通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
バガボンド(33) (モーニング KC) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

バガボンド(33) (モーニング KC) コミック – 2010/5/27

5つ星のうち 3.8 32件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 586
¥ 586 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • バガボンド(33) (モーニング KC)
  • +
  • バガボンド(34) (モーニング KC)
  • +
  • バガボンド(35) (モーニング KC)
総額: ¥1,800
ポイントの合計: 58pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容説明

「強い」とはどういうことか……。
六十余戦無敗だった男「宮本武蔵」を、井上雄彦が圧倒的画力で描く超話題作!

武蔵が戯れに音を閉ざした時、内に出現する何か。それは会いたいと熱望するも今や叶わぬ相手──小次郎だった。神経を研ぎすまし、武蔵は自分の奥へ奥へと分け入っていく……。

著者について

井上 雄彦
1967年生まれ、鹿児島県出身。北条司氏のアシスタントを経て、1988年『楓パープル』でデビュー。 90年から連載を開始した『SLAM DUNK』は累計1億部を超える大ヒットとなった。98年より「モーニング」にて宮本武蔵を描いた『バガボンド』を大人気連載中!! 車椅子バスケを描いた『リアル』は「ヤングジャンプ」にて不定期連載中。
吉川 英治
明治25年8月11日、神奈川県生まれ。少年文学の傑作となった『神州天馬侠』をはじめ、生涯に『親鸞』『宮本武蔵』『三国志』『新・平家物語』『私本太平記』『新・水滸伝』等多くの作品を発表し続けた。昭和37年9月7日死去。


登録情報

  • コミック: 210ページ
  • 出版社: 講談社 (2010/5/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063729036
  • ISBN-13: 978-4063729030
  • 発売日: 2010/5/27
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
昨日33巻までを一気に読み終え、これから34、35巻を買いに行こうとしている者です。

レビューを幾らか読ませて頂いて、「堂々巡り」という言葉や、またそういったニュアンスがいくらか目につきました。
確かに以前描かれたような、刀を使って戦う場面においては、その迫力に圧倒され、読んでいるこちらも武蔵のように戦慄せずにはいられませんでした。
しかし、33巻で描かれた、斬り合いの果て、ひとつの節目を迎えた武蔵が逡巡し、斬り合いを求め、天下無双を成すまでの自分との葛藤している様に、これまでとは違った形で魅了されてしまいました。
そこで、タイトルをもう一度見てみます。

「バガボンド」

これは、放浪者という意味。
必ずしも刀を振り回し続ける殺人鬼を意味しているのではなく、この巻で描かれた、生きることに彷徨う人間を意味している。
その様を堂々巡りとかそういった言葉で表し始めたら、元も子もない気がします。

いつかのテレビ番組で著者が述べられたように、物語、また物語の登場人物が赴くままに描き続けてほしいです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
以前から気になっていた作品でした。
リアルの絵も凄いですがこちらも鬼気迫る作品ですね。
33巻まで読み終えて、私個人はこの33巻目が大変
気に入りました。武蔵が民家に逗留するくだりは
読者としてホッとしました。そしてお通さんへの気持ちも
彼の中ではっきりと見えて来ます。

子供が生まれて嬉しくない親はいない、と仏師に諭されたとき
私には武蔵の目が充血していたように見えました。
病気の子供の世話をするその女房の様子を障子越しに見守る武蔵の
表情は本当に安らいでいました。私は母を思っていたのだと
想像しています。

全体では吉岡清十郎のエピソードが私は一番印象に残っています。
小次郎の描き方も魅力的だと思います。
武蔵がちょっとストイックすぎて「君に届け」以上の
純朴さに驚いています。じれったくてじれったくて
作者の思うつぼに嵌っていますね。

長いスパンの作品で初期の頃からのファンの方と
同じ土俵で語るのも恐縮なのですが
漫画文化も成熟してるなぁ、と感心しました。
着物を着ていても筋肉が見えるような斬り合い、
巌流島でも期待しています。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
武蔵も小次郎も残すは巌流島の決闘のみの流れとなりました。吉川英治原作ではこの時期の武蔵は人間的成長が描かれていましたが、このバガボンド武蔵は剣を振りながら一人孤独に苦悩しています。このまま巌流島決闘でいいのだろうか?と、その姿は作者の井上雄彦氏にも見えました。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
武蔵については槍の宝蔵院の辺りが、私にとってはどうしてもピークだったように感じます。「命のやり取り」のあの戦いは名場面として記憶に残っています。

以降は強くなった故の「強さとは、剣とは何か」「なぜ人は斬り合うのか」という内省的な話が堂々巡りのような繰り返されており、その過程の台詞などが鼻につく感じがあります。そして正直それらの言葉が心に響かないのです。

著者のあとがきもまるで修行僧のような印象で、人によっては疑問を感じるでしょう。

絵は確かに上手いのですが、私は一応剣道二段なので、握りの不自然さをよく感じるのは残念なところです。そのために画面に緊迫感が無くなっているのが惜しい。どうしても剣術に関するものはそういう目で見てしまいます。

ただ、静止画はレベルアップしているのは感じますが、小次郎の橋の上での立ち回りは、まるでコマ送りでも見るかのように人物の躍動感が感じられませんでした。丁寧な描写を重視するあまり、動きのあるマンガ的な絵が苦手になってきている印象も受けます。

このマンガは原作があまりにも有名なため、あらすじはわかってしまっています。そこを小次郎の半生を掘り下げて、耳が聞こえないという創作を入れたりして両者の対比をさせた展開は見事でした。

ひょっ
...続きを読む ›
2 コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック