中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆除菌クリーニング済み◆外観・冊子内に軽度の擦れや使用感がございます◆目立つ傷み等なく綺麗な品となります◆本商品はアマゾンコンディションガイドラインに則して出品している商品となります(ご注文前にご参照下さい)◆中古商品の為、発行年によりカバーデザインが異なる場合がございますのでご理解ください(本文内容に問題がある場合のみ、返品対応となります)◆【帯・ハガキ・チラシ】等の封入物や【アマゾン商品詳細欄に記載の無い付属品】は原則付属しないものとしてお考え下さい(ある場合は付属しての発送となります)◆アマゾン専用販売品の為、在庫切れはありません◆最終検品時に製品に問題があった際は、ご注文キャンセルにてご対応とさせて頂きます★商品の発送:ご注文日より2日以内に発送となります(土日/祝祭日は順次発送)★配送業者:ヤマト運輸・佐川急便・日本郵便のいずれかを利用しての発送となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ハングリーであれ、愚かであれ。―スティーブ・ジョブズ最強脳は不合理に働く 単行本 – 2011/7

5つ星のうち 2.2 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,511 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「ハングリーであれ、愚かであれ」はジョブズがスタンフォード大でおこなった名スピーチの結びの言葉だ。それにしてもなぜ、満たされた状態でなくハングリーでなくてはいけないのか。なぜ、「賢く」ではなく「愚か」でなくてはいけないのか。本書を読み終えたときにジョブズの言葉の真意がわかるだろう。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

竹内/一正
1957年岡山県生まれ。徳島大学工学部大学院修了、米国ノースウェスタン大学にて客員研究員として材料工学を研究。松下電器産業(現パナソニック)にエンジニアとして入社。パソコン用磁気記録メディアの新製品開発、海外ビジネスに従事。その後、アップルコンピュータ社にてMacOSのライセンス事業、PowerMacのマーケティングに携わる。その間、スティーブ・ジョブズが暫定CEOとしてアップル社に復帰。以降、日本ゲートウェイ(株)、メディアリング(株)の代表取締役などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 231ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2011/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4023309648
  • ISBN-13: 978-4023309647
  • 発売日: 2011/07
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.2 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 628,127位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
本書は著者のジョブスに関する過去の作品の焼き直し。
ウォズニアックと出会い、アップルを立ち上げ、追いだされ、出戻りして復活するまでの紆余曲折が内容のほとんど。
著者の作品を多数読んできた読者にとっては全くと言っていいほど、真新しい内容が無く残念至極。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「最強脳は不合理に働く」のタイトルではあるが、これでもかというくらい脳科学的な解説ばかり。
ジョブズがこういう考えをするのは脳内のなんとか物質の作用だ、みたいな事の繰り返し。
本書を手にとってハングリーとか愚かの意味を知りたい人って、そういう意味を知りたいわけじゃないんじゃないかな。少なくとも私はそうでした。

書かれていることはスタンフォードのスピーチくらいの内容で、他のジョブズ本を読んだ人にはあまり新しい内容はありません。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
スティーブジョブズ本を何冊か読んだ方には目新しさはないかも
しれませんが、エピソードはよく整理されており、また、かなり
新しいところまで網羅されています。
ジョブズ部分はそれなりに面白く読めました。
ただ、各章に挿入される脳科学的説明は全く不要。
これがなければ★3〜4かな。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ジョブズが3度目の病気療養に入ったため、急遽編纂された“まとめ本”ですね。
ジョブズが亡くなった今となっては、多くの追悼本が出版されており、本書の価値はかなり下がってしまったのではないだろうか。
単なるまとめ本になるのを避けるために、脳科学の話を絡めようとしているが、それも著者の推測の域を出ない。
ジョブズの脳を計測したわけでもなく、著者が脳科学の権威というわけでもないので、関連付けや分析が甘い。
「ジョブズ」×「脳科学」で、流行モノを2つ混ぜれば売れるんじゃないかという、思考の浅い企画で生まれた本のような臭いがする。
脳科学の話が邪魔で資料としても使いにくい。素直にまとめ本としてのクオリティを上げたほうがよかったのではないだろうか?
せっかく大量の資料を調べているのに残念。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ジョブズという例に沿って、脳科学を説明しているので、脳科学を分かりやすく説明する手段として、みんなの注目を得やすいジョブズを通して見ているように感じました。
普通に説明するだけでは、絶対に読み飛ばすような内容ですが、彼に付随的に説明することは頭に入りやすかったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
有名なスタンフォード大学でのスピーチのタイトルに惹かれて買ったが、内容は全くの期待外れでした。既に知られてるジョブズ氏のエピソードとその時のジョブズ氏の脳内物質がどう働いたか?を解説してるだけで新しい内容やビジネス書として買った人にとっては時間の無駄です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告