ハートビート (CCCD) がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,000
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: machan78♪
カートに入れる
¥ 1,024
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: MYC SALES
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,100MP3アルバムを購入

ハートビート (CCCD)

5つ星のうち 3.6 10件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,132
価格: ¥ 1,000 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,132 (68%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、せんとくんのお店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
【1,500円OFF対象商品】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の GOING UNDER GROUND ストア


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ハートビート (CCCD)
  • +
  • ホーム
  • +
  • かよわきエナジー
総額: ¥4,495
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2003/10/22)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
  • 収録時間: 52 分
  • ASIN: B0000CD8HA
  • JAN: 4988002452422
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 223,660位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
4:50
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
3:19
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
4:27
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
3:27
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
4:58
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
6
30
3:48
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
7
30
5:04
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
8
30
5:10
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
9
30
4:33
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
10
30
4:55
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
11
30
7:19
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 

商品の説明

Amazonレビュー

   ギター・バンドには“青春”の要素が必要不可欠だと思うのだが、2000年代の日本のバンドのなかでもっとも青春を感じさせてくるのがゴーイング・アンダー・グラウンドであり、メジャー通算3枚目となる本作は、彼らのなかにある青春――人間はいつも一人であるという事実と“誰かと繋がっていたい”という欲望から生まれる葛藤――をもっとも端的に表現したアルバムとなった。「向き合った未来のハーモニー それだけはポケットにあったんだ」(「ハートビート」)。こんなフレーズを青っぽい焦燥感のなかで描き出せるバンドを、僕は他に知らない。(森 朋之)

メディア掲載レビューほか

松本素生の紡ぐメロディはしごく金太郎飴的という難点に目をつむれば、おそらく日本最強の水準にある。胸をギューッと締めつけられる快感は、このバンドが目指す方向が強度や激しさではなく、柔らかさや切なさにあることを如実に示している。なにげに貴重な存在である。
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
~北海道ローカル番組、いやもはや全国区になりつつある
「水曜どうでしょう」で有名なミスターこと
鈴井貴之監督が贈る映画「銀のエンゼル」で
使われている曲「トワイライト」と「さえないブルー」が
収録されています。
「さえないブルー」の方が映画のイメージに
ぴったりのような曲なので、映画を見てない方、もしくはもう見た方の
どちらの方が~~聞いても満足できます。~
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 gflow VINE メンバー 投稿日 2003/10/26
形式: CD
シングル「ダイアリー」「トワイライト」を含む通算三枚目。「トワイライト」「リバースエッジ」「ハートビート」でのリスナーへの歩み寄りの近さは尋常ではなく、ここまで1:1を描きだした歌もそうそうないのではと思う。一種、奇跡的な輝きがある。ただ、今回のアルバムはメンバーの共作曲が多いためか、今までにないカラーが調所に出ている分、全体としてのおさまりが悪い印象も否めない。それと、CCCDの影響で音が濁って聞こえる(CCCDでないマキシの初回盤も持っているので比べれば音質の違いは明白)のが残念でならない。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
1曲、1曲は非常に良い曲だ。
特に『トワイライト』は名曲だろう。
少しオトナになった感じのする『ゴーイングらしい』アルバムだ。
しかし、どう云う訳なのかアルバムを通しで聞いてみると、全体的にまとまりが悪い感じがする。
しかも、CCCDで音質はあまりよろしくない。
その2点を考えると、星4つが妥当だと思う。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/1/25
形式: CD
私小説的な純粋さにひかれて『ホーム』『かよわきエナジー』と聴いてきたが、今作はもっと普遍的(職業的?)なポップロックを作ろうとしてる感じ?『トワイライト』はその成功例だろうが、『銀河行き』『虹ヶ丘』は形式だけドラマチックに作りすぎて逆に心に残らない。こういう曲が入っている為かアルバム全体での印象が前2作に比べて薄いと思う。逆に『ビターズ』『さえないブルー』やシングルの2曲はゴーイングのセンチメンタルさが感じられ、アルバム中際立って良い。また河野さんの『ハートビート』『かいき』も良く、ソングライターとしての成長が現れている。良い曲だけ残してミニアルバムとして出してくれたほうが、ゴーイングの個性が光ったのでは?このアルバムで初めてゴーイングを聴く人は、『ホーム』か『かよわきエナジー』も一緒に聴いて欲しい。ゴーイングファンとしては、今作はやや物足りないと思うが、次の作品に期待を持たせる内容と思う。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
なんででしょうね。
意外と低評価の多い作品なんですが普通に良い作品だと思いますよ。
とにかく一曲一曲のレベルが高くて聴きやすい。
前作「ホーム」のように暗くなく明るい作風に仕上がってるのでサラッと聴けます。「リバーズエッジ」「さえないブルー」「銀河行き」なんかはもっと評価されても良い名曲です。
そしてシングル「ダイアリー」「トワイライト」「ハートビート」と彼らを語るには欠かせない代表曲が3曲も収録されており入門盤にも最適なアルバムかと。見かけたら是非。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す