通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
バガボンド(28)(モーニングKC) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

バガボンド(28)(モーニングKC) コミック – 2008/5/23

5つ星のうち 4.7 18件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 586
¥ 586 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • バガボンド(28)(モーニングKC)
  • +
  • バガボンド(29)(モーニングKC)
  • +
  • バガボンド(30)(モーニングKC)
総額: ¥1,788
ポイントの合計: 80pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「強い」とはどういうことか……。
六十余戦無敗だった男「宮本武蔵」を、井上雄彦が圧倒的画力で描く超話題作!

「天が この俺から 剣を奪う?」七十人斬りの“代償”が、武蔵を絶望に突き落とすーー。小次郎と辻風黄平の奇妙な邂逅を描いた特別編、収録!!

著者について

井上 雄彦
1967年生まれ、鹿児島県出身。北条司氏のアシスタントを経て、1988年『楓パープル』でデビュー。 90年から連載を開始した『SLAM DUNK』は累計1億部を超える大ヒットとなった。98年より「モーニング」にて宮本武蔵を描いた『バガボンド』を大人気連載中!! 車椅子バスケを描いた『リアル』は「ヤングジャンプ」にて不定期連載中。
吉川 英治
明治25年8月11日、神奈川県生まれ。少年文学の傑作となった『神州天馬侠』をはじめ、生涯に『親鸞』『宮本武蔵』『三国志』『新・平家物語』『私本太平記』『新・水滸伝』等多くの作品を発表し続けた。昭和37年9月7日死去。


登録情報

  • コミック: 204ページ
  • 出版社: 講談社 (2008/5/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063726851
  • ISBN-13: 978-4063726855
  • 発売日: 2008/5/23
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
いきなりの誤算で嬉しかったです、このふたりが対峙するところが見られるとは・・。
本編は吉岡一門との戦いのあとの描写ですね、戦いという外見的な描写から内面の変化へとシフトしています、
んん、、植田良平渾身の一撃後の描き方が素晴らしい、
死してなお生きる姿は強烈です。

原作は読んでいないので毎回驚きの連続で楽しみです。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 モモ 投稿日 2009/5/13
形式: コミック
何となく脇役に注目してしまう漫画です。武蔵も魅力的なんですが、又八がどう自分の人生に折り合いを付けていくのか、が見所だったりします。
大河では、確か商売人になってましたよね。そして、朱美と夫婦になってたような。
だとすると、又八が朱美をどう救ってあげるのかが楽しみです。
でも、大河とちょっと話違うし、清十郎のキャラからして違うし、どうだろう。又八と朱美くっつくのかな?

おつうさん、すっごく可愛いですよね。武蔵を好きになったばっかりに、と思わずにはいられませんが。 それにしても、武蔵は純愛だな、と思ったり。
武蔵が抱き締める女性はおつうさんだけでしょう。
小次郎は女なら誰でもよさげですね。
おつうさんが幸せになってほしいと願うばかりです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
冒頭、辻風黄平と佐々木小次郎の対峙のシーンが見れて嬉しかった。
時系列的には随分前の話だが、短い中にも言葉なく切りあうこのシーンが、場面転換としていい効果になっている。

また、七十人斬りという果てしない闘いのあと、一転した本巻の静かな時間の流れは、
前の巻が"動"の巻であっただけに、かえってあの七十人斬りの凄まじさの余韻を残す。

武蔵の治療にあたるおつう、武蔵に剣を捨てさせる決断をせまる沢庵、
武蔵と自分を比較し続ける又八、武蔵の噂に武者震いする剣豪たちなど、
武蔵を軸にした人間模様が展開する。

言葉少ないながらも伝わってくるおつうの気持、
沢庵から足のことを言われたあと無言で剣を握る武蔵など、
表情で多くのことが語られるのもバガボンドのすごさ。

七十人斬りの果てに武蔵は何を失い、何を手に入れるのか…。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
吉岡一門70人との殺し合いを潜り抜けたあとの28巻。
嵐が通り抜けたあとのような静けさが全編を覆う。

おつうを通して描かれるのは、男の背中を追う女のもどかしい想い。
無茶してほしくない。強くならなくてもいい。そしてずっと私といてほしい・・・。
女はそう願うわけだけれども、そんな女があこがれる男がそもそも無茶する生き物、強くならなければいけない生き物。
そして、故郷を捨て荒野をさまよい続ける本能をもった生き物であるのだからしょーがない。
おつうは、言いたいことをグッとこらえて胸に飲み込む(武蔵が寝てるときにつぶやいてみたりはするけれど)。

これって「仕事と私、どっちが大切なのよっ!?」ってすぐに問い詰めちゃう類の女性とは違う、ずっと我慢の必要な生き方だよな。

もう剣を握れないかもしれない。
そんな境遇になってもまだ「我」に固執する武蔵に、沢庵は活を入れる。
五体満足のときは思い浮かべもしなかった「剣の道以外の道」。
それはつまり他人と「殺しあう」以外の関係性をとり結ぶことであり、他者との共生の道だ。
その道とそこに立つ自分を想像すらできない―したくもない―武蔵はその道と向き合い、人間としての成長を遂げることができるのだろうか。
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/1/25
形式: コミック
吉岡一門70人との死闘はまさに修羅場。
生き残った武蔵も深手を負っています。
その武蔵の命を救ったのは、またしても又八。
沢庵、おつう。
傷ついた武蔵を癒すかのごとく、宮本村の懐かしい顔が一同に揃います。
武蔵を恐れ、疎ましく思いながらも好きでたまらない心情を吐露する又八。
彼の気持ちは一番よく判るのは読者でしょう。
著者の独特の筆絵に乗って注ぎ込まれたエネルギーが伝わってきます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー