ハート・ロッカー (期間限定価格版) [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ハート・ロッカー (期間限定価格版) [DVD]

5つ星のうち 3.7 176件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 3,600 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、☆丁寧梱包堂☆ 年中無休-迅速発送店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 3,249より 中古品の出品:3¥ 1,513より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ハート・ロッカー (期間限定価格版) [DVD]
  • +
  • ゼロ・ダーク・サーティ スペシャル・プライス [DVD]
  • +
  • ブラックホーク・ダウン [DVD]
総額: ¥5,351
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジェレミー・レナー, アンソニー・マッキー, ブライアン・ジェラティ, ガイ・ピアース
  • 監督: キャスリン・ビグロー
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Dubbed, Limited Edition
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2013/02/02
  • 時間: 131 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 176件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00ANFB2EK
  • EAN: 4988013332065
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 67,737位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

キャスリン・ビグロー監督の傑作が初の廉価版で登場! !


第82回アカデミー賞最多6部門受賞! !
★作品賞
★監督賞(キャスリン・ビグロー)
★脚本賞(マーク・ボール)
★編集賞(ボブ・ムラウスキー、クリス・イニス)
★音響編集賞(ポール N.J.オットソン)
★録音賞(ポール N.J.オットソン、レイ・ベケット)

+世界の主要映画賞105冠獲得!

[内容解説]
2004年夏。イラク・バグダッド郊外。
爆発物処理に従事する米陸軍のブラボー中隊に、ジェームズという新たな班長が赴任してくる。
この危険極まりない任務を遂行するには、爆弾の解除を実行する班長とサポート役の兵士とのチームワークが必要不可欠だ。
しかし、ジェームズはことごとく作業上のルールを無視し、部下のサンボーンとエルドリッジを恐怖と不安のどん底に陥れていく。
時に激しく対立しながらも、次々と過酷なミッションを切り抜けていく3人。
しかし戦場の理不尽な現実は彼らに容赦なく牙を剥き、想像を絶する試練を突きつけてくる。
ブラボー中隊、任務明けまで、あと38日・・・・・。

[特殊内容/特典]
【映像特典】※日本版オリジナル特典
■キャスト・スタッフ プロフィール(静止画)※
■劇場予告編+TVスポット集 6分※
【音声特典】
■監督&脚本家コメンタリー

[スタッフキャスト]
【スタッフ】
監督:キャスリン・ビグロー
脚本:マーク・ボール
音楽:マルコ・ベルトラミ
バック・サンダース
音響効果:ポールN.J.オットソン
編集:ボブ・ムラウスキー
クリス・イニス
撮影監督:バリー・アクロイド
製作総指揮:トニー・マーク
製作:キャスリン・ビグロー
マーク・ボール
ニコラス・シャルティエ
グレッグ・シャピロ
【キャスト】
ウィリアム・ジェームズ二等軍曹:ジェレミー・レナー 『S.W.A.T』 『28週後...』
J.T.サンボーン軍曹:アンソニー・マッキー 『ミリオンダラー・ベイビー』 『イーグル・アイ』
オーウェン・エルドリッジ技術兵:ブライアン・ジェラティ 『カンバセーションズ』 『守護神』
マット・トンプソン軍曹:ガイ・ピアース 『L.A.コンフィデンシャル』 『メメント』
請負チームリーダー:レイフ・ファインズ 『イングリッシュ・ペイシェント』 『愛を読む人』
リード大佐:デヴィッド・モース 『グリーンマイル』 『16ブロック』
コニー・ジェームズ:エヴァンジェリン・リリー 『LOST』
ケンブリッジ大佐:クリスチャン・カマルゴ 『ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記』

[発売元]ブロードメディア・スタジオ

(C)2008 Hurt Locker,LLC.All Rights Reserved.

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

キャスリン・ビグロー監督による戦争アクション。2004年夏、バグダッド郊外で爆発物処理に従事する米陸軍のブラボー中隊に、ジェームズという新たな班長が赴任して来るが…。主演は『28週後...』のジェレミー・レナー。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray
戦争映画の傑作と個人的に思っているのですがなんかいまいち日本での評価が低い。
アメリカの言い訳映画とか戦争中毒の男の映画とか、みんな勘違いしてますよ。

この映画を批判する人はだいたい反米思想という自分の主観で見ているように感じます。テロリストが仕掛けた爆弾を解除することのどこが戦争賛美なのでしょうか?

これは主人公の成長の物語なんですよ。最初は中毒のようにゲーム感覚で爆弾処理をしていく主人公。「自分は何でもできる」という子供がもつ万能感をいまだに持っている。しかし、中盤から子供の死体にブービートラップをしかけるテロリストの残虐さ、自分よりインテリなイラク人がいることに気付く。つまりイラクの現状をまったく理解していないことに気づくんですよ。そして、イラクの不条理な現実に苦悩するなかで爆弾処理に失敗し、仲間を誤射し、爆弾を仕掛けられたイラク人を救えない。すべてが狂っていく。

任務を終え、アメリカに帰り平凡な日常をすごしていく中で幼い息子に言う「大人になれば本当に好きなものは1つか2つ。オレは、1つだ。」そして戦場に帰っていく。

戦争中毒だから戦場に帰ったのではなく、主人公は自分のできることを悟ったんですよ。失敗はしたが、それでも自分には爆弾処理しかない。それが最良のことだと思ったから、もう
...続きを読む ›
5 コメント 189人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ∩( T)∩  ∩(Y )∩ トップ1000レビュアー 投稿日 2012/1/13
形式: DVD
主人公は唯の爆弾解体中毒者ではなく、感情の無い男でもありません。
冗談でも奥さんを馬鹿にすることを許しませんし、子供と遊ぶのも好きな男です。
ただ、ある極めて特殊な仕事の才能がありすぎたために、
一般的な日常が非現実的になってしまったのでしょう。

そんな彼(ひいては爆弾処理班や米兵)を称える様な描かれ方はされていなかったと思います。
3人いた主要人物のうち、1人は戦争を終始恐れ、タフだったもう1人も心が折れています。
そしてもう1人、つまり主人公ですが、この映画では応援も祝福もされていません。
むしろ「死」を予感させる不吉なダイアログが示されて映画は終わってしまいます。
彼を英雄のように賞賛している人物も登場しますが、一寸だけ。名前もなし。
どちらかというと、彼は悲劇の人として描かれています。
彼は家庭を顧みない解体中毒男に成り切ろうとしていますが、
たぶんこの先も人間性を捨て切ることは出来ないでしょう。
「好きなものは1つしか残っていない」なんて言いながら、奥さんも子供も大好きで。
探せば他にも見つかるかもしれません。

ラストシーンでは主人公が「爆弾処理兵が必要だ」とは言っていますが、
「戦争は必要だ」「兵士
...続きを読む ›
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
危険物処理隊というのだろうか、仕掛けられた爆弾を解除する部隊の心を描いた映画。舞台はイラク・バグダッド。1年間勤務して短い休暇を得て、再び戦場に復帰する。
銃撃戦は人殺しで辛いところがあるが、爆弾処理は人命を救助するということで少しは明るいかなと思われたが、甘かった。ここもすこぶるキツイ。
手持ちのカメラでワークしているようで、臨場感が漂う出だし。活動の外側を淡々と描写していて、それはそれで終わってもいいかと思うが、ベッカムと名乗るDVD売りの少年が消えてから次第に内面描写へと迫っていく。発見した少年は虫の息で、体内には爆弾が埋め込まれる手術を受けていたところだった。
ここまで観て「おや?ヘンな人道主義映画になったのかな」と危ぶまれた。しかし、少年と親しんでいた兵士が個人的に正義心をエキサイトした、納得のいく進展だった。
やがて、仲間を傷つけてしまうというところまで暴走し、どんどんと内面葛藤の深みに引き込まれていく。
ドンパチをやらない部隊の全体的には地味な映画ながらも、スリリングな銃撃戦はあり、そして解除しきれない人間爆弾の炸裂という場面があり、それなりにエンターテイメントとしての見せ場を作っている。

英語は得意ではないが「ハートロッカー」とは「心を鎖ざした人間」ということだろうか? そのような登場人物はいなかったが、鎖ざしてしまいたくなるような任務である。アラブの人たちも、アメリカ軍からすれば「ハートロッカー」かもしれない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 米兵たちが誰と戦っているのかよく分からないのが印象的だ。

 兵士たちは見えない敵にいつも怯えており、一般のイラク人はおろか、仲間に対しても銃を突きつけ怒声を浴びせかける。

 物語の終盤、イラクでの任務を終えた兵士がアメリカに帰還する。

 郊外の大きな家や家族、大型ショッピングセンターといった、およそ戦場とはかけ離れた現実が映し出される。

 死と隣り合わせの戦場で過ごしてきた兵士たちは、平和な日常に順応できない。爆弾処理をしていた主人公が、スーパーに大量に陳列されているコーンフレークの前で困り果ててしまうシーンがとりわけ象徴的である。

 映画のラストで、主人公はどういうわけかイラクに戻ってしまう。理由は明かされない。「任務完了まであと365日」というクレジットが表示されるだけである。

 見えない敵、帰還兵問題、終わりの見えない戦争。本作はこれらのテーマを巧みに表現した作品と言える。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す


フィードバック