通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ハルビン・カフェ (角川文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ハルビン・カフェ (角川文庫) 文庫 – 2005/7/23

5つ星のうち 3.9 12件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 884
¥ 884 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第5回(2003年) 大藪春彦賞受賞

内容紹介

裏切り、嫉妬、権力への欲望。男は、粛清の名のもとに血を流し、女は、愛のために決断をする。打海文三が真価を発揮した最高傑作!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 600ページ
  • 出版社: 角川書店 (2005/7/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4043615027
  • ISBN-13: 978-4043615025
  • 発売日: 2005/7/23
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 305,329位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
文庫版の「ハルビン・カフェ」を書店の平積で見て始めて見ました。

装丁とタイトルがすごく良かったのでジャケ買い(^^)しました。

パラパラッとめくると、最初に地図があります。

地図がある本はわたしにとって「買い」

さかのぼれば、20年前、「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」や「指輪物語」の頃から、

最近では「サブリエル」など、あまりはずれたことはありません。

さて、内容は「クライムノベル」なんですが、

このレベルのものを、同時代に同じ国の人が書いた文章で

(つまり翻訳のバイアス無しで)読めるのは大変シアワセなことだと思いました。

とにかく、タイトルの持つ雰囲気と導入部に期待を膨らまして読み始めます。

場面転換が多く、説明が食い足りない分、読んでいて振り回される感じがします。

ちょっとイライラしたり、謎の主人公の男の正体が思ったより早く分かったり、少し不満にも思いましたが、

語り口や雰囲気になじんでくるラストに到る頃には、そんなことはあまり気にならなくなっています。

結局、架空の都市、多民族、
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
物語が始まる前からすでにトリックが始まっている。
最初から小さな謎が暗示されており、その小さな謎が解かれると
より大きな謎が深まるという構造になっているため、一度読み始めると
途中で止めることは非常に難しい。
複雑なプロットのため読者の頭に入っていく情報量は増大する一方。
おかげでクライマックスに近ずくほどに読むスピードが落ちてくる。
緊迫感は最期まで持続するので、読み終わるとどっと疲れる。
不満な点は、謎めいた主人公の内面が、最期まで共感不可能なこと。
まるで「空白の中心」を回転する物語のようでもある。
最期にロープシンの「蒼ざめた馬」の影響は否定できないハズ、と思いました。でも現代には神様はいないので、ロープシンもカリャーエフも主人公にはなれない。だから作者はこの主人公を創造したのかもしれないな、と思いました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
タイトルに魅かれて購入しました。
 語り手の視点が目まぐるしく転換する、とても複雑な構成になっていますが、最後まで飽かずに頁を繰らせる緻密な筆致で満たされています。
 とくに架空都市・海市の微に入り細に入る描写が非常によかったです。舞台となる北陸の新興都市は、北朝鮮系の十星会・中華系の梟雄幇・ロシア系のマフィアグループが三つ巴に縄張りを競い合う非合法地帯として描かれています。街角に佇む欧亜混血の娼婦、牡丹紅酒楼、老沙事件、『日本海NEWS』など、都市生活の断片に与えられた独特の名称には、SFのサイバーパンクを彷彿とさせるネーミングセンスの妙味を感じました。ウィリアム・ギブスンの CHIBA City,コミック『AKIRA』のネオトーキョー、映画『ニルヴァーナ』の印僑街、押井守が描く美しいアジア諸都市……。SFの要素はまったくありませんが、これら異文化混交の未来都市に列なる濃密な猥雑さを分かち合っていると思います。雪国のモノトーンを強調した緊張感ある風景描写にしびれました。
 断片的な証言から浮かび上がる陰謀の複雑さも圧巻です。濃密な読書時間を求めている方にはお勧めの一冊です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
マフィアと警察の攻防を軸に、過去の事件とそれに関わった人間たちの関係を解き明かしていく。新聞でも読んでいるかのようなドライな文体。前半非常に難解だが、後半は情報の断片が一気にまとまっていく快感がある。中華街の喧騒、怒号、ネオン、濡れた路地、それらの猥雑な空気感もまた魅力。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
文章の流れが複雑で、私の様に読み慣れてない人だと、何度か前のページを見直しながら進む必要があり、これくらいの分量の本にしては、異常に時間がかかりました。
内容は、最後まで興味をそそられ一気に読みおわりました。
飽きることなく読ませた点は評価できますが、わかりにくいところが
減点で、4点としました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー