通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
バカの壁 (新潮新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: シミあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

バカの壁 (新潮新書) 新書 – 2003/4/10

5つ星のうち 2.9 612件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 734
¥ 734 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • バカの壁 (新潮新書)
  • +
  • 「自分」の壁 (新潮新書)
  • +
  • 超バカの壁 (新潮新書 (149))
総額: ¥2,267
ポイントの合計: 70pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   2003年を代表する大ベストセラーであり、タイトルがこの年の流行語にもなった本書は、著者の独白を文章にまとめるという実験的な試みであった。「人間というものは、結局自分の脳に入ることしか理解できない」、これが著者の言うところの「バカの壁」であり、この概念を軸に戦争や犯罪、宗教、科学、教育、経済など世界を見渡し、縦横無尽に斬ったのが本書である。

   著者は1937年神奈川県鎌倉市生まれ。東京大学医学部卒業後、解剖学者として活躍し、95年に東京大学医学部教授を退官後は、北里大学教授、東京大学名誉教授に就任した。また数多くの話題の書を著し、『養老孟司の“逆さメガネ”』『まともな人』『いちばん大事なこと―養老教授の環境論』『唯脳論』などがある。

   本書の魅力は、容赦なく社会を批判する痛快きわまりない養老節にある。「現代人がいかに考えないままに、己の周囲に壁を作っているか」、つまりあの人たちとは話が合わないという「一元論」が「バカの壁」の元凶であり、アメリカ対イスラムの構造や日本の経済の停滞などもすべてこの理論で説明されるという。一方で、イチローや松井秀喜、中田英寿の際立つ能力を、脳の構造で解明してみせたり、「学問とは生きているもの、万物流転するものをいかに情報に換えるかという作業である」という骨太の教育論をも展開している。解剖学者の真骨頂を堪能できる価値ある1冊である。(田島 薫)

メディア掲載レビューほか

バカの壁
 我々人間は、自分の脳に入ることしか理解できない。学問が最終的に突き当たる壁は自分の脳である。著者は、この状態を指して「バカの壁」と表現する。知りたくないことは自主的に情報を遮断し、耳を貸さないというのも「バカの壁」の一種。その延長線上には民族間の戦争やテロがあるという。

 現代人はいつの間にか、自分の周りに様々な「壁」を作ってしまった。例えば、情報は日々刻々変化し続け、それを受け止める人間は変化しないという思い込みや、個性や独創性を礼賛する風潮などはその典型例で、実態とは「あべこべ」だという。

 「バカの壁」は思考停止を招く。安易に「わかる」「絶対の真実がある」と思い込んでは、強固な「壁」の中に住むことになると戒めている。


(日経ビジネス 2003/06/02 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 204ページ
  • 出版社: 新潮社; 22刷版 (2003/4/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4106100037
  • ISBN-13: 978-4106100031
  • 発売日: 2003/4/10
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 612件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,493位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
著者は自分のことを周囲よりも頭が良いと思いこんでいるのだという印象が随所に見られます。でも話の内容自体は読者を納得させるレベルには到底達していません。なによりも分析と言うよりも偏執的な思いこみに近いものに過ぎず、読み手を納得させるには程遠いものがあります。ある意味、自分の思いこみに陶酔して得意になって発言する著者と、冷静な目で論理展開の偏りと未熟さを見出して落胆する読者との間で生じる壁こそが、「バカの壁」なのかもしれません。正直言って最後まで読むのは苦痛です。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
作者は自身のことを頭が良いと思い込んでいる節が随所に見られる。
読んでいる側が作者の頭の良さを実感出来れば良いのだが、残念なことにそのような箇所はなく、作者の思慮の浅さに落胆させられるばかりであった。
作者はどうも「狭く」「極端に」考えるのが好きらしい。読者の中には、たまたま作者の主張を読んではっと我にかえる人もいるかもしれないが、ほとんどの人は作者の偏った妄想に辟易するに過ぎないと思う。
自己の過去に自惚れ、努力前進することを怠った者の思考様式を垣間見るには良い参考資料かもしれない。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
日常的に、自分にとってありえない反応をしたり、言動をしかけてきたりする人がいる。
そういう時、私たちは、唖然として、言葉を失ってしまう。
なぜなら、相手とコミュニケーションを取ることが不可能だから。
そういう状況を評して、「バカの壁」といったとしたら、これほどぴったりくる表現はない。
自分が困っているのは、相手のバカさ加減ゆえだし、それは壁としか形容のしようがない。

この本がベストセラーになったのは、日頃、そういう壁にぶち当たって苦悩している人が多くいたからだろう。
自分もそのひとりで、そういう自分にとって非常識な、対話ができない、かみあわない、常識が通用しない相手に
どうしたらいいのかが、分かりやすく(新書的に)書いてあるのだろうと思って、この本を手に取った。

しかし、この本で語られているのは、一種の「認識論」で、そういう日常的なハウツーではない。

それは著者が冒頭でほのめかしている。自分が勝手にフラフラとしゃべったことを、編集者が文章にして、
まとめたのがこの本だと。ではそれがつまらないかというと(ここがこの本に対する評価の分かれ目だが)、
そうでもない。養老氏が目の前にいて、いろんなことを、べらべらとしゃべっている。その知的なおしゃ
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
いつか読もうとは思っていましたが、なかなか読めず、2015年になっていました。
養老先生は賢いので、僕には理解できないところが何点かありました。
なので星4つ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 moootta 投稿日 2015/2/24
形式: 新書 Amazonで購入
序盤はよかったものの、中盤から何が言いたいのか分からない部分や、こじつけのような文章になってきて、
関心がどんどん薄れていった。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
新書としてはあまりにもお粗末な内容。
「人間の情報入力にはバイアスがかかる。」
「一元論は思考停止に陥る。」
どれもこれもどこかで聞いたようなことばかり。
文章自体も口実筆記のため推敲を充分してないのかツッコミどころ満載です。
とにかく「共同体」「無意識」「身体」「個性」「脳」のテーマにだらだらと愚痴ともボヤキともつかない文章が延々と垂れ流される。
こんなモノがベストセラーになってしまうなんて・・・。(T.T)
他の方のレビューも手厳しい評価多い様ですね。
良本としてるレビューを書いてる方はよっぽど読書量が少ないのでは?
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
今更ながら読みました。
凄い。内容もすばらしいし書き方が非常に簡潔にまとめられている。
深く思考し、まとめ上げた結果だと思う。
2016年。この本に書かれていることはより必要な時代になってしまったと思う。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
読むのは時間の無駄なので途中でやめた。
もっと勉強になる本は幾らでもあると思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
「話せばわかる」日常的に良く使ってしまうフレーズである。 しかし、何でもかんでも話し合えば分かり合えるものでもない(なんでも言葉で説明できるものではない=経験することによって、わかるものもある)。

自分の興味のないものは、目には入るが実際には見えていない(認識していない)。 故に自分の都合の良いように理解(解釈)し、行動(実行)に移す。

自分が知りたくないことには、目を閉じ、耳を貸さず、考えることをやめる(思考停止)。 そして、自分の周りにカベを作り、カベの内側だけをすべてと思い、外側の世界は見ない、存在することすら考えなくなる。

世の中には色々な人がいて、それぞれにカベを持っている。 カベの向こう側の存在、他人の考えにも目を開き、興味を持つことにより世界は変わっていくのではないだろうか。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー