中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

バイアウト 単行本 – 2007/5

5つ星のうち 2.4 17件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 780 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 4,250 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

企業買収で動向が注目される投資ファンドとのディールに、音楽会社の名前があがる。それは自分を捨てた父が働く会社だった……

内容(「BOOK」データベースより)

企業価値とは何か?生き残りをかけた戦いが、いま、始まる!「週刊文春」連載時より業界騒然。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 413ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2007/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163258809
  • ISBN-13: 978-4163258805
  • 発売日: 2007/05
  • 梱包サイズ: 19 x 13.6 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.4 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,024,877位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
金融機関に在職し、ファンドビジネスにそれなりの関係があるので、話題づくりも兼ねて読んだのだが、正直面白くなかった。ファンドビジネスについての作者の理解が極めて低く、とりあえずの取材で書いたような内容。これについては、一般大衆向けに書いたとの言い訳が立つのかもしれないが、ストーリー自体も面白くなく、ただのんべんだらりと書かれているような気がした。ファンドビジネスに興味がある方には、真山仁の書いた同名小説をおススメしたい。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
外資系証券会社に勤める広田美潮は、いまや飛ぶ鳥をも落とすファンド会社の相馬社長がMBOを仕掛けしようとする懐に入り音楽会社の株を買い集める。
くしくも七福神なる会社も同様にMBOを仕掛け最終的には三者がMBOに名乗りでる。
泥沼の様相を尻目に音楽会社の売れっ子歌手が自殺未遂を図り、MBOは混沌としてくる。
美潮は子供の時父親に捨てられ音楽会社の副社長である三枝に近づき内部情報をつかみながら相馬に協力する一方父親に復讐の機会を狙う。
結末に期待を寄せながら読んだがそれほどでもなかった。
実の父親が別であった事実が明らかになったり、莫大な遺産(株式)が転げ込んだりして本線から多少かけ離れた展開となってしまった。
一般文学通算1381作品目の感想。2015/03/03 07:05
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ファンド会社を営む相馬顕良が妻の主催するレセプションで若者に人気のある歌手:篠崎あかねの歌を聴いていた。相馬は奇妙な縁を感じ,その直後部下の木村へ計画中であった彼女の所属するヴァーグのM&Aへの乗り出しの指示をした。いい取引にあるのは出口のシナリオだ。これが相馬の哲学である・・・

会社買収に関する株取引を巡る物語である。話的には面白いのであるが,あまり印象に残らない。登場人物がどれが本当がどれも中途半端であり,誰にも感情移入できないのが原因なのか?少し前に話題になったあの事件にからむ村上ファンドが被りすぎて(当然これをモチーフにしたのだろうが)気になって仕方がなかったのが,原因なのか・・・面白く読ませてもらった割には印象にあまり残らない本であった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
仕事を中心にした小説が書きたいのか、働く女性の生活(人生)を中心にした小説が書きたいのかはっきりしない、どっちつかずの小説になっている印象です。
また、主人公の女性の描き方が男性目線なのも少し不快でした。

幸田真音さんは好きな小説家さんなので、ちょっとがっかりしました。
この本を読むと、真山仁さんの「ハゲタカ」などは非常に良くできている小説なんだな〜と再評価してしまいます。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 幸田真音、桐野夏生、永井愛は、いずれもわたしと同
い年で、文章の行間に同じ時代を生きた共生感が感じら
れて、いつも注目している(劇)作家達です。
 なかで、幸田真音は、とかくドライになりがちな経済小
説に女性の主人公を登場させて、新風を招き入れました。
そこには、確かに「男女雇用機会均等法の施行や、DIN
KSブーム、そしてそれを後押ししたバブルの時代を経て、
八〇年代にキャリアをめざした女性たち」(『偽造証券』)
のその後がしっかり刻まれていました。
 しかし、最近の彼女の作品ではそういうモメントが次第
に希薄になっているように思います。本作でもTOBを仕
掛ける投資ファンドを虚業とし、仕掛けられた音楽プロダ
クションを実業として対比しているのはよいとしても、主
人公の女性ディーラーと父親(先の音楽プロの役員)との
関係の設定が安直に思えて、共感できませんでした。
 改めて著者のプロフィールをみると、政府の各種委員会
の委員を務めているとのこと、偉くなったんですね。数年
前に新国立劇場に永井愛演出の芝居を観にいったとき、
彼女がテーブルを出してひとりで自著の販売をしているの
を見かけました。幸田真音にも、もういちど初心に立ち戻
ってくれるよう望みます。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
村上ファンドやホリエモン、ライブドアなどを思い起こさせる設定と名称で展開するTOBの物語です。
経済や政治、金融の問題で「浪花節」的な義理人情の思考は避けるべきなのでしょうし、あるいは正義に目覚めそれを貫くのも愚行なのでしょうが、それらが交錯して「そして誰もいなく」なるという結末は意外でした。
経済や政治、金融の問題で「悪者」を欲するマスコミの問題、それに同調する国民。法律には触れなければよいという思考が妥当なのか、「みっともない」レベルでもやめるべきか、いろいろ考えさせる内容とデジャブ(既視感)でした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー