ハート・ロッカー [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,120
通常配送無料 詳細
発売元: ☆初耳の家
カートに入れる
¥ 3,130
通常配送無料 詳細
発売元: ブックオアシス高木堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ハート・ロッカー [DVD]

5つ星のうち 3.7 176件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,990
価格: ¥ 2,865 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,125 (28%)
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、☆Remedia OUTLET★【アマゾン倉庫より年中無休で発送】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 1,905より 中古品の出品:10¥ 15より

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でハート・ロッカー(字幕版)を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ハート・ロッカー [DVD]
  • +
  • ゼロ・ダーク・サーティ スペシャル・プライス [DVD]
  • +
  • ブラックホーク・ダウン [DVD]
総額: ¥4,719
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジェレミー・レナー, アンソニー・マッキー, ブライアン・ジェラティ, ガイ・ピアース, レイフ・ファインズ
  • 監督: キャスリン・ビグロー
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 英語, 中国語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2010/09/02
  • 時間: 131 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 176件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0030XN8VC
  • JAN: 4988013411524
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 7,187位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

第82回アカデミー賞最多6部門受賞!【作品賞・監督賞・脚本賞・編集賞・音響編集賞・録音賞】
本年度最大の話題作、遂に登場!

●『元夫婦対決』として世界中の注目を集めた第82回アカデミー賞において、あの『アバター』を抑え作品賞・監督賞を含む主要6部門を受賞!キャスリン・ビグロー監督は、《アカデミー史上初の女性オスカー監督》という栄誉も獲得。

●イラクで活躍する米軍爆弾処理班の活躍を描く、戦争アクションの金字塔!
危険な爆弾処理の現場をリアルに描いた緊迫感溢れる映像と、爆破&アクション・シーンの連続!

●世界の主要映画賞104冠に輝き、圧倒的な作品評価を獲得!
アカデミー賞以外にも全米映画批評家協会賞、全米監督組合賞、全米製作者組合賞、NY映画批評家協会賞、LA映画批評家協会賞、英国アカデミー賞など、
世界中のあらゆる映画賞を総なめにし、合計104部門の映画賞を受賞!映画史に残る揺ぎない評価を獲得した《全映画ファン必見の傑作》!


彼らは、数え切れない命を救う。たった一つの命を懸けて-。
2004年夏。イラク、バグダッド郊外。
「ハート・ロッカー」(兵隊用語で「苦痛の極限地帯」「棺桶」を意味する)は
高度な専門テクニックと冷静沈着な判断力を求められる爆発物処理班の若き兵士3人を主人公に、彼らの38日間の任務を追った物語。


【音声特典】
・監督&脚本家によるオーディオ・コメンタリー

【映像特典】
・US版・日本版予告編、TVスポット集(約6分)
・キャスト・スタッフ プロフィール(静止画)※日本版のみのオリジナル特典

【スタッフ】
監督:キャスリン・ビグロー
脚本:マーク・ボール
音楽:マルコ・ベルトラミ、バック・サンダース
音響効果:ポールN.J.オットソン
編集:ボブ・ムラウスキー、クリス・イニス
撮影監督:バリー・アクロイド
製作総指揮:トニー・マーク
製作:キャスリン・ビグロー、マーク・ボール、ニコラス・シャルティエ、グレッグ・シャピロ

【キャスト】
ジェレミー・レナー
アンソニー・マッキー
ブライアン・ジェラティ
ガイ・ピアース
レイフ・ファインズ
デヴィッド・モース
エヴァンジェリン・リリー
クリスチャン・カマルゴ

【ディスク仕様】
MPEG-2/片面・二層/リージョン2/NTSC

【トラック情報】
1)オリジナル DOLBY DIGITAL 5.1chサラウンド 英語
2)オリジナル dts 5.1chサラウンド 英語
3)日本語吹替 DOLBY DIGITAL 5.1chサラウンド 日本語
4)監督&脚本家コメンタリー DOLBY DIGITAL 2chステレオ 英語

