通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
バカが多いのには理由がある がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品の為、商品によっては多少のキズがある場合がございます。付属品は揃っております。帯・応募券・はがき・シール・カード・ポスターなどの封入物は付属致しません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

バカが多いのには理由がある 単行本(ソフトカバー) – 2014/6/26

5つ星のうち 3.2 37件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 110

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • バカが多いのには理由がある
  • +
  • 「リベラル」がうさんくさいのには理由がある
  • +
  • 言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)
総額: ¥3,866
ポイントの合計: 172pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

私たちはみんな、進化の過程で「ファスト思考」を埋め込まれた「バカ」である。
ニッポンの“右傾化"も、“正義"をめぐる政治思想の対立も、
メディアの“誤報"や“捏造"も、すべてはそこから始まっている――。

日本が“右傾化"していく理由
憲法をめぐる議論がカルト化していく理由
日本でブラック企業がハバをきかせる理由
福祉政策がうまくいかない理由
“誤報"や“捏造"が減らない理由……etc.

政治、経済からワイドショーネタまでカバーする、
「かなり不愉快、しかし納得! 」な異色の社会評論集!

内容(「BOOK」データベースより)

“直感”を捨てないかぎり、真実は見えない!!かなり不愉快、しかし納得。政治、経済からワイドショーネタまでカバーする異色の社会評論!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 240ページ
  • 出版社: 集英社 (2014/6/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087807282
  • ISBN-13: 978-4087807288
  • 発売日: 2014/6/26
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 37件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 102,290位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 LAW人 #1殿堂トップ50レビュアー 投稿日 2014/11/18
形式: 単行本(ソフトカバー)
本書の構成・内容は、このページの「商品の説明」及び「目次を見る」に譲り本稿では特に取り上げないが、本書のタイトルは些か挑発的である。では本書のコンセプト(趣旨)は何かと言えば、端的には時事的エッセイでありその時々の時事ニュースや騒動にアイロニックに批評するというものであり、そこに著者の何らかの政治的・哲学的論理・一貫性があるとも思えない。著者なりのアイロニックな視点から表現すると、著者の立ち位置のない(読めない)時事放談と言うべきだろう。まず「PROLOGUE」の意義(その後の各論との関係性)が良く判らないし、「憲法改正」のトピック(62〜64頁)では改憲・擁護派ともに揶揄する筆致であり、結局著者は憲法問題を批判はするが自分がどうしたいのかは些か不明である。「嫌 韓 と 反 中」(72〜85頁)ではレバノンの事情をレポートしながら、「隣国同士で悪口をぶつけ合うだけの平和な日本」と揶揄するのだが、著者自身は「平和な日本」にいるのかいないのか良く判らない筆致である。このような著者のスタンスを有り体に言えば、事象の批判においては一段高見に自分自身を置くことで同一次元での自己否定を回避する(従って当該事情に対し自己のスタンス・意見は曖昧にする)という、非常に“上手い”方法を駆使していると言えよう。

この著者独特の手法(“上から目線”と呼んでも強ち誤りではない)は、概ね
...続きを読む ›
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
橘さんの経済小説はとても好きです。
いつもハラハラしながらストーリーを楽しみ、ファイナンスの知識も得れて、
一冊で2度おいしい思いをさせていただいてます。

このエッセイはというと。。。

主に「それを言っちゃあ身も蓋もない」というような内容であり、
世の中のものごとに斜に構え、シニカルに論じているだけと言う印象です。
インターネットが流行る前であれば、それなりに衝撃的な内容だったと思います。

このようなシニカルで批判的な意見は現在ではネット上に溢れています。
それも見ないような層の人はきっとこの本も読みません。

また批判のあと著者なりのソリューションを提案しているものもあるのですが、
ほとんどが批判しっぱなしになってしまってます。

このようなテーマで書籍化ならばひとつひとつもう1歩2歩踏み込んで
解説したうえ、なんらかの解決策を提示していかないと物足りなく感じます。
一部の人がレビューに書いてますが、それゆえなんとなく上から目線に
感じるのではないでしょうか。
コメント 78人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
上から目線で自分の知識を披瀝しているだけのような気がする。
おおよそ、他人が真剣になってやっていることをバカなことをやっている、という人間は、実際にやったことがない人間がほとんどだ。
自己の狭い見識に閉じこもり、概念の牢獄から抜け出せず、他者の価値観を認められない。
世の中は教科書通りにはいかない。
そういう意味で、子供っぽい視点であり、薄っぺらな思想だと思った。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 法子 投稿日 2015/2/11
形式: 単行本(ソフトカバー)
「早い思考と遅い思考」の考え方に興味を持ち、購入。
タイトルと内容がまったくチグハグで期待はずれ。
著者の価値観による政治的な見地を終始語っているような内容でした。
新しい発見もとくになく、他人の意見を引用し過ぎでなんとも…。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 本書の冒頭で、ある民放テレビのディレクターの発言が引用されている。
「昼間っからテレビを見ている視聴者って、どういうひとかわかりますか?
まともな人間は仕事をしているからテレビの前なんかにいません。暇な主婦
とか、やることのない老人とか、失業者とか、要するにまっとうじゃない
ひとたちが僕らのお客さんなんです。彼らをひとことでいうと、バカです。
僕らはバカを喜ばせるためにくだらない番組を毎日つくっているんですよ。
あなたの役に立つ話ができるわけないでしょ」

ずいぶん昔の話と断りがあるし、本書のタイトルに絡めてインパクトのある
エピソードをあえて冒頭に持ってきたのかもしれないが、そもそも著者は
このTVディレクターを批判できる立場にあるのだろうか。媒体が異なるだけ
で自分も同じ穴のムジナという意識はないのだろうか。本書の内容はネット
のブログの記事を寄せ集めたようなもので、コンテンツとしてはテレビの
娯楽番組と50歩100ではないのか。

 著者の定義では、バカとは直感的思考(あるいはファスト思考)しかでき
ないひとのこと。最初は「直観」(暗黙知)と「直感」を混同しているのでは
ないかとも思ったが、読み進めていくと
...続きを読む ›
コメント 128人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー