通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
バチカン奇跡調査官ラプラスの悪魔 (角川ホラー文庫... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

バチカン奇跡調査官ラプラスの悪魔 (角川ホラー文庫) 文庫 – 2012/5/25

5つ星のうち 4.1 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 761
¥ 761 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • バチカン奇跡調査官ラプラスの悪魔 (角川ホラー文庫)
  • +
  • バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)
  • +
  • バチカン奇跡調査官    天使と悪魔のゲーム (角川ホラー文庫)
総額: ¥2,159
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【第155回芥川賞・直木賞】受賞作発表!
芥川賞は『コンビニ人間』 、直木賞は『海の見える理髪店』に決定 受賞&候補作品一覧 へ

商品の説明

内容紹介

大統領選に出馬する若き議員が、謎の死をとげた。依頼を受けた平賀とロベルトはFBIのビル・サスキンス捜査官と共に、政財界の要人のみが参加できる秘密の降霊会に潜入し、事件を捜査することに。シリーズ第6弾!

内容(「BOOK」データベースより)

アメリカ次期大統領候補の若き議員が、教会で眩い光に打たれ謎の死をとげた。議員には死霊が憑いていたとの話もあり、事態を重く見た政府はバチカンに調査を依頼。平賀とロベルトは、旧知のFBI捜査官ビル・サスキンスと共に、悪霊を閉じ込めているという噂のゴーストハウスに潜入する。そこでは、政財界の要人しか参加できない秘密の降霊会が開かれていて、さらに驚愕の事件が発生する。天才神父コンビの事件簿、第6弾。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 404ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012/5/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041002060
  • ISBN-13: 978-4041002063
  • 発売日: 2012/5/25
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 181,294位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
奇跡調査官シリーズも6冊目になりましたね。
今回は前作がオカルト色が強かったのに対して、科学・物理の世界ですね。
しかし東野圭吾さんの「ガリレオ」シリーズくらいか、と甘く考えて読むと後半の平賀の理論解説で痛い目をみます(笑)
私は数式や科学などが好きなので楽しめましたが、歴史・オカルト好きなロベルト派の方は前作ほどは満足できないかもしれませんね。

最初から最後までスピード感があり面白いですが、あえて言うなら「その理論本当に実用できる?」ということでしょうか…。机上の理論では?と思ってしまいました。
最近のこのシリーズは「幻覚・幻聴」トリック(っていえる?)で片付ける率が多いような…。

上記の理由で☆は満点ではありませんが、いつもながら細やかな蘊蓄は読んでいてとても興味深く面白いです。エピローグを読めばこれからのシリーズにワクワクしますよ!!
あと、今回の平賀は姫じゃなくて立派な騎士(ナイト)でしたよー(笑)
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ストーリーは面白い
イルミナティやフリーメイソンなど、段々と世界を相手にするような壮大なものになってきているが、
それには物足りない。イルミナティやもっと分量が多くなる小説に向いている(ダンブランがあるが)
何せ、ここ数冊、ウンチクの説明が長すぎる。
知識や下調べがされていのはわかるが、読者にとっては飛ばし読みしたくなる長さ。

それでも、ビルの秘密や家計の謎がわかったりしたところが救いかも
あまりにもあっけなく終わってしまった幽霊騒動だった
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
バチカンの奇跡調査官である平賀とロベルトという二人の神父を主人公としたシリーズの第6弾は、今までのオカルトっぽい話しから、一転して、科学、物理学のお話。今までも良かったが、今回はシリーズ最高の出来かも

自分がホラーやオカルトよりも科学SFのほうがジャンルとしては好みであるせいかもしれないが、なかなか読ませる話だった。
出だしは、いつものオカルトっぽい話。幽霊が出るというゴーストハウスの設定は、フィクションだったかノンフィクションだったか、どこかで似たような話を聞いたことがあったけど、そこへロベルトと平賀が、要人の謎の死を調べるところから始まる。

人が消失したり、幽霊の声が聞こえたりとまさにホラーなんだけど、どこからか話は一転して、科学のお話へ。あんまり科学は詳しくはないんだけど、その展開がなかなかスムーズなので、あまり違和感も感じず、楽しめる内容だった。

以前出てきた、ロベルトと平賀を苦しめたライバル!?も登場し、より一層、楽しめる一冊だった。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 シリーズを通して読んでいますが、とっても面白いです。
今回の巻ではローレンのこと、ビルのことにも興味深い話が出てくるので、
次回がとても気になりました☆彡

 奇跡については相変わらずおもしろいです。
最後に数字のパズル的なものが出てきますが、
ロベルトの答えを見ても私には解けませんでした(苦笑)
化学式的・数学的なものが多々登場するので、
わかる人には興味津々の部分だと思います。
私はすっとばして読んでしまいましたが、
次巻が出るのを心待ちにしています☆彡
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 きらら VINE メンバー 投稿日 2012/6/4
形式: 文庫
6冊目、表紙は誰?と思ったらビルだった。想像と違うぞ。FBIよりマフィアのボスの様だ
まあ、この格好も意味があります。
前回の吸血鬼もので失速感がありましたが、今回はオカルト、科学、陰謀、そして秘密結社と
てんこ盛りです。
前回で最後に意味深な登場をした因縁の「あの方」が出てきました。
陰謀説も今日本で飛び交っているものもありタイムリーな内容です。

アメリカデンバー空港のモニュメントの話は初耳だったので調べてみると確かにある!
ちょっと驚きました。飾ってある絵の事もちょっと不気味さ満点・・・隠す気ゼロなところが怖いですね
ビル刑事が何で毎回関わるのか?ちょっとタイミング良すぎるでしょう?という疑問もこの巻で解決。
最後に出てくるのですが、アメリカでは本当にありそうで怖い。Xファイルみたいなもんですね
真実を突き止めようとしてたのに逆に利用されているかも。という裏の裏まで筋書きが出来ている様な・・・
ビル刑事はこれからどうなるのかが気になってしまいました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック