バカとテストと召喚獣 第1巻 [Blu-ray] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

バカとテストと召喚獣 第1巻 [Blu-ray]

5つ星のうち 3.2 22件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 7,140
価格: ¥ 1,427 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 5,713 (80%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、free&happyが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【メディアファクトリーストア】 「妖怪ウォッチ」や「STEINS;GATE」ほか、新着タイトルや人気ランキング、メディアファクトリーのアニメやTVドラマなどを今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • バカとテストと召喚獣 第1巻 [Blu-ray]
  • +
  • バカとテストと召喚獣 第2巻 [Blu-ray]
  • +
  • バカとテストと召喚獣 第3巻 [Blu-ray]
総額: ¥9,272
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 下野紘, 原田ひとみ
  • 監督: 大沼心
  • 形式: Color, Widescreen
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: メディアファクトリー
  • 発売日 2010/04/23
  • 時間: 50 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 22件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00340YWRK
  • JAN: 4935228096732
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 35,451位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

バカと美少女たちによる学園エクスプロージョンラブコメ!

★宝島社「このライトノベルがすごい!2010」作品部門第1位の話題作!!
ファミ通文庫の大人気ライトノベルが、ファン待望のTVアニメ化!TVアニメ「バカとテストと召喚獣」が、Blu-ray&DVD同時リリース!!

★鬼才・大沼心監督×シリーズ構成・高山カツヒコが本気で魅せる!
シャフト“新房昭之監督”の一番弟子・大沼監督による緻密な演出と、「喰霊 -零-」「ef」も手がけた高山カツヒコによる最強タッグ!
彼らの出世作「ぱにぽにだっしゅ!」を超えるコメディを目指す!!

★個性的なキャラクターたちが大人気!!
「このライトノベルがすごい!」男性キャラ部門の2年連続第1位「木下秀吉」を筆頭に、可愛い召喚獣などキャラクター人気も大爆発間違いなし!

★各巻には頭が良くなる(?)豪華特典付き!!
初回特典は両面描き下ろしデジパック仕様に、BAKAですNOTE(特製ブックレット)を封入!
さらに毎回特典は、映像・音声特典満載でお届けっ!アニメ新作映像、キャスト実写映像、オーディオコメンタリーなどをたっぷり収録!
キャスト陣による課外授業はファン必見!!これで頭が良くなる!かも!?

【収録話】第1問・第2問

【初回生産特典】
1.両面描き下ろしデジパック(葉賀ユイ先生、大島美和氏)
2.BAKAですNOTE(特製ブックレット)

※初回特典は数に限りがございますので、ご注文はお早めに。
初回限定版をご希望の場合、単品でのご注文をお願いします。他の商品とあわせてご注文されますと、
それらの商品の発送可能時期によりましては、初回特典付をお取り置きできない場合がございますので、ご了承ください。

【毎回特典】
1.映像特典1「Mission:Impossible:Baka~予告編(制作:ムッツリ商会)」(未公開新作映像)
2.映像特典2「リアルFクラスの課外授業 1時間目・理科」(メインキャスト実写映像)
3.映像特典3「視聴覚室で主張しよう! ノンクレジットオープニング/番宣CM/プロモーション映像」(その他アニメ映像)
4.音声特典「卓袱台談義(第1話) ゲスト:下野紘/原田ひとみ」(オーディオコメンタリー)
5.スーパーピクチャーレーベル

(C)2010 Kenji Inoue/PUBLISHED BY ENTERBRAIN, INC./バカとテストと召喚獣製作委員会

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

井上堅二のライトノベルのアニメシリーズ第1巻。進学校の文月学園で、最底辺のFクラスに沈む吉井明久。同じクラスの健気な才女・姫路瑞希のため、彼はクラス争奪バトル「試験召喚戦争」に挑戦する。第1話「バカとクラスと召喚戦争」と第2話を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 dend 投稿日 2016/5/1
ここまでの情報と「鉄人の容姿は本来の秀吉の容姿」及び「ミナミの容姿は本来の優子の容姿」及び「秀吉と優子は双子」という設定から
「秀吉と優子は結合双生児」だと言う事が判明するのである
そして「秀吉と優子は分離手術を受けた」ので「秀吉はFクラス」及び「優子はAクラス」となった事が判明するのである
つまりこれに優子が「気づき」両親への愛情が「冷めた」
及び「動植物に食される=秀吉と融合する事で元に戻る」と優子は解釈しているので
「せっかくの自由行動が台無しになる」と優子が解釈したので「秀吉との融合を拒絶する」を優子は選んだ事が判明するのである
つまり「秀吉との融合を連想する」事こそ「召喚獣と拳で語り合う」を優子が選んだ真相だという事が判明するのである
つまり「だからこうやって子供を育ててはいけませんよ」の「モデルケース」こそ「秀吉と優子」だと言う事を意味する設定なのである
つまり本編の「ミナミの容姿をしたミナミと鉄人の容姿をした鉄人」がいがみ合う展開は
「元に戻す」が起きた暁には「優子と秀吉はいがみ合う」に因んだ展開だという事が判明するのである
これが「バカとテストと召喚獣」の深遠なのである
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
とにかくユルイ。
キャラも広く網羅されているが、大したエピソードもなく薄い。
一人一人のデザインは可愛いが、動きが硬い。タメと中割りの枚数が足りない。
3ヶ月ごとの召喚戦争を基本にし、合間を学校行事で埋める構成だが
召喚戦争以外、特に召喚システムでなくてはならない という話はない。
召喚戦争も「実は強かった」系が多く、最終戦もなし崩しだ。
そして、肝心要のギャグは、間が悪く、間延びもしていて、ツッコミが弱く、寒い。

とにかくギャグが寒いのは、どうにかならないものか。
この作品の肝ではないのか。
最初は多少楽しめもしたが、見せ方が同じなのでマンネリになってしまう。
現代のアニメを参考にしました的なテンポで、酷く言えば同人レベル。
プロであるなら、先人に学ぶべき。先人に学び、そこから昇華していくのがプロではないのか。
ギャグ→シリアス系のアニメではなく全編ギャグなので、マンネリ化を防ぐ方法を勉強して欲しいものだ。

全てに大切なのは、緊張と弛緩である。
特に緊張する事がないので、常に弛緩状態でユルイ展開に寒いのだろう。
ぱにぽにでも同じ過ちをしており
「まるで成長していない」

ちなみに原作は読んでおらず、アニメのみの感想です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 syn5 投稿日 2010/5/2
原作を途中まで読んでからアニメを観てます。

自分は序盤の原作を読んで、どうしても好きになれないところがありました。

1つ目は、明久が自分が助かるために美波をおとりにしようとしたこと
2つ目は、明久のために初めて作ってくれた瑞希のお弁当を、少しも口にせずに雄二に押しつけたこと

この2つから、明久ってなんて嫌な奴なんだと思ってました。

しかし、アニメでは美波をおとりにするようなことはなく、瑞希のお弁当も危険と分かってても食べてあげました。
また、明久の試召戦争への動機も、瑞希のためということがわかりやすくなっており、原作とは違い明久に好感が持てました。
なにより、アニメのスタッフはバカテスのキャラが大好きなんだと実感しました。

原作との違いから評価しない方もいるようですが、原作から変更することすべてをダメだと決めつけずに観ると、アニメ版ならではの良さにも気付くと思います。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
原作を見たことはないですが、場面の「切り方」がこのアニメの面白さだと思います。
こういうテンポ感は個人的にはアリ。
細かな話を気にする暇も無く話が転換していく感じ。
個人的には原作を知らない分、アニメ単体として上手く割り切る事ができました。

OPは・・・「普通」としか言いようが無く残念。 EDの少し腐臭の漂う感じの方が印象には残ります。

なんというか、ふざけたアニメだと思います。が、それが売りなんでしょう。

原作を知らない自分にとってはガッカリも何もなく、最初から愛着も大きな期待も何も無かったです。その意味では十分な内容。

元々興味すらなかった原作の評価が、このアニメを観てどうなるもこうなるもないわけです。
興味を持つか持たないか?というだけで十分かと思いましたよ。(少なくとも憤りを感じるとかは無かったのでw)
いずれにしても、この機会に原作を読んでみるのもアリでしょうか。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す