通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ハンカチ王子と老エース 奇跡を生んだ早実野球部10... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ハンカチ王子と老エース 奇跡を生んだ早実野球部100年物語 単行本 – 2006/11/11

5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

昭和6年と平成18年――
時空を超えた衝撃の甲子園ノンフィクション!

斎藤佑樹独占!ロングインタビュー
「僕はあの日から、鬼になった」収録

アルプススタンドへ走る斎藤の目から、みるみる涙が溢れ出した。「僕たちを支えてくれた仲間がいました。その顔が見えて、涙が出たんです。肩の重みが抜けていきました。早実野球部100年の思いから、解き放たれた気がしました」
「鬼」と化した斎藤が、普通の「青年」に戻った瞬間だった。

「あの乾いた音、糸を引くように三遊間を抜けていった打球のことは、忘れられない。自分にとって一瞬の、しかし人生のなかでこの上なく悔しく、思い出深いあの光景を」
75年前の8月、若き日の老エースは、斎藤が立つ同じ甲子園のマウンドにいた。

内容(「BOOK」データベースより)

昭和6年と平成18年―時空を超えた衝撃の甲子園ノンフィクション。斎藤佑樹独占!ロングインタビュー「僕はあの日から、鬼になった」収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 306ページ
  • 出版社: 講談社 (2006/11/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062136848
  • ISBN-13: 978-4062136846
  • 発売日: 2006/11/11
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 948,717位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 らぱえ トップ1000レビュアー 投稿日 2013/7/19
形式: 単行本 Amazonで購入
もう、廃れましたね。金をどぶに捨てました。こういう本は、図書館で借りて読むが、Best と、つくづく。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 昨夏の早実の戦いぶりは西東京大会から見てたけど、準決勝の日大鶴が丘戦、決勝の日大三高戦がそれこそ奇跡的な勝ち方だったので、正直、甲子園に出られるだけでいっぱい、いっぱい、って気もしてた。“突如崩れる斎藤”ってのも相変わらずだったし。

 ところが甲子園で一戦一戦、力を付けていったよね、ものすごくチームにまとまりが出てきて。特に大阪桐蔭戦の勝ち方でもしや、って期待が膨らんだ。あの中田との勝負っぷり!それが伝統なのか、先輩たちの無念の集積なのかわかんないけど、“もののけチック”なパワーが斎藤に、早実ナインに憑依しているのがハッキリと感じられた。それは思わず身震いしたくなるような目に見えないチカラ。俺は別段、早実ファンじゃないんだけど、昨夏の早実の戦いぶりには魅入られてしまったもの。野球の面白さって奴もあらためて感じさせてもらったし。あの駒大苫小牧との決勝、再試合はドラマとして出来過ぎだよね。もう、あれ見られただけでほんと幸せ!それにしても早実野球部って、100年の歴史の中で“老エース”こと島津雅男、王貞治、荒木大輔、そして斎藤佑樹の活躍がほぼ四半世紀ごと、ってのが面白いよね。やっぱ、そういうサイクルってあるんだなって。野球人気の陰り、みたいなことがここ数年言われてたところに、斎藤とか田中とか出てきて、そういうのってポッと突然変異的に出てくるものじゃなくて、連綿と続
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
最初はミーハー本かと思ったら、ものすごく面白かった。

早実の本がいくつか出ているけど、中身はいちばん濃いと思う。

斎藤ファンのみならず、野球ファン、全てのスポーツファンにお薦めしたい一冊です。

早実野球部100年の歴史は、やっぱりハンパじゃないですね。

島津雅男(老エース)、王貞治、荒木大輔、斎藤佑樹。

四人のエースの物語は、それぞれに光と陰があり、

高校野球の醍醐味は「負けたら終わり」なところにあると、

改めて思いました。

私も3章のキャッチボールのシーンでは泣きました。

そして7章では、「斎藤って、結構エグいな」と、新鮮な驚きがありました。

決してヨイショ本ではなく、斎藤の「本当の顔」が伝わってきます。

帯に「鬼になった」と書いてあるけど、その通りだと思いました。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 最終電車で酔客が若い女性にからんでいた。かたわらには、学生服を着た一団が立っている。「おい、何とか言えよ」。車内の空気が一瞬にして緊迫した。そのときだった。若者の一人が酔客の前に立ちふさがった。と同時に、他の学生服たちも女性の盾となるように酔客の周りを取り囲んだ。無言の反旗。その静なる異議を前に酔客は次の駅で降りていった。扉が閉まると、車内に清々しい風が吹き抜けた。少年たちのスポーツバッグには「W」の頭文字があった。あの深夜の電車と同じ風を、この夏、甲子園でも感じた。悲願の初優勝を遂げた早稲田実業と、75年ぶりの夏三連覇を目指した駒大苫小牧との激闘。球場で繰り広げられた死闘はもちろん、「ハンカチ王子」こと斎藤佑樹投手と、北のエース田中将大選手が残した薫風のようなスポーツマンシップは、夏、秋、冬と季節を経ても脳裏に焼き付いて離れない。

 感動の決勝戦にいたるまでの秘話が綴られ、知られざる早実野球部の悲願を紹介した同書は、斎藤佑樹選手のみならず、島津雅男、王貞治、荒木大輔といった日本の球界史に輝かしい名を刻んだ偉大なる早実野球部OBたちの心の軌跡を横軸に描出した壮大なスポーツロマンである。甲子園のスターたちの光(栄光)と影(挫折)に焦点をあて、「野球とは何か」「勝負とは何か」を問いかけ、「不可能だと思わない限り、人間は決して敗北しない」と説く同書。勝負を委ねられ
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
うだるような暑さ、青い空、蝉の声。

どこにでもありそうな夏を、2人の高校球児がガラリと変えてしまった。

斎藤と田中の激戦は誰の眼にも「運命」を焼き付けたと思う。

けれど、同じ夏、同じ空の下で、こんな「運命」の物語があったなんて知らなかった。

本当の「運命」は私たちの知らないところで少しずつ始まっていたのかもしれない。

斎藤投手の一球一球に込められたもの。歴史、戦争、命・・・。

およそ、私たちが思い当たる「願い」と呼ばれるものは、あの夏、斎藤投手が握り締めていた。

そんなことを考えると、あの夏の自分は何か大切なものを見落としてしまったんじゃないかと思ってしまう。

まさに劇的。こんな予定調和みたいな物語が事実だなんて。

奇跡を信じられなくなった方、ここに奇跡があります。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告