通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ハンティング 上 (ハーパーBOOKS) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆見返しにシールの剥がし跡があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ハンティング 上 (ハーパーBOOKS) 文庫 – 2017/1/25

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 960
¥ 960 ¥ 216

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ハンティング 上 (ハーパーBOOKS)
  • +
  • ハンティング 下 (ハーパーBOOKS)
  • +
  • 三連の殺意 (マグノリアブックス)
総額: ¥3,078
ポイントの合計: 94pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

地中深くに掘られた拷問部屋――
無数の血痕が物語る、連続殺人犯の悪魔のような手口。

極上のクライム・ノベル
――マイクル・コナリー

田舎道にふらりと現れ、車に轢かれたという意識不明の女性がERに運び込まれた。
全裸の女性の体には拘束され、拷問されたような傷が無数に走り、奇怪なことに肋骨が1本もぎ取られていた。
ジョージア州捜査局特別捜査官ウィル・トレントは事故現場に急行。
森の奥深くでおぞましい拷問部屋を見つける。
地中深くに掘られた不気味な穴の中は血に染まり、死臭に満ちていた――。

内容(「BOOK」データベースより)

田舎道にふらりと現れ、車に轢かれたという意識不明の女性がERに運び込まれた。全裸の女性の体には拘束され、拷問されたような傷が無数に走り、奇怪なことに肋骨が1本もぎ取られていた。ジョージア州捜査局特別捜査官ウィル・トレントは事故現場に急行。森の奥深くでおぞましい拷問部屋を見つける。地中深くに掘られた不気味な穴の中は血に染まり、死臭に満ちていた―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 384ページ
  • 出版社: ハーパーコリンズ・ ジャパン (2017/1/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 459655045X
  • ISBN-13: 978-4596550453
  • 発売日: 2017/1/25
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 229,320位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
シリーズものと知らずに読み始め、主要人物たちがそろいもそろって悲惨な運命を背負っていて、これはシリーズものでは?と気づいた次第。拷問され肋骨を1本もぎ取られた被害者を治療した女医のサラは、警官だった夫を殺され今だ喪失感の真っ只中。事件の捜査にあたるウィルは難読症、空間認識も不能、そのパートナーのフェイスは糖尿病を発症した妊婦、ウィルの妻は家出中ながらふらっと現れウィルを翻弄する悪女。拉致、監禁、拷問という猟奇的事件の被害女性たちはみなキャリア派の富裕層だが、拒食症の嫌な女たち。あまりに救いがない設定のせいで、救いを求めて下巻まで一気に読んでしまった。もちろん、戻ってシリーズ最初から読むつもり。この先少しでもサラにもウィルにもフェイスにも救いがあるように願って、続編も読むつもり。よくある猟奇的事件、よくある心に闇を抱えた捜査官たちという設定ではあるが、登場人物たちの魅力と、テンポの速さについ引き込まれてしまった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告