Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 417

¥ 220の割引 (35%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[スーザン・コリンズ]のハンガー・ゲーム(上) (文庫ダ・ヴィンチ)
Kindle App Ad

ハンガー・ゲーム(上) (文庫ダ・ヴィンチ) Kindle版

5つ星のうち 4.0 24件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 417
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637 ¥ 44

商品の説明

内容紹介

首都キャピトルが12の地区を支配する国、パネム。毎年、12の地区からは少年少女が1人ずつ「贄」として選出され、最後の1人になるまで殺し合う「ハンガー・ゲーム」が行われる。反乱を抑えるための「見せしめ」だ。16歳のカットニスは、不運にも選ばれてしまった最愛の妹のために、出場を志願する。そして、命を賭けた究極のサバイバル・ゲームが幕を開ける──!

内容(「BOOK」データベースより)

首都キャピトルが12の地区を支配する国、パネム。毎年、12の地区からは少年少女が1人ずつ「贄」として選出され、最後の1人になるまで殺し合う「ハンガー・ゲーム」が行われる。反乱を抑えるための「見せしめ」だ。16歳のカットニスは、不運にも選ばれてしまった最愛の妹のために、出場を志願する。そして、命をかけた究極のサバイバル・ゲームが幕を開ける―。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 490 KB
  • 紙の本の長さ: 319 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / メディアファクトリー (2012/8/9)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B0096GZ144
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 62,589位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
 プロットについて方々でバトルロワイヤルとの類似が指摘されていますが、コリンズはバトルロワイヤルにインスパイアされた、と公言しているのでバトロワファンはオマージュとして生暖かい目で見るのがよいのかもしれません。

バックマン・ブックス〈4〉死のロングウォーク (扶桑社ミステリー)
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
妹を、そして母を守るべく、カットニスは24名のサバイバル、
「ハンガー・ゲーム」に身を投じる。
家族・親友との悲しい別れ、
首都キャピタルでの新たなる仲間達との出会い・支えを通じて、
人間としても、戦う技術も成長するカットニス。
とは言え、裏切りが常態化し、策謀張り巡らされた世界で生き残ることができるのか?

本編であるハンガー・ゲームが始まるまでの前段が長く冗長としているが、
いざ本編に入ってからは、一瞬たりと目を離せないスピーディーな展開に、
読者は物語の世界に引き込まれていくこと請け合い。
いつの間にかカットニスを応援している

ようやく自分の武器を手に入れたカットニスは勝者となれるのか?
下巻が非常に楽しみ!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
映画が面白かったので原作を読んでみました。たぶん映画を見ていなくても楽しめたのではないかと思います。それだけの面白さがあります。
主人公のカットニスは映画版よりも大人びていてたくましく、ちょっとニヒルな印象。よりクールな感じで良いですね。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
バトロワ知らずに書いたんだとしても、年端の行かない若者たちが殺し合いをさせられる、というモチーフがカブっちゃってる以上、そりゃあちらの方が先行しているわけだからこっちは分が悪いというか、どうしても比べて読んでしまうのは致し方ないところ。
といっても、あっちを読んだのも随分前のことだから記憶も薄れてますが。
なので、改めて読むとあっちの印象も変わるのかもしれませんが、今回こっちを読んでて思ったのは、結構あっさりしてるなぁ、ということ。
殺しっぷり、殺されっぷりが淡白だと思いました。
そういった点ではあっちの方が振り切ってた気がしたんですけど、どうでしたっけね。

こういう類のって、そこの部分の描写が結構肝心だと思うんです。
そこをグロいくらいに書き込むことで、ゲームの不条理性だとか理不尽さが際立って、体制への反抗の色合いも強められるのではないかと。
あと、そうした方が、大人たちが大好きな「命の重み」ってやつももっと、逆説的に伝えられるんじゃないかと思うんですけど、受け手側の成熟度にも依るんですかねぇ。
映像でそれをやるのとはまた話は別だと思うんですけど。
なんかその辺り、向こうのPTAだか教育委員会だかへの配慮かどうか分かりませんけど、ブレーキかけてる感じがしてモヤモヤが残るなぁと思い
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
ストーリー展開、内容、見せ方。すべてにおいてレベル高いです。

終始主人公の感情に寄り添って物語が進行していて、感情移入がしやすかったです。

この小説、アメリカで流行っているリアリティ番組が影響しているみたいですね。

小説内で行われていることはとても凄惨な事なのに、小説内ではまるでテレビを通して見るエンタテインメントのように表現されています。

だけどそれを楽しむ視聴者を感じると、なんだかとてもおぞましい気分になる。

この「おぞましい」感覚が、今のアメリカ社会の中にいる若者が感じていることなのかな?と思いました。

「今」という時代感覚をしっかりと反映したエンターテインメント小説です
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover