通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
バクマン。 14 (ジャンプコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

バクマン。 14 (ジャンプコミックス) コミックス – 2011/8/4

5つ星のうち 3.6 41件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • バクマン。 14 (ジャンプコミックス)
  • +
  • バクマン。 15 (ジャンプコミックス)
  • +
  • バクマン。 13 (ジャンプコミックス)
総額: ¥1,296
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

驚異の新人・七峰透は、亜城木夢叶を手本に、マンガ家を目指していた。だが、売れる為には手段を選ばない七峰のやり方に対し、最高と秋人は、先輩マンガ家としての意地とプライドを懸け、立ちはだかるが…!?


登録情報

  • コミック: 186ページ
  • 出版社: 集英社 (2011/8/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088702735
  • ISBN-13: 978-4088702735
  • 発売日: 2011/8/4
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11.2 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 41件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ゆーみん 投稿日 2011/8/7
形式: コミック
面白い戦いの構図だな〜と思ったんですが、結果的に勝負に負けたというより相手が勝手に自滅していった感じで少し物足りなかったかな…。勝負の二話目の内容を少しだけでも載せてくれたらよかったのに…。
もっと亜城木側が劣勢に立たされてそこから意地を見せてくれる展開の方がよりドキドキできたかも。
でも七峰のキャラ(というか表情)はいいですね〜。ニヤニヤしてる顔とかホント生き生きしてます。主役二人以外のキャラは皆いい味出してるんですよねえ…。個人的にには七峰君には更に醜く食い下がって貰いたいんですが…かませ犬で終わっちゃいそうな臭いがプンプンと…

そして昔から思っていた事ですが、小畑先生の描く毛先がクルクルしてるキャラは、段々と直毛になっていく傾向にありますね…(デスノートのLも顔だしする前はオサレパーマ風だったような…)描きやすいからついついそうなっちゃうのは分かるんですが…白鳥君のフワフワ感はどこに…(涙)あと個人的には高木は初期のクリクリヘアが好きだったかも。

今回は亜城木夢叶としての進展がさほど無かったですが、おそらく次の巻で何かしらの答えが出ると思うので、期待を込めて☆四つとさせていただきます。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
そうそう、いつも良い奴ばかりで
インパクトに欠けてました、
七峰は良いキャラだと思います。
本巻は非常に楽しく読めました。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この漫画は脇役がいいキャラしてるし、戦った後仲間になっていくというジャンプらしい展開もいいところです

そんな中、中井さんに関しては、見てくれも性格も最悪というどうしようもない敵役というポジション

それとは違う外見の良さと、今の時代のやり方で漫画を描くという面白い適役『七峰』が出てきました。

ところがその七峰が、コミックス半ばで捨てキャラにされちゃった感があります。
それが勿体ない。

確かに認められるやり方ではないと思うし、漫画的に勝ってはいけないとは思います
でも設定自体はラスボスクラスの、本当にそんなことしたら凄い漫画が出来上がってしまうかもしれないというほどのネタです。
ある意味今の漫画の描き方を全否定しているやり方ですからね

話を詰め込みすぎているところや、一貫性がないところ
そういうのをまとめられるように成長していき、みんなの意見をまとめた所で味付けをする

『計算高い』という設定があるのだから、そんな事を出来る完璧キャラに育ってもいいんじゃないかと思いました。
そして育った後、それを主人公たちがギャフンとやっつける
その説得力がほしかった

現状の展開では、回りのネ
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この巻では七峰透という新人がネットのカキコミで
意見をかき集めて連載を目指そうとします。

自分の手でマンガを作らない

そんなやり方に対して亜城木夢叶は先輩のマンガ家として
意地とプライドを懸けて真正面から勝負を宣言。

七峰と亜城木との勝負が繰り広げられる14巻です。

終盤では小畑先生お得意の
焦り、困惑、絶望といった表情も多用されます。
DEATH NOTEの夜神月を思い出しました。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
作者さんが主張をビシッ!と言い切る姿勢は気持ちいいんだけど
時々「はてな?」と思う主張も、初期の頃からちらほらと…
今巻はそれが決定的でした。
「他人にアイディアを出させて使う」事が良くない事、という感じでしたが
最初の頃に福田くんが、アシスタントさん達に
「採用されたら」1つにつき500円だったか千円だったかで
アイディアを出させていましたよね。
あれは良くて、これはダメ、の基準が良く分かりません。
それともアイディアを出させる事がダメなんじゃなく、
編集さんをないがしろにする事がダメ、という主張なのかな?
読む限りでは、「50人にアイディアを出させる事」がプロじゃない、と言ってるようだったのですが…
ドキドキするし、毎巻楽しみに読んでいるのですが、
今巻は特に、疑問の残る巻でした。
2 コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー