています
このシリー
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
ジャケットの、よりにもよって表に「五つ星の面白さ」などと書き込んだセンスの無い馬鹿のせいで台無し。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
C・ノーランの描くバットマンは、前4作とは全くイメージの違うダークな世界観に満ちている。ティム・バートンらが創りあげたバットマン像は、いわゆるアメリカンコミックのヒーローとして、アメリカ人なら理解できるような笑いを盛り込んだ娯楽作だったが、バットマンの誕生に踏み込んだ本作は、1分たりとも見逃せないド迫力のダークアクション映画になっている。バットマンの基本動作が「柔術や忍者」なんてもの凄い発想だが(笑)、抜群の語り口で観客を納得させてしまうのはさすがである。監督が参考にしたのは過去4作ではなくR・ドナー版「スーパーマン」だそうだが、豪華絢爛たる出演者たちも、そのイメージで起用したそうだ。C・ベイルのバットマンは最高にイカシテいるが、他にもL・ニーソンとG・オールドマンの配役にニヤリとさせられたり、M・ケインやM・フリーマンの完全な演技に唸らされたり、あっという間の140分である。渡辺謙は出番こそわずかだが、この役がなければバットマンも生まれていなかったかもしれず、重要な役どころである。少しだが殺陣も見せてくれるので、お見逃しなく。ラストシーンが見事に次作「ダークナイト」に繋がるのも鮮やかであった。文句なしの星5つ。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す