通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ハーバードビジネススクール 不幸な人間の製造工場 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ハーバードビジネススクール 不幸な人間の製造工場 単行本 – 2009/5/21

5つ星のうち 4.2 16件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 200

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ハーバードビジネススクール 不幸な人間の製造工場
  • +
  • ハーバードMBA留学記 資本主義の士官学校にて
総額: ¥4,320
ポイントの合計: 131pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

アメリカで2008年に発売されると、たちまちニューヨークタイムズのベストセラーとなり、ウォールストリート・ジャーナルは「心胆を寒からしめ、非常に面白い」と評し、フィナンシャル・タイムズは「呆然とするほど魅力的」と絶賛したノンフィクション。
「資本主義の士官学校」と呼ばれるハーバードビジネススクール(HBS)。その内部を元デーリーテレグラフの記者であるイギリス人が描いたとあって、面白いことは請け合いだ。

出版のタイミングが絶妙。サブプライム問題に端を発した世界的経済危機にはHBSの卒業生が多数関わっている。著者は2006年卒業組だが、金融バブルを仕込んだOBたちの横顔を含めHBS全体が拝金主義に傾斜していった様を活き活きと体験として描いている。

いろんな人物がHBSの授業に訪れる。著者にとって印象的だったのがGEのジャック・ウェルチ。「企業はもっとも重要な組織だ。あらゆるものがその周囲を回っている」というウェルチの発言に、著者は「過去三〇年来もっとも敬意を払われてきた経営者がこんなことを言ってのけたことに、びっくり仰天した」と失望を隠さない。

著者は、『ハーバードMBA留学記』の著者で監訳者の岩瀬大輔氏(ライフネット生命副社長)と同級生。その岩瀬氏は、「誰もが感じていた不思議な居心地の悪さの正体」と題した解説を書いている。そのなかで本書のフレーズを引用している。
「私たちの社会は、自己陶酔的な表計算屋、パワーポイントのプレゼン屋によってなるほんの一握りの人間の階層に、過大な力を与えすぎてしまったのだろうか?」

HBS学校当局は。本書の内容に反発して、学生の目に触れないよう、ケンブリッジ界隈の本屋からなくそうとしたらしい。あのプライドの高いHBSが、と思えば、そのあわてぶりが興味深い。

内容(「BOOK」データベースより)

メリル・リンチを破綻寸前に追い込んだスタン・オニール、エンロンを破綻させたジェフ・スキリング、イラク戦争の当事者ブッシュ前大統領、世界を牛耳るハーバードMBAはこうして生まれる!英国人ジャーナリストの留学記。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 480ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2009/5/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822247465
  • ISBN-13: 978-4822247461
  • 発売日: 2009/5/21
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 278,818位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


関連メディア

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
ジャーナリストである著者が、ハーバードビジネスクール(HBS)にて自分が体験したこと、感じたことを率直に書いている本です。日本語のタイトルはやや挑発的ではありますが、本書を読み進めると分かる様に、著者は決して徹頭徹尾HBSの批判者というわけではなく、批判精神を失うことなくHBSで学んだ人、というのがふさわしいと思います。

多くの学びの機会に感謝する一方で著者が批判しているのは、合理主義の全能性、というべきものなのだと感じます。本書では著者が様々な"机上の空論"にあきれる様子がところどころで描かれています。おそらく、本書を読んだ多くの人々が、自らの働く現場においても、現場感覚より合理主義が優先される状況を思い浮かべながら、この本の様々な場面に首肯するのかもしれません。

もっとも大切なのは人間性や感性といったものであることには異論はありません。しかし一方で、ビジネススクールやその他機関が産みだしてきた、問題解決のための知的枠組みは、決して無用とはいえないと思います。これら知的枠組み(時にノウハウと謂われるもの)は、ある問題について考える際の貴重なヒントを与えてくれる場合が少なくありません。

重要なのは、このような知的枠組みの装備や思考力などに代表される頭と、人間性や感性のような心のバランスなのでしょう。もしビジネススクー
...続きを読む ›
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
パリ支局長まで勤めたジャーナリストが、仕事を止めて17万ドルの借金を背負い家族を連れて留学した記録。講師に競争戦略のマイケル・ポーターや、ジャック・ウェルチ、グーグルのCEOなど有名著名な経済学者や経営者のオンパレードで豪華絢爛。しかし経済は門外漢だったジャーナリストの目から見る効率性を追求した経済学は嫌悪感と違和感てんこもり……
ちょうど、通信講座でマーケティングだの経営学だのの科目をとっていたので非常に面白く読めました。通信大学でもハーバードでもやることはあんまり変わらないんだなと…。学生のレベルが段違いだから深度もディベートも比じゃないんでしょうけれども。
ファイナンスのレバレッジトリックのくだり、M&Aで身包み剥がしてさらっていくやりかたのくだりは怖気が立ちました。金持ちはどこまでも金持ちになれる仕組みというか、労働者は搾取される一方なのだなぁと。かといって経営者がどれほど素晴らしいことをしてるのかというとそうでもないという。
あと、人生(※仕事)は人脈だなぁと思いました。就職活動前の学生の皆さんには是非読んで欲しい本です。とても参考になると思います。因みに作者は涙ぐましいってほどでもない就職活動の結果、17万ドルの借金と妻子を抱えたまま就職に失敗していました。授業内容は羨ましいの一言でしたが、作者の人生はあまり羨ましくないです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ハーバード・ビジネススクールへの入学から、授業風景、クラスメートとの
ぶつかり合い、就職活動までの様子を、生き生きと描き出している。
そして著者が感じた違和感と、ビジネススクールの問題点を指摘する。

残念ながら、クラスメートに日本人は出てこない。一方で中国人やインド人の
話がよく出て来るのは、単なる偶然か、それとも国の勢いの違いか。

著者が指摘する問題点の中で、注目すべきと思うのは、
しょせん、金儲けの方法を教えるところに過ぎないのに、
同校の卒業生が「世界に違いをもたらすリーダー」とされている
点だ。ビジネス界のリーダー(になると仮定しても)が、選挙で選ばれた
政府やその他いかなる私人よりもすぐれている根拠はないし、
それは、一握りの人間に富が集中することの正当化につながる。
  
また、ハーバードに特有な問題として(細かなことだが)
1. 先端技術的な科目が弱いこと(なのに、同校の卒業生は
   実力以上に自分のことを頭が良いと思っているらしい)
2. ビジネス経験を持たない教授が起業を教えていること
 (だから、常にあら探しに余念がない)
ことだという。

これか
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ハーバードビジネススクール フィリップ・デルビス・ブロートン 岩瀬大輔監訳 日経BP 2009

岩瀬大輔氏の「ハーバードMBA留学記」を読了後に読んでみた。500ページ近い書である。
岩瀬氏の著作と比較してみると面白い。あとがきに岩瀬氏は誰もが感じていた不思議な居心地の悪さの正体を筆者が綴っているとしているが、岩瀬氏自身の著作ではその様な記述があっただろうか?まあそんな事はどうでも良いが、同じ時代に同じ授業を受けていたにも関わらずほぼ正反対な印象をHBSに持っている事が興味深い。そして本書がHBS周辺の本屋からは本書を排除しようとしているらしいと岩瀬氏はさらに書いていた。
筆者自身は新聞記者の経験を持ち英国英語を話す非米国人というスタンスである。
多くのHBS出身の犯罪者(エンロンのCEO等、相当数のろくでなしをHBSは輩出したと書かれている)や金融危機等に関連した人々とHBSの係わりなどを綴っている。それはグローバル資本主義(市場経済主義)への多くの人々が感じる違和感でもあるのだろう。
またHBSに在籍することによる大きな特権的待遇(スタディーツアー等における便宜供与)に関しても筆者は綴っている。
そして学生の根本的疑問が「我々はどうやってこれで充分だということを知るのか?」だと記し、真の金持ちの基準は自家用
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー