通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
バウハウスってなあに? がカートに入りました
+ ¥402 配送料
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 【必ず最後までお読みください】■中古品のため多少の使用感・経年劣化(折れ、ヤケ、シミ、古書特有の匂いなど)がある場合がございます。帯をお付けできる保証はございません(商品の一部とみなしておりません)。カバーが商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。また、中古品の特性上、ギフトには適しておりません。詳細についてはAmazonマーケットプレイスコンディションガイドラインをご覧ください。■弊社から注文確認・発送完了メールはお送りいたしません。発送完了後、Amazonから発送をお知らせするメールが届きます(追跡番号も記載されています)。■返品・交換の際は弊社指定の方法でのご返送が必要となる場合がございます。2020/06/29 9:17:20
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
6点すべてのイメージを見る

バウハウスってなあに? (日本語) 単行本 – 2019/10/1

5つ星のうち5.0 5個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥2,200
¥2,200 ¥1,659
この商品の特別キャンペーン SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大370円OFF。 1 件
  • SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大370円OFF。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

お届け日: 7月14日 - 15日 詳細を見る
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • バウハウスってなあに?
  • +
  • Pen(ペン) 2019年4/1号[創設100周年で再び注目される、バウハウスを知っているか?]
  • +
  • The Bauhaus: 1919-1933: Reform and Avant-garde (Basic Art 2.0)
総額: ¥4,399
ポイントの合計: 44pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ドイツのデッサウにある「バウハウス」という名前の角ばった建物には、素晴らしいアイディアが隠れています。子どもたちがバウハウスって面白いと思えるようなことが、この本には詰まっています。バウハウス工房って何だった?どうしてバウハウスには曲線の飾りがないの?バウハウスってIKEAにもあるの?今はバウハウスの中で、みんな何をしているの?…50の質問と答え、そしてイラストが「ユネスコ世界文化遺産」にも登録されている芸術・デザイン・建築の学校のことをわかりやすく教えてくれ、理解を深めてくれるでしょう。

著者について

インゴルフ・ケルン (Ingolf Kern)
『Die Welt(ヴェルト)』 紙のベルリン文芸欄、 『F.A.Z.(フランクフルター・アルゲマイネ)』 紙、『Neue Zeit(ノイエ・ツァイト)』 紙、『Monopol(モノポール)』 紙の編集を担当した後、バウハウス・デッサウ財団の広報担当者となり、雑誌『BAUHAUS(バウハウス)』誌の責任編集者も務める。2014 年から、プロイセン文化財団のメディア及びコミュニケーション部局長。2015年、本書は「Stiftung Buchkunst」(「全世界のベスト・ブック・デザイン」賞)の最終候補に選ばれた。

クリスティーネ・レッシュ(Christine Rösch)
1985年生まれ。2012年までドイツ、マインツ及びイスラエル、エルサレムにてデザインを学ぶ。

編者:バウハウス・デッサウ財団
バウハウスの建物やコレクションを維持し、イベントの運営やバウハウスの理念の発信を続けている財団。1994年に、ドイツ連邦政府、ザクセン=アンハルト州、デッサウ市によって設立された。

監修者:田中純(たなか・じゅん)
東京大学大学院総合文化研究科教授。専攻は表象文化論。『ミース・ファン・デル・ローエの戦場』で東京大学より博士(学術)の学位取得。著書に、『政治の美学』(毎日出版文化賞)、『都市の詩学』(芸術選奨文部科学大臣新人賞)、『アビ・ヴァールブルク 記憶の迷宮』(サントリー学芸賞)、『過去に触れる』『冥府の建築家』『建築のエロティシズム』など。

訳者:大宮萌恵(おおみや・もえ)
2013年、東京大学理科一類、及びドイツ、ヴァイマルのバウハウス大学建築学部入学。2018年、東京大学教養学部表象文化論卒業、同大学大学院総合文化研究科進学。同年9月、イギリス、オックスフォード大学大学院に入学し、2019年7月に修了。卒業論文ではバウハウス初期の作品について、修士論文ではISOKON FLATSについて研究した。

出版社より


登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
評価の数 5
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2020年1月19日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告