(C)2008 HURT LOCKER,LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

アカデミー賞6部門を受賞した、キャスリン・ビグロー監督による戦争アクション。バグダット郊外ではブラボー中隊の爆発処理班が任務に及んでいた。ある日彼らは、殉職した仲間の代わりに新リーダーとしてジェームズ二等軍曹を迎え入れるが…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray Amazonで購入
爆弾解除までの時間との戦いや、周辺のテロリストへの警戒、普通の人では精神的に耐えられない環境下での任務をこなす主人公。
それが何日間も続き、そこの任務が終わっても、又次の任務に就く、ため息出る映画です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 羽純 VINE メンバー 投稿日 2010/9/10
形式: DVD Amazonで購入
 世界のあちこちで起こる紛争、そして介入する国、民間を支援するボランティア
今こうしている間にも尊い命は危険にさらされ、そして失われています。
 作品は残虐シーンが目的ではなく、現地の真実を伝える努力をしています。
主人公達の任務は爆弾処理、いつ爆発するか、いつ銃撃されるか分からない。
見ている側も緊張から解放されない、ずっとそんな感じが続きます。

 複雑な思いで見続けます。
兵士何人が死亡…新聞に載る数字を重く感じたことを思い出します。
ただの数字じゃない、そのひとつひとつに名前が有り、
そしてその先に、家族や友人がいるのです。
そう思うと、とてつもなく恐ろしい数字に見えて…

 爆死したリーダーに代わって着任した、新リーダーのジェームズ。
アフガンの任務にも就いていたスペシャリスト。
 的確な判断と腕には自信ありの自信過剰?でもそれだけとは思えない、
仕事(爆弾処理)に対する異様な執着を感じる。
常に死を意識しているのかいないのか?死に対する恐怖はあるのかないのか?
一瞬の迷い、一瞬の判断ミスが死を招く、仕事に臨む真の思いはどこに?

 危険な国、現場に身を置かなければ居られない、何がそう
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 とり トップ500レビュアー 投稿日 2011/5/5
形式: Blu-ray
戦争映画の魅力・意義が本作にあるのか? 反戦映画なのか、そうでないのか?
色々と、わかりにくい映画ですが、こちらも賛否両論の「ジャーヘッド」が好み、古典的な戦争映画が苦手だった私には、良作に感じられました。爆弾処理という設定から想像していたスリルある物語ではなく、臨場感を出すためか無意味とも思える長い空白。その間、無意識的に何かを考え続けているのが心地良い、私にはそんな映画でした。

彼はヒーローなのか、スリル中毒なのか? 
中毒にならなければ真のヒーローにはなれないのか?
故郷で待つ家族を大切に想うこと。
目の前にある危機を、一つでもいい、救おうとすること。
どちらも矛盾なしで一人の人間のなかに生まれ得る筈の感情、しかしそれは、共には成り立たない。

バロウズの小説『火星の交換頭脳』の中に、「平和な世の中には疫病が蔓延る」「いまわしい病気にかかってベッドで死んだとしても、楽しみもスリルもなくいかなる報酬も得られない」「我々はすべて死ななければならない、なら面白いゲームのなかで死に、ひきつづいて生まれてくる大勢の者に席をあけてやろう」「だから我々は将来も戦争をなくそうとはしないのだ」・・・そういう意味の台詞があります。
私は基本的に反戦の主義、戦争で犠牲になるのはたいてい民間の弱者で
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ∩( T)∩  ∩(Y )∩ トップ1000レビュアー 投稿日 2012/1/13
形式: DVD
主人公は唯の爆弾解体中毒者ではなく、感情の無い男でもありません。
冗談でも奥さんを馬鹿にすることを許しませんし、子供と遊ぶのも好きな男です。
ただ、ある極めて特殊な仕事の才能がありすぎたために、
一般的な日常が非現実的になってしまったのでしょう。

そんな彼(ひいては爆弾処理班や米兵)を称える様な描かれ方はされていなかったと思います。
3人いた主要人物のうち、1人は戦争を終始恐れ、タフだったもう1人も心が折れています。
そしてもう1人、つまり主人公ですが、この映画では応援も祝福もされていません。
むしろ「死」を予感させる不吉なダイアログが示されて映画は終わってしまいます。
彼を英雄のように賞賛している人物も登場しますが、一寸だけ。名前もなし。
どちらかというと、彼は悲劇の人として描かれています。
彼は家庭を顧みない解体中毒男に成り切ろうとしていますが、
たぶんこの先も人間性を捨て切ることは出来ないでしょう。
「好きなものは1つしか残っていない」なんて言いながら、奥さんも子供も大好きで。
探せば他にも見つかるかもしれません。

ラストシーンでは主人公が「爆弾処理兵が必要だ」とは言っていますが、
「戦争は必要だ」「兵士
...続きを読む ›
コメント 55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す