日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

バック・トゥ・ザ・フューチャー (字幕版)

 (1,819)
8.51時間56分1985PG12
カデミー賞受賞製作者のスティーヴン・スピルバーグとロバート・ゼメキスがお届けする「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は3部作の映画として大成功した作品の一つ。変わり者のドク・ブラウン(クリストファー・ロイド)が造り上げたデロリアンのタイムマシンで1955年にタイムトラベルしてしまったティーンエイジャーのマーティ・マクフライ(マイケル・J・フォックス)。そこでマーティが直面するハプニングにより彼自身の未来が消えてしまう危険にさらされ、そうなると彼は未来に帰れなくなってしまう。革新的な特殊効果とドラマチックな音楽、そしてアクションが満載のこの作品は、永遠の青春アクション傑作だ
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
Prime Video視聴でBOSE製品が10%OFF

キャンペーン期間中Prime Videoを視聴すると、BOSE対象商品で使用可能な10%OFFクーポンの特典が受けられます。詳細はこちら

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
トーマス・F・ウィルソンクリスピン・グローヴァークローディア・ウェルズ
プロデューサー
ボブ・ゲイルニール・キャントン
提供
NBC Universal
レーティング
PG12対象
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち4.6

1819件のグローバルレーティング

  1. 75%のレビュー結果:星5つ
  2. 14%のレビュー結果:星4つ
  3. 7%のレビュー結果:星3つ
  4. 1%のレビュー結果:星2つ
  5. 3%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

N2018/04/21に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
名作
確認済みの購入
車がタイムマシンになってタイムトラベル、
過去に行って知った人の昔の姿に対面、
過去の歴史に介入して自分の都合の良いように未来の歴史を書き換えてしまう、
そこでドタバタ劇。

当時としては夢のある話を上手く楽しく映画化した名作ですね。

1985年の作品ですが、今観ても楽しいです。
名作はいつまでも色褪せないことを再認識。
80人のお客様がこれが役に立ったと考えています
アルゲマイネ2018/06/17に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
これぞ映画の中の映画!!
確認済みの購入
娯楽性が高いにもかかわらず、観終わってスカッと爽やかな感動と勇気をもらえる作品・・・たとえば「カサブランカ」・・・たとえば「インディー・ジョーンズ・シリーズ1~3」・・・「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は、これらと肩を並べる、「これぞ映画の中の映画」と言いうる作品です。

もう何度もご覧になった方ばかりかもしれません。しかしこの作品は、何度観てもその度ごとに爽快さを感じさせ、観る者の中に眠っている冒険心を掻き立て、その度ごとに勇気をもらったと感じさせるのではないでしょうか。それでこそ映画、それでこそ名作です。

まだご覧になっていない方、1985年の作品だから・・・と敬遠されている方が、もしいらっしゃるなら、こうお勧めしましょう・・・このタイムトラベル作品の感動は時空を飛び越える。映画というものの素晴らしさは、この作品が教えてくれる・・・と。何度でもご覧ください。
70人のお客様がこれが役に立ったと考えています
RRR2018/05/06に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
やっぱり超かっこいい!!
確認済みの購入
最高だよな〜!!!
そうそうこの感じ!って思いながら久しぶりに観た。
マーティーはもう50才かあ。
30年以上も前の映画なのに、こんなに面白いってすごい。
子供の時に観たときと印象が違うところが結構あって、マイケルJフォックスがあんなにかっこいいとは思わなかった!
こどものときは、なんかただの外人さんという感じで観てた。
あと、この歳になるとビフに同情してしまうことに気づいた。哀れ。
58人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Ellen2017/08/08に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
英語の学習資料として最適!
確認済みの購入
英語の学習資料として購入しましたが、めっちゃいいです!
マーティのフランクで気の利いた言い回しや、ドグの独特のイントネーションが頭に残って自然と口から出てきます(笑)

使われている単語は簡単なものなので、洋画を使って英語の勉強をしたいという方には最適なはずです。

楽しみながら聞き続けて、マーティになった気分でセリフを言っていると、自然と口から英語が出てくる。
飽きずに続ける英語の勉強法として、この映画は最高の素材です。
58人のお客様がこれが役に立ったと考えています
ゆうくん2020/01/21に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
将来も孫と観たくなる実写タイムトラベル・エンタメ映画の金字塔
確認済みの購入
総指揮スピルバーグ、監督ロバート・ゼメキスの1985年公開、世界興行収入4億ドルのエンタメ映画史では化け物的傑作で、1989年迄のシリーズ3作を通して知らない人は皆無だろう。
レビューの意味は殆どないのを承知で敢えて紹介すると、特に世界を虜にした第一作は「完全無欠のタイム・トラベル映画の金字塔」としか表現できない。もし映画の教科書が有ったら、タイムトラベル映画の先頭ページは本作で間違いない。

自分の親と直接関わるストーリーの斬新さや、鮮やか過ぎる伏線&回収が恐ろしい脚本。
ロックやスケボー、写真や放射線防御服を用いたタイム・パラドックスや政治・経済も含めた過去のオマージュが全開で、幅広い世代の胸元をくすぐる悪戯心はウィットのテーマパークだ。
デロリアンによるタイムトラベルシーンやハイラックス・サーフ、BMWを用いたキメ細かな演出やヒューイ・ルイス&ザ・ニュースを前面に出した音楽センス。
そして奇怪博士と高校生をはじめとした判りやすく強烈なキャラ設定と、それに負けないマイケル・J・フォックスとクリストファー・ロイド、リー・トンプソンらの配役。
「短気は損気」「絶対に諦めるな」のシンプルな教訓を含め、その全てが本当にパーフェクトなのだ。

本シリーズは社会性や芸術性が一切無い“完全娯楽作品”なので各国の映画賞とは無縁だったが、「何度観ても家族で笑える面白い作品賞」の称号で十分だろう。特に日本ではファンが多く、最近まで二年おきに地上波で放映されていたのがその証左。
将来にわたって世代と老若男女の壁を超え、小学生の孫達と一緒に観たくなると確信する作品は、ジブリやディズニー等のアニメ以外では「ジュラシック・パーク」等そう多くない。
ナンとも素晴らしいスピルバーグとゼメキスからのプレゼントではないでしょうか。
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Harfme2017/09/17に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
あの頃にタイムスリップできる作品!
確認済みの購入
バックトゥザフューチャーを初めて観たのは、小学校5年生の時に親と一緒に行った映画館のスクリーンでした。観終わった後に、こんなに面白い映画があるのかと衝撃を受け、気持ちが高揚した時の感覚は今でもハッキリ思い出すことが出来ます。
当時から30年以上が経ったいまでもバックトゥザフューチャーを観ると、マイケルと一緒に自分も30年前の小学生だったあの時に、戻ったような感覚を味わうことが出来るので、定期的に見返したくなる大切な作品です。当時の自分と同年代の息子も、面白いといって見てますので、将来見なおすことがあれば、いまの気持ちを思い出してくれると親として嬉しい限りです。
34人のお客様がこれが役に立ったと考えています
xbox82020/02/28に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
なんですかこの作品
確認済みの購入
26年間生きてきてついに最高の名作に出会ってしまった。
圧巻でした。
こんなにのめり込めたのは初めて。
全てが完璧。衝撃だった。
こんなすごいのが35年前にあったのかよ。
これまでは中学生の時に見たデスノートが不動のNO1で超えるものなんかもう一生現れないと思ってたのに。。。
全身に電気が走ったような感じ。
本当にありがとう。感謝しかない。
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
a lonely poet2019/12/13に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
1985年当時の世相も分かる傑作パロディ
確認済みの購入
 これまで何度も観た映画ですが、今改めてみると公開された1985年当時の世相も分かって楽しめました。当時の国際情勢、レーガン大統領の時代、また随所に日本の自動車や電化製品も登場して、日米貿易摩擦の頃だ、と実感します。
 また、痛快なSFコメディだと思ってばかりいたこの映画は実はあらゆる古典や名作のパロディになっていることにも今回はじめて気づきました。タイムトラベルの領域は「スターウォーズ」をはじめとする本格SF映画とアクション映画の、少しわけありがちなマーティの家族はアメリカのホームドラマ(「奥様は魔女」とか)のパロディ、恋愛ドラマの領域はシェイクスピアのパロディではないかと考えられます。ビフ一味と対峙したり、ダンスパーティで恋が実る場面はまさに『ロミオとジュリエット』のパロディでしょうし、タイムスリップした結果、母親に惚れられて困り果てるマーティと気弱な父親の姿はソポクレスの悲劇『オイディプス王』のパロディではないかと。あらゆる要素を詰め込んだ傑作パロディで、これこそコメディ映画、と楽しませてもらいました。
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示