通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
バガボンド(30)(モーニングKC) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: やや日焼けあり。中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

バガボンド(30)(モーニングKC) コミックス – 2009/5/28

5つ星のうち 4.1 28件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 586
¥ 286 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


この商品には新版があります:


この商品はセット買いができます
『バガボンド 1-37巻セット』 こちらチェック
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • バガボンド(30)(モーニングKC)
  • +
  • バガボンド(29)(モーニングKC)
  • +
  • バガボンド(31)(モーニングKC)
総額: ¥1,788
ポイントの合計: 56pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者について

井上 雄彦
1967年生まれ、鹿児島県出身。北条司氏のアシスタントを経て、1988年『楓パープル』でデビュー。 90年から連載を開始した『SLAM DUNK』は累計1億部を超える大ヒットとなった。98年より「モーニング」にて宮本武蔵を描いた『バガボンド』を大人気連載中!! 車椅子バスケを描いた『リアル』は「ヤングジャンプ」にて不定期連載中。
吉川 英治
明治25年8月11日、神奈川県生まれ。少年文学の傑作となった『神州天馬侠』をはじめ、生涯に『親鸞』『宮本武蔵』『三国志』『新・平家物語』『私本太平記』『新・水滸伝』等多くの作品を発表し続けた。昭和37年9月7日死去。


登録情報

  • コミック: 206ページ
  • 出版社: 講談社 (2009/5/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063727955
  • ISBN-13: 978-4063727951
  • 発売日: 2009/5/28
  • 梱包サイズ: 18.2 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 28件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
武蔵編に関しては文句なし。
「天下無双とはただの言葉に過ぎない・・・」これを悟る武蔵の心理描写が、京都所司代との会話を通して非常にうまく表現されている。
今までがむしゃらに追い求めていた「本当の強さ」の答えが出た、バガボンドの中では重要な一巻であろう。

それに反しておつう編は?である。
今まで死んだ人間が想念や残像のような形で何度か出て来たことはある。
しかしそれは登場人物の心の裡から生じた迷いや苦しみであったり、それらからの解放であったりと、人物の成長を描くために必要なものが多かった。
だがこの巻での植田の幽霊はどうだろう?おつうの魂を70人斬りの戦場や投獄中の武蔵の元に連れて行ったり、心の中を自由に読んだりと、もうやりたい放題。
ストーリーの辻褄合わせにかなり悩んだ挙句仕方なかったのかもしれないが、非常に興ざめしてしまった。

ラストまであと何巻続くか分からないが、出来ればこういった設定は避けてもらいたいものである。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
「天下無双」について語る武蔵。久しぶりに読んだのですが相変わらずおもしろいです。
武蔵や沢庵、又八などはもちろん、小川、所司代の板倉など、脇のキャラもみな魅力的で、登場人物一人一人が好きになれるのがこの作品の良さですね(これは井上氏の作品すべてに言えますが)

相変わらず絵も素晴らしい。「バガボンド」は私が一番読むのに時間がかかるマンガです。それはもちろん、絵を、細部までじっくり見てしまうから。

この巻で個人的に一番印象に残ったのはおつうです。
28巻以降、おつうの出番が多くなってきました。この巻でも植田の幽霊に自分の気持ちをぶつけるおつうですが、彼女の武蔵に対する気持ちには本当に感銘を受けます。いい女すぎるよ。
私は原作の結末を知らないので何とも言えませんが、幸せになって欲しいですね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
いやはやいつのまにか30巻に突入ですか、早いものです。
ストーリーは対外的に、対内的に会話や思考で成長してるところを演出、いままで散りばめてきたピースをすかさず回収しラストへの舞台を整えているといった感じです。
小次郎が身内の方と別れるシーンはなんとも言いがたい哀愁さだが漂っております。
おつうは例のごとく○○の陽炎につきまとわされているようですが言いたいことはバシっと伝わってくるのですがここまで引っぱるのはある種のバクチに近い演出ではないかともおもいましたが世間では昨今転生輪廻とかスピリッチュアルなどという精神世界のものが大流行した背景もありますので比較的受け入れやすいでしょう、微妙なところではあります。
全体的な評価はこの巻単独ではむずかしいところではありますが私的に好きな闘いのシーンがなかったためあえて☆×4とさせていただきます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
斬り合いのシーンのような張り詰めたような迫力はないけれど、
とても面白く読めました。

あの長い、吉岡一門との戦いの末にたどり着いた境地、
誰よりも天下無双に近いと思われる武蔵本人が、
天下無双は陽炎だったという、自分なりの答えを見つけだす。
最近「最後の漫画展」を見ただけに、ここからの流れだったのかと、
とても感慨深かったです。

おつうの想い、光悦の想い、沢庵の想い、
武蔵や小次郎を取り巻く人たちの優しさに、ほっとします。

強さについて、やさしさについて、
欲や執着や後悔や諦め、
自分も迷いながら書き続ける作者の真摯な姿に、とても好感を持ちます。

そして、また歩み始めた武蔵の選ぶ道、
小次郎とまた交わるその時を、早く見たいです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/1/25
形式: コミック
吉岡一門との死闘によって武芸者の伝説と化した武蔵。
その一方で、武蔵を倒して名を成そうとする剣客の大群が京に集結。
その武蔵は大怪我の後遺症で歩くのもままならない状態。
戦いの果てに辿りついた心境を聞こうと身分の上下に関わらず多くの人が所望します。
しかし武蔵はもう一度身を焼ききる程の勝負への欲望が残っています。
最後の戦いへ、やはり武蔵は向かいます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー