バイクのバッテリーガイド

バッテリー型式の見方、バッテリーあがりの原因、上手な使い方、バッテリー交換方法ほか。

バッテリー型式の見方

二輪車用バッテリーは主に、開放式の標準型バッテリー、高性能型バッテリー、密閉式のVRLA(MF)バッテリーの3つに分類し、規格として定めている。以前は開放式が主流だったが、現在は車両多様化によるメンテナンスフリー性、コンパクト性のニーズが高まり、VRLAタイプが主流となっている。

バッテリー型式の見方


バッテリーあがりの原因

バッテリーあがりの原因は様々。寿命以外の理由の場合は充電すれば再使用できるケースが多いが、バッテリーは一度あがってしまうと、充電しても以前の性能は発揮できない。2年以上使用したバッテリーの場合は、交換をお奨め。 ※盗難防止装置を取り付けている車両は、エンジンを切っても20~30mアンペアの暗電流が流れている。頻繁に乗らない場合は、こまめな補充電をしよう。

 

バッテリーあがりの主な原因

パーキングライトやメットインスペースのライトの消し忘れ
端子緩みによる接触不良
長期間乗らないことによる自然放電
車両側充電装置の故障による、充電不足
車両側配線の劣化によるリーク
事故等の衝撃によるバッテリー内部故障
バッテリーの寿命

 

バッテリー寿命の判断

バッテリーの寿命は使用環境により大きく異なるが、平均すると2~3年ほど。ただし、降雪地などでバイクに乗らない期間がある場合は、きちんとメンテナンスをしないと1年未満で寿命になってしまう場合があるので気を付けよう。

エンジンのかかりが悪い
バッテリー液の減りが早い
ホーンが弱々しい
ウインカーが正常に作動しない

バッテリーの長持ちの秘訣

バッテリーを常に満充電状態に保つことが大切

たまにしか乗らない、ちょい乗りが多いなど、慢性的な充電不足状態ではバッテリー寿命は短くなる。長期間乗らない場合は、自己放電を抑える為にマイナス端子を外し、再度乗る前にしっかり充電しよう。

 

深いサイクルの充放電を繰り返すとバッテリー寿命が短くなる

エンジンを止めた状態でライトを点灯し続けるのはやめよう。

 

車両充電装置が正常であること

バッテリーと車両側充電装置(オルタネーター、レギュレーター)のバランスが崩れると、バッテリー寿命が短くなる。車両側の定期点検も忘れずに実施しよう。