通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ハーバードMBA留学記 資本主義の士官学校にて がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆小口に傷みがあります。全体的に使用感があります。小口に汚れがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ハーバードMBA留学記 資本主義の士官学校にて 単行本(ソフトカバー) – 2006/11/16

5つ星のうち 3.7 28件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,687 ¥ 44
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ハーバードMBA留学記 資本主義の士官学校にて
  • +
  • 東大×ハーバードの岩瀬式!加速勉強法
総額: ¥3,348
ポイントの合計: 102pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ハーバード・ビジネス・スクール(HBS)を日本人では14年ぶりに
優等賞(成績上位5%以内)で卒業したダイスケの人気ブログ「ハーバード留学
記」の書籍化。東大法学部卒業後、弁護士になる予定がふとしたことからボスト
ンコンサルティンググループ(BCG)に入社。その後、アメリカのIT系ベン
チャー企業の東京支店、買収ファンドのリップルウッドホールディングズと今風
なキャリアを積んだダイスケ。将来を見据えてHBSに入学し、日本人離れした社
交性、交渉力で学内、学外で頭角を現す。ヘッジファンドで研修したり、世界的
なNPOの役員になってマイクロファイナンスの世界を知ったりする。エンロン
事件以降、HBSの授業は大幅に見直され、アメリカ資本主義は「利益追求」一本
槍から軌道修正をしつつある。30代前半の日本人が資本主義の「中枢」で見たビ
ビッドなアメリカ社会論。

内容(「BOOK」データベースより)

HBSを成績トップクラスで卒業したダイスケの世界発見、日本再発見の記録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 327ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2006/11/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822245527
  • ISBN-13: 978-4822245528
  • 発売日: 2006/11/16
  • 梱包サイズ: 20.8 x 15 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 28件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 112,626位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
私は50代も半ばですが、この本は読んでおもしろかった。自分がもっと若かったら自分もHBSであるかどうかはともかくMBAに挑戦してみたいと思いました。
自分が20代〜30代のころは、まだMBA自体がそれ程知れておらず、会社に海外留学制度はありましたが、MBAという資格そのものとは結びつけることはできませんでした。
その後、海外には計3回通算8年半程赴任、最初の1回は3ヶ月間地元の大学で海外からの留学生達と語学の勉強もし、親交を深めました。
勉強したのは語学だけでしたが、わずか3ヶ月とはいえ世界中の国から来た学生達と色々と語らい、目の色・肌の色を越え、友達になれたのは一生の財産になったと今でも思っています。
自分は金融関係でしたが、まだ日本の企業がそれほど海外プレゼンスが無い頃に、海外の大手銀行・投資銀行・証券会社・保険会社やコンサルタントを訪ねセミナーに参加し、普段の仕事の中で、彼等に仕事を教えてもらいながらビジネスの勉強をし、人脈を築かねばなりませんでした。
HBSでのMBAコースのように蓄積された豊富なノウハウを優れた教授陣・素晴らしい環境の下で体系的に学べること、また世界中からの優れた留学生達と交友関係築けることは素晴らしいことだと思います。
自分がもし若い頃に、このようなMBA留学ができていたならどれだけその後の人生
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
あくまで体験記なので、それ以上のことは期待して読まない方がいいと
思います。MBAの授業がどのように行われているのかということを体
験者から学べたのは、この本を読んでよかったことのうちの一つです。
また、授業の内容にも少しふれているため、経営学を学ぶものとしてそ
の点も注目しました。

文章は、ブログを本にしたものなので、すらすら読めます。
MBAをとりたいと思ってる人だけでなく、経営学を学ぶ人は一読しても
損はないと思いますよ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
書店で見かけて買ってから実際に読むまでに1年以上経ってしまいましたが、「もっと早く読むべきだった。」と思いました。
グローバル化する世界の現状、米国人の根底に流れる価値観、旺盛な起業家精神、日本にいる時は見えなかった日本独自の特殊性と長所、行き過ぎた米国型資本主義(暴走するマネー経済、短期的利益に目を奪われた経営方針など)に対して、MBAのカリキュラムで学んだことだけでなく、自分の頭で熟考して導き出した自分なりの意見を書いているところが素晴らしいと思いました。
著者の年齢でこれだけ書けるのは正直、すごいと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
読んでみると素直によい本でした。近年の金融界を中心とした話題に対する筆者の考え方や、HBSでの授業や出来事についてテンポよく綴っています。本人のブログを纏めたもの、とのことですが、よくこうも毎回、自分のスタンスをきちっと定めて深く考察できるなぁ、と関心します。同年代としては大いに刺激を受けました。とかく学歴やブランドにコンプレックスを持つ人には、揚げ足を取られがちかとは想像します。しかしタイトルがどうの、横文字がどうの、というのは本質とは関係ないので、是非前向きに読みましょう。MBAに関わる人もそうでない人にも、いろんな示唆を与えてくれると思いますよ。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
本の副題はこう述べている。「世界のエリートと戦うには、体力とガッツがいる」。ここでいうガッツとはどういうことか。日本人が考えるガッツというのはがむしゃらというのとニュアンスが似ているだろうか。しかし、本書を読んでいると、ガッツとは、目的に向かって冷静に事を運ぶことが出来るメンタリティーのことのような気がした。多くのMBA取得者が口にするのは、これほど頭を使った2年間はなかったというものであろう。つまり、あらゆる思考をめぐらせながら最適解を制限時間内に見つけるという訓練の厳しさを物語っているものだと思う。私も著者のブログを愛読していたが、勉強以外のこともかなり話題になっていたと記憶する。そうした中でも成績上位で立派に卒業できたということは、著者のガッツ、すなわち、強いメンタリティーが証明されたということであろう。今度日本で生命保険ベンチャーを始めるとのこと。期待してます。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
著者のブログやMBAレポートを読んでいたが改めて読み直してみると多くの示唆を得ることができた。岩瀬氏は日本人でたった4人しかないHBSのベーカースカラーであることから

その優秀さが分かるが、その彼が周りの仲間とのやり取りや先輩たちとの出会いを通して2年の間にビジネスの側面だけでなくたくさんの気づき、学びがあり成長していく様子にまるで小説を読むようにわくわくできた。因みに他の日本人ベーカースカラーはドリームインキュベータ会長堀紘一氏、マッキンゼーパートナー名和氏、BCG代表御立氏である。特にファンド資本主義の章はリアルタイムに日本で起こっていることやこれから起ころうとすることについて

理解することができる。また、この本を読むことでビジネスパーソンとしてのみならず人間としてのプリンシプルを持つことを大切さを再認識した。良書である。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー