Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 500
(税込)
ポイント : 5pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[大暮維人, 舞城王太郎]のバイオーグ・トリニティ 11 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
Kindle App Ad

バイオーグ・トリニティ 11 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) Kindle版

5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] バイオーグ・トリニティ(ヤングジャンプコミックスDIGITAL)の11の第11巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 500
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 648 ¥ 228

紙の本の長さ: 212ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

キワちゃん…… 私が…死んだ後さ… 榎本芙三歩が死ぬXデーまで、あと3日。藤井は40年前に迷い込んだ意味、誰が芙三歩を殺したのか、どうすれば救えるのか、その謎のこたえに手をかける。バイオーグの攻撃が激化する中、世界の秘密、その核心に辿り着けるのか? ──そんな第11巻!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 57201 KB
  • 紙の本の長さ: 215 ページ
  • 出版社: 集英社 (2017/2/17)
  • 販売: 株式会社集英社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01N7UAX1U
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
話の内容を全部理解するのは諦めた
大暮維人先生の絵を楽しむもの
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
絵がうまいってだけで眺める感じで読んでいたけど、話もだんだん面白くなってきた。
どのようなオチをつけるのか興味がある。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 H.K 投稿日 2017/3/28
形式: コミック Amazonで購入
どんどん明かされる仕掛け

しかし複雑過ぎてピンと来ない
ノリで読むものなのかもしれない
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 正直な所、バイオーグ・トリニティは数巻くらい前から、今一体どうなっているのか、言葉での説明が難しくなってきている。
 今はラストバトルの真っ只中であり、その中で主人公が自分の内面の世界から、過去の出来事を垣間見ているのだ、という大体の流れは把握しているつもりだが、一つ一つのシーンの繋がり、理屈を説明するのはもう自分には無理だ。
 ただ、読者を置いてきぼりにしてんじゃねーのか、という若干の危うさを感じつつも、大きな世界の謎を密室という言葉で連結し、そして主人公の推理がラスボスの思考を上回っていくかのような展開は、大きな物語の勢いを感じる。
 訳もわからないまま、続きが読みたいとページをめくってしまうこの感覚は、やはり舞城作品の長編に通じる。自分は舞城王太郎の小説作品はそこそこ読破しているので肌が合うというのもあるだろう。
 流行となる作品ではないとは思うが俺には好ましい。そろそろクライマックスだろう。次巻が楽しみ。

 あと、やっぱり大暮維人先生の描く裸体はエロいと思いました(笑)
 長編作品の中にはクライマックスの前置きみたいに主人公とメインヒロインのセックスシーンを配置するものがあり、バイオーグ・トリニティもその例に漏れなかった。
 さて、この愛の物語はどこに行き着くのだろうか。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